空間デザイナーになるには?資格や素質はどんなものが必要? | SARAスクール
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > デザイン・デザイナーの資格取得講座一覧 > 空間プロデュース資格取得講座 > 空間デザイナーになるには?資格や素質はどんなものが必要?

空間デザイナーになるには?資格や素質はどんなものが必要?

空間デザイナーになれば、素敵な環境についての提案をおこなうことができます。お客様が求めるものを具現化することにより、感謝されることもあるでしょう。自分のセンスや知識を活かせるので、やりがいもとても大きな仕事だといえます。

そのような空間デザイナーの仕事に就くには、どのような資格や素質が必要なのでしょうか。今回は、空間デザイナーになるために必要なことについて詳しく解説します。空間デザイナーになりたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

空間デザイナーになるには?資格や素質はどんなものが必要?

空間デザイナーになるには?

空間デザイナーになるには、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。空間デザイナーになるための方法は意外とシンプルです。ここでは、空間デザイナーになるために必要なことについて、基本的なことを説明していきます。

資格は必要ない

空間デザイナーになるためには、資格は必要ありません。きちんとしたスキルや知識が身についているのであれば、資格がなくても空間デザイナーとして働くことが可能です。ただし、資格がない状態でスキルや知識を示すには、それなりに高い実績が必要となります。単に「私は空間デザインについてスキルや知識があります」といわれても、それを立証する何かがなければ説得力はあまりありません。そのため、そういった実績がないのであれば、資格があったほうがスキルや知識はアピールしやすいと言えるでしょう。

関連資格を取るとよりよい

空間デザイナーとして働くためには、空間デザインに関連する資格を取得しているとよりよいです。空間デザインはさまざまなこととつながっているため、いろいろな知識があるに越したことはないでしょう。また、そういった関連知識を学ぶことにより、基本的な知識や技術も深めることができます。特にこれといった経験がないうちは、空間デザインに関連する資格があったほうが就職にも有利になる可能性が高いです。就職先が求める人物像も意識しつつ、関連する資格を取得するようにしましょう。

経験を積むことが大切

空間デザイナーとして最も重要なことは、経験を着実に積んでいくことです。経験を積むことにより、実際のスキルや知識を向上させていくことができます。そのなかでは、アピールになる実績を積んでいくこともできるでしょう。そのためには、まずは勤務先で経験を積みながらスキルアップを目指すことが重要です。自分がなりたい姿を想像し、それを実現できるような勤務先を選ぶことが大切だといえます。

将来的に独立も可能

空間デザイナーの場合、将来的には独立して働くことも可能です。そのためには、空間デザインの実績を作ることが条件となります。実績があれば空間デザインの能力の証明となるため、独立してもコンスタントに仕事が舞い込んでくる可能性がアップします。

空間デザイナーとして活動するには?

空間デザイナーの場合、く、空間デザイナーという職業を名乗っている人はそれほど多くはありません。多くの場合、建築やデザインに関わる仕事の一環として空間デザインをおこなっている人が多いです。そのため、空間デザイナーとして活動するための就職先としては、さまざまなところがあります。ここでは、空間デザイナーとして活動できる働き方の種類について説明します。

いろいろな勤務先がある

空間デザイナーとして働くための勤務先には、いくつも種類があります。大切なのは自分の希望を実現できる勤務先を選ぶことです。どのような空間デザイナーになりたいのかを意識しながら、自分に合った勤務先を選ぶようにしましょう。ここでは、空間デザイナーが勤務できる具体的な職場について紹介します。

建築会社

空間デザイナーが働く場所としては、建築会社があります。建築会社はさまざまな建物の建築をおこないますが、そのなかでは空間デザインも重要な要素となります。

住宅メーカー

空間デザイナーは、住宅メーカーでも重要な仕事を任されます。住環境に適した空間デザインを提案することにより、お客様にとって快適な家を提供するのです。

設計事務所・内装設計事務所

空間デザイナーは設計事務所や内装設計事務所で活躍することも可能です。空間の使い方を提案することで、よりよい建物や内装の設計を提案することにつなげられます。設計に関する資格をもっていれば、設計と一緒に空間デザインまで担当することができるでしょう。

デザイン事務所

デザイン事務所においても、空間デザインの依頼を受けることがあります。デザイン事務所は多様な案件を取り扱っているため、さまざまな仕事に携わることができる可能性が高いです。特にセンスが認められれば、大型の案件において指名されるケースもあるでしょう。そのためには、日ごろからセンスや知識をしっかりと積み上げて準備していくことが大切です。

フリーランス

空間デザイナーは勤務して働くだけでなく、フリーランスとして仕事に取り組むことも可能です。フリーランスになるには、それなりに実績もあることが前提となります。勤務先である程度たくさんの実績を積んだら、思い切ってフリーランスになるというのもひとつの方法です。知名度が高ければ、フリーランスになってもそれなりにたくさんの仕事が舞い込んでくる可能性があります。

空間デザイナーに必要な資質

空間デザイナーになる場合、どのような資質が求められるのでしょうか。空間デザイナーは、単にデザインのセンスがあればよい仕事ではありません。仕事して空間デザインをするためには、さまざまなセンスや能力が求められます。ここでは、空間デザイナーになるために必要な資質について解説します。

空間センス・色彩センス

空間デザイナーになるためには、空間センスや色彩センスが大切です。空間デザインにおいて、これらは重要な要素といえます。これらは、もともとの素質だけでなく、勉強で身につけることも重要です。そういった意味では、熱心に勉強に取り組めるかどうかが大切なポイントだと言えるでしょう。

コミュニケーション能力

空間デザイナーを目指す場合、コミュニケーション能力も必須です。なぜなら、空間デザイナーはさまざまな立場の人とやり取りをおこなっていく必要があるからです。誰とでもうまくコミュニケーションがとれる人でなければ、仕事でつまずく可能性もあるでしょう。

体力

空間デザイナーには、体力も必要です。これは意外に思う人も多いかもしれません。しかし、空間デザイナーは重いものを運んだり、徹夜で作業したりするケースもあるのです。そのため、そういった場面にいつでも対応できる程度の体力を身につけておくことが求められます。

空間デザイナーになるにはしっかりと知識を身につけよう

空間デザイナーになるにはしっかりと知識を身につけよう

空間デザイナーになるには、さまざまな素質が求められます。また、空間デザインに関する深い知識を身につけることも大切です。空間デザイナーとして活躍するためには、基本を身につけるところから始めましょう。そのためには、本や通信講座を活用するのもおすすめです。そのうえで、空間デザイナーに求められることをしっかり意識していけば、空間デザイナーとして活躍しやすくなること間違いなしです。ひとつひとつ必要なことをしっかりと積み上げながら、空間デザイナーとして活躍する道を切り開いていくことが大切だといえます。

デザイン・デザイナーの講座