• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 占いの資格取得講座一覧 > アーユルヴェーダ資格取得講座 > アーユルヴェーダ式の白湯について

アーユルヴェーダに関するコラム

アーユルヴェーダ資格取得の通信教育講座

アーユルヴェーダ式の白湯って?作り方や飲み方は?

アーユルヴェーダ式の白湯って?作り方や飲み方は?

アーユルヴェーダ式の白湯を毎日の生活に取り入れれば、体調を整えるのに大きな効果を発揮します。白湯を普段から飲んでいる人もいるかも知れませんが、アーユルヴェーダ式の白湯は作り方が細かく定められています。せっかく白湯を飲むなら、効果の高いアーユルヴェーダ式で取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回は、アーユルヴェーダ式の白湯について説明します。作り方だけでなく、飲み方についても詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

アーユルヴェーダ式の白湯とは?

アーユルヴェーダ式の白湯とは、そもそもどのようなものなのでしょうか。アーユルヴェーダ式の白湯は、単に熱いお湯を冷まして作っただけのものではありません。アーユルヴェーダ式の独自の作り方があるので、作り際は作り方をきちんと押さえておく必要があるでしょう。アーユルヴェーダにおいては、健康維持のために「アグニ」を特に重視しています。アグニとは、簡単にいうと人の体の消化力のことです。なお、食べ物を消化して代謝させ、デトックスを進める力もアグニの意味にとして服荒れています。白湯を飲むとアグニにとって効果的に作用するため、体のバランスを整えやすくなります。

白湯の効果

アーユルヴェーダ式の白湯には、具体的にどのような効果があるのでしょうか。白湯にはとてもたくさんの効果があるといわれています。ここでは、アーユルヴェーダ式の白湯の効果について詳しく説明します。

内臓

アーユルヴェーダ式の白湯を飲むと、胃腸を温めることが可能です。そのため、内臓の働きがかなり活発になり、基礎代謝も向上させられます。その結果、脂肪を燃焼させたり、冷え性を改善させたりすることも可能です。毒素を排出するデトックス効果も期待できるので、美肌を目指したり便秘を改善したりすることもできるでしょう。免疫力を高めることにもつながるので、体を守りたい人にもおすすめです。

病気の予防

健康体な人であっても、白湯を飲めばさまざまな効果が得られます。健康な人でも、ときには体の不調を感じることはあるでしょう。その場合、タイミングが悪いと病気につながる可能性もあります。しかし、日頃からアーユルヴェーダ式の白湯を飲んでいれば、病気を予防する効果を期待できます。

症状の改善

アーユルヴェーダ式の白湯を飲めば、体が弱っているときや病気のときでも症状を改善するのに役立ちます。体のもともとの力を高めることができるので、早期回復を目指しやすいでしょう。

アーユルヴェーダ式白湯の正しい作り方

アーユルヴェーダ式の白湯は、どのように作るといいのでしょうか。アーユルヴェーダ式の白湯は、すでに触れたとおり単にお湯を沸かして冷ますだけで作ることはできません。ここでは、正しい作り方を説明するので、しっかりと適切な白湯を用意できるようにしましょう。

作り方

アーユルヴェーダ式の白湯を作るときは、鍋に水を入れたら蓋を閉め、強火で沸騰させます。沸騰したら蓋を開け、空気と触れさせながら中火から弱火くらいの強さでさらに沸騰を続けましょう。そして、最初に鍋に入れた水の量の半分くらいになれば、アーユルヴェーダ式の白湯の完成となります。少したまはかかりますが、必ず正しい手順を守って作ることが大切です。

温度

アーユルヴェーダ式の白湯を飲む際は、飲みやすい温度まで冷めところで飲みましょう。もしも量が多くて残ってしまったときは、保温ポットに入れて後から飲むことにしても構いません。冷ます温度に特に決まりはないため、季節や体調に合わせて美味しいと感じられる温度まで冷ましたら飲むといいでしょう。

注意点

アーユルヴェーダ式の白湯を作って飲むときは、注意点もあります。それは、冷めた白湯は再び沸騰させてはいけないということです。どうしても同じ白湯を飲みたいなら、冷めたまま飲んでしまいましょう。また、温かい状態の白湯を飲みたいなら、改めて作り直す必要があります。

アーユルヴェーダ式白湯の飲み方とタイミング

アーユルヴェーダ式の白湯を飲む場合、飲み方やタイミングにも気をつけたほうがいいでしょう。ここでは、ポイントを絞って紹介するので、アーユルヴェーダ式の白湯を飲む際の参考にしてください。

飲み方

アーユルヴェーダ式の白湯を飲むときは、時間をかけて少しずつ飲むといいです。すするようにして飲み、少しずつ体に取り込んでいきましょう。1日に飲む白湯の目安は、だいたいコップ5~6杯程度です。ただし、これは理想の杯数なので、無理をしてまでたくさん飲む必要はありません。最初は少しずつ慣れていき、少しずつ杯数を増やすようにしてもいいでしょう。

飲むタイミング

アーユルヴェーダ式の白湯は、いつ飲めばいいのか分からないという人も多いでしょう。とはいえ、アーユルヴェーダ式の白湯は基本的にいつでも好きなときに飲めばOKです。たとえば、朝起きた後やトイレに行った後に必ず飲む習慣をつけている人もいます。また、食事に合わせ、食前、食事中、食後など好きなタイミングで飲んでいる人も多いです。特に食べ過ぎたときは白湯を飲むといいので、状況に合わせて飲んでもいいでしょう。加えて、寝る前は2~3口程度を含むようにするといいです。寝る直前に水分を取りすぎるのはよくないので、少量にするようにしてください。

おすすめのアレンジ方法

アーユルヴェーダ式の白湯は、そのまま飲むだけでなくアレンジして飲むことも可能です。たとえば、味に飽きたときや体調がいつもと違うときは、それに合わせて食材を組み合わせるといいでしょう。なかには、はちみつとレモンを入れたり、ショウガが加えたりして白湯を飲んでいる人もいます。また、スパイスティーやハーブティーとして白湯を取り入れるのも効果的です。その人の体の状態によっても適しているアレンジ方法は異なるので、食材の特徴を捉えながらレシピを考えてみることをおすすめします。

アーユルヴェーダ式の白湯を生活に取り入れよう

アーユルヴェーダ式の白湯を生活に取り入れよう

アーユルヴェーダ式の白湯を飲む習慣を身につけると、さまざまな効果を得ることが可能になります。普段忙しくてなかなか体をいたわる機会がないという人でも、アーユルヴェーダ式の白湯なら無理なく取り入れやすいです。白湯は基本的に自分の好きなタイミングで飲めばいいところも、取り入れやすい理由のひとつです。作り方にはルールがありますが、一度慣れてしまえばスムーズに作ることができるでしょう。容器を工夫すれば保温しておくこともできるので、まとめて1日分を作れば手間は少ないです。

アーユルヴェーダ式の白湯はアレンジして楽しむこともできます。白湯が苦手な人や白湯に慣れていない人でも、味をつけてアレンジすれば抵抗なく飲みやすいでしょう。いろいろなアレンジができるので、自分の好みに合わせたものを入れてみてください。もちろん、アーユルヴェーダの考え方を意識してアレンジすることも重要です。今回紹介したように、ショウガを入れたりスパイスティーにしたりするアレンジは、アーユルヴェーダの考え方に基づいたものです。工夫次第でいろいろなアレンジができるので、おいしいアレンジをぜひ考えてみてくださいね。アーユルヴェーダ式の白湯を今日から生活に取り入れ、健康的な毎日を過ごしていきましょう。

アーユルヴェーダを学ぶなら

アーユルヴェーダ通信講座

SARA のアーユルヴェーダ資格講座は 2 種類のアーユルヴェーダ資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


アーユルヴェーダに関する記事一覧

アーユルヴェーダについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
アーユルヴェーダ 基本コース
資格を目指すコース!!
アーユルヴェーダ
人気講座
アーユルヴェーダ基本コース教材

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

アーユルヴェーダ プラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
アーユルヴェーダ プラチナコース教材
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

アーユルヴェーダ 資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

アーユルヴェーダ資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座