カラーセラピー講座カリキュラム

カラーセラピー 基本コース / プラチナコース

学習カリキュラム

シーンに合わせた色選びを。ビジネスにも役立つカラーセラピーの資格

カラーセラピーとは、日本語で言い換えると「色彩療法」です。カラーセラピーを学ぶことで、私たちの周りにあふれる「色」の持つ心理的効果を利用し、心身のバランスを整えたり、モチベーションを高めたりすることが可能となります。カラーセラピーは、プライベートだけでなく、ビジネスにも応用することができるでしょう。
SARAのカラーセラピー講座では、1日30分・半年間の学習で、カラーセラピーの資格取得を無理なく目指すことができます。ここでは、カラーセラピー講座のカリキュラムの内容を、詳しくご紹介しましょう。

カラーセラピー講座6ヵ月間のカリキュラム

1~2ヵ月目
初級編

初級編では、色の性質や、色の持つ心理的効果に関する基礎知識を学んでいきます。また、色の分類や属性、明度、彩度といった知識についてもここで学習します。

初級編1

・色の性質
・色彩心理

初級編2

・色の分類と三属性
・色相環
・色による遠近効果

初級編では「私たちの生活において色がどのような役割を果たしているか」「それぞれの色はどんなイメージを連想させ、どんな心理的効果をもたらすか」といったことについて学びます。色に関する理解を深めることで、カラーセラピストとしての基礎知識を身に付けていきましょう。

3~4ヵ月目
中級編

中級編では、色彩調和論や配色の特徴について学びます。カラーコーディネーションの意義や商業行為における色の活用、コーディネーターの実務についても学習し、カラーセラピストの役割に関する理解をより深めましょう。

中級編1

・色彩調和論
・配色の方法
・明度や彩度と関係する配色イメージ

中級編2

・ビジュアルデザインと色彩
・カラーコーディネーションとは
・カラーコーディネーターの実務

カラーコーディネーターは、「理論」と「感性」の両方の視点から、物や空間を彩る色について考える職業です。中級編では、カラーコーディネーションを行う際に考慮すべきポイントや、実際に色の演出を行うまでの流れを学び、色彩の効果的な活用方法を習得していきます。

5~6ヵ月目
上級編

上級編では、色彩の歴史的発展や文化の違いによる色彩のとらえられ方、光と色の関係について学びます。

上級編1

・色彩の歴史的展開
・デザイン、様式別の色彩
・民族別の色彩
・動植物の持つ色彩

上級編2

・色の見え方とは
・色の見え方の変化
・光源、照明による色の演出

色彩が歴史的にどのような発展を遂げたのかについて、デザインや文化様式別に学んでいきます。また、色の見え方の変化とその要因に関して学習することで、色の演出方法について理解を深めます。

カラーセラピーと生理現象について、人の体の中でも、心臓の動きや体温などは、自律神経により調整されています。自律神経失調症とは、ストレスなどにより、自律神経の機能が低下する症状です。自律神経は、意識して操作できるものではありません。心臓の動きや体温などは、自分の意思で調整することはできないからです。この自律神経は、色により影響を受けます。自律神経には、活動する神経の「交感神経」と「副交感神経」があります。色は、暖色系の色と寒色系の色に分けることができます。暖色系の色は、交感神経を活発にさせます。寒色系の色は副交感神経を活発にさせます。カラーセラピーで選んだ色から心が「動」的な状態を欲しているのか、「静」的な状態を欲しているのか分かります。
カラーセラピーとは、無意識に選んだ色であっても、自分の状態を表す色となります。
心は、自分に必要な色を知っているということです。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ