レジン資格取得の通信教育講座

資料請求(無料)

受講お申し込み

レジン資格取得の通信教育講座

レジンアートを学んで自分の作品を販売しよう

自分で作ったアクセサリーや雑貨を販売してみたいと思ったことはありませんか?ハンドメイド作家としての活動に興味のあるあなたにおすすめしたいのが、幅広い世代に人気の「レジンアート」です。
特殊な道具を使って行うレジンアートは、ビーズやチャームを組み合わせるアクセサリーづくりとは違い、「難しい」「初心者にはできない」と思われることもあります。しかし、きちんと技術を学びさえすれば、今まで経験のなかった人でも、魅力的な作品を作り出すことができるのです。


レジンアートとは?

ここ数年のあいだに、ハンドメイド市場は大きな広がりを見せています。子育て中の主婦や学生、余暇に手づくりを楽しむ社会人など、多くの人がハンドメイド作品の製作を楽しみ、インターネットなどで販売しています。最近ではハンドメイド作品専門の販売サイトも複数オープンし、専用アプリも登場するなど、気軽に取引きできる場が整ってきています。

そんな中、注目を集めているのがレジンアートです。レジンアートとは、樹脂を使ってアクセサリーや小物を作るアートのこと。使用する樹脂の種類や組み合わせる素材によって、作品の印象が大きく異なるレジンアートは、個性的なデザインを追求したい人にも向いています。

大がかりな機材をそろえたり、特殊なスキルを苦労して身に付けたりする必要もなく、初心者でも挑戦しやすい手軽さが人気となり、レンジアートは多くのハンドメイド作家に愛される手法となっています。

レジンアートの基本

レジンアートで使う樹脂には、2つの液体を混ぜ合わせる「エポキシ樹脂」と、紫外線を利用して硬化させる「UVレジン(UV樹脂)」の2種類があります。最近では、初心者でも簡単に扱えるUVレジンがレジンアートの主流となっています。

UVレジンの基本材料は、UVレジン液とUVライトです。UVレジン液には、硬い仕上がりになるハードタイプと軟らかい仕上がりになるソフトタイプ、グミタイプなどの種類があり、作品の雰囲気や好みに合わせて選ぶことが可能です。また、細かい飾りを配置したり、レジン液の気泡をつぶしたりするために、ピンセットや爪楊枝があると便利です。これらの道具と、レジン液を流し込むための型や中に閉じこめる素材を組み合わせることで、オリジナルのレジンアートを作ることができます。

レジンアートは、基本的には素材を配置し、UVレジン液を型に流し込んで、UVライトをあてて硬化することで完成します。花びらや植物、金属パーツ、写真、イラストなど、好きな物を閉じ込めたアクセサリーを自由に作れるのがレジンの魅力です。

レジンアートを仕事にする

気軽に作れるレジンアートは、個人の趣味として楽しむのもおすすめですが、仕事として収入につなげることもできます。レジンを利用したアクセサリー作家やハンドメイド作家として、自分の作品を世に送り出してみてはいかがでしょうか。

レジンアートを販売する場は、インターネット上のハンドメイドマーケットのほか、フリーマーケットや手づくり品の販売に特化したイベントなど、さまざまです。最近では、SNSを利用して自分の作品をPRしたり、販売したりするハンドメイド作家も多数存在しています。さらに、雑貨店に専用のスペースを作ってもらったり、定期的に商品を卸したりするケースも少なくありません。こうしたレジンアートの販売価格は、中に閉じ込める素材やデザインの複雑さによって異なりますが、2,000~4,000円程度の物が多く見られます。

レジンアートでお金を稼ぐということは、自分の作品に対して「対価」というわかりやすい価値をつけてもらえることでもあります。また、SNSや購入者からの評価といった形で、作品の感想を聞くこともできるでしょう。自分の作品を愛し、使ってくれる人がいるというのは、大きな喜びとなるのではないでしょうか。

UVレジンは、初心者にも始めやすいレジンアートです。しかし、実際に作ってみると、形にすることはできても、気泡が入ってしまったり、作品のデザインを思い付かなかったりという問題が出てきます。

いきなり作ってみるのではなく、レジンの基礎からしっかりと知識を身に付け、段階を踏んだ上で資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。資格を持っていなければハンドメイド作家として活動できないということではありませんが、幅広くレジンの知識を身に付けることで、よりクオリティの高い作品を作ることが可能になるでしょう。

レジンアートに関する資格

レジンアートに関する資格には、次のようなものがあります。

・レジンアートデザイナー

レジンアートデザイナーは、日本デザインプランナー協会主催の資格です。自分のイメージしたデザインを形にできるスキルがあり、オリジナルのレジン作品が作れるレベルに達した方に対して資格が認定されます。

・レジンアクセサリークリエイター

レジンアクセサリークリエイターは、日本インストラクター技術協会主催の資格です。UVレジンの基礎を理解して、UVレジンを応用的に使えるスキルを持ち、自分のイメージどおりのアクセサリーを作ることのできる技能を持った方に対して、レジンアクセサリークリエイター資格が認定されます。

これらの資格は、SARA講座のレジンコースを受講し、試験に合格することで取得が可能です。

SARA講座のカリキュラム

レジンコースでは、UVレジンの基本的な使い方から、より難しい造形を可能にする応用知識までを幅広く学びます。レジン完成までの時間を短縮したり、よりクオリティの高い作品を作ったりするための道具についても学べるため、カリキュラムをこなすことで、確実にスキルを磨くことができます。知識を身に付けたあとは、レジンアートを実際に作成しながらテクニックを学び、問題集や課題をこなして資格取得を目指すことになります。

SARA講座では、1日30分という短時間の勉強でも、半年間で資格取得が目指せます。さらに、プラチナコースであれば、卒業課題提出で資格試験が免除され、卒業と同時に2つの資格を取得できます。実際にレジンを使用したアクセサリーを販売する場合、資格の有無を問われることはほぼありません。しかし、レジンアートの講師としてカルチャースクールで教えたり、自宅や公民館などでレジンスクールを開講したりする場合は、資格が役立ちます。将来的にレジンアートを仕事にするためにも資格を持つことは有効です。

2つの資格取得も目指せる!
プラチナコースなら試験も免除!

本講座は日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「レジンアートデザイナー」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「レジンアクセサリークリエイター」の2資格に対応しています。また、プラチナコースの場合、卒業課題を提出する事により資格試験が免除になり卒業と同時に2資格が認定されます。

image01

資料請求(無料) 受講お申し込み

卒業後はアクセサリークリエイターや
デザイナーとして活動できます!

image997

自分の作品を
販売して副業が可能!

卒業後、自分のレジン作品を販売して副業として活動する事ができます!ものづくりが好きな人にとっては趣味感覚で出来る副業なので人気があります。

image998

カルチャースクールや
自宅で講師活動♪

日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「レジンアクセサリークリエイター」の資格は講師資格です。資格を活かして各種カルチャースクールや自宅で講師として活動する事ができます。

初心者でもわかりやすい教材と丁寧な指導で
アナタもプロを目指せます!

SARA School JAPANで使用する教材はすべて完全オリジナル。初心者でもわかりやすい内容で学習しやすくなっています。学習中わからないことがあればプロの指導者による個別質問ができて安心です!

通信教育の大手ポータルサイトで
3冠を獲得しました。

SARA School JAPANの講座は「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」に選ばれました。女性専用の通信講座として、また初の注目度NO1のスクールです!

人気ランキング

資料請求(無料) 受講お申し込み

レジン資格取得

レジン 基本コース
レジン人気講座レジン資格を目指すコース!!
レジン資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料試験対策 59,800円
レジンプラチナコース
簡単資格取得レジン資格を楽に取得!!
レジン石鹸資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

レジン卒業試験(資格取得認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料資格保証 79,800円
レジン資料請求(無料)" レジン受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ