講座で学ぶ知識~クラフト製作でよく使用する糸の種類~

ハンドメイド 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

クラフト製作でよく使用する糸の種類

ウール糸

ウール糸とは羊の毛を紡いでつくった毛糸のことで、毛糸の中でも最もポピュラーで寒い季節の編み物素材として欠かせない糸の一つです。

【長 所】
保温性、耐久性が高い/燃えにくい/メリノウールは肌触りが柔らかい/入手しやすい
【短 所】
洗濯で縮みやすい/毛玉になりやすい/虫の被害を受けやすい
【基本的なお手入れ】
おしゃれ着用洗剤を使用し浸け置き洗い、もしくはおしゃれ着用コースに設定して洗濯機で洗う

モヘア糸

モヘア糸とはアンゴラヤギの毛を紡いでつくった毛糸のことで、毛足が長いため糸はふんわりとしたやわらかな風合いが特徴的です。

【長 所】
吸湿性、保温性が高いため、/冬は暖かく夏は涼しい/光沢感がある/肌触りが柔らかい
【短 所】
毛が抜けやすい/静電気を帯びやすい/絡まりやすい
【基本的なお手入れ】
おしゃれ着用洗剤を使用し浸け置き洗い、もしくはおしゃれ着用コースに設定して洗濯機で洗う/◎繊維が長いため、モヘア糸で作ったものは日頃からブラッシングして毛並みを揃えておく

アンゴラ糸

アンゴラ糸とはアンゴラウサギの毛を紡いでつくった毛糸のことで、モヘア以上にふわふわした毛の風合いが魅力的な糸です。

【長 所】
保温性が高い/光沢感がある/見た目の風合いも肌触りも柔らかい/軽い
【短 所】
洗濯で縮みやすい/毛玉になりやすい/非常に毛が抜けやすい
【基本的なお手入れ】
失敗するとフェルト化しやすいため、家庭での洗濯は控えてクリーニングへ出す方法が最適

アルパカ糸

アルパカ糸とはアルパカの毛を紡いでつくった毛糸のことで、毛糸と言えば「毛玉ができる」という印象が強い中、アルパカ糸は毛玉ができにくいという大きな特徴があります。

【長 所】
保温性が高い/肌触りが柔らかく、軽い/シワになりにくい/天然の毛色が豊富
【短 所】
毛が抜けると目立ちやすい/虫の被害を受けやすい
【基本的なお手入れ】
おしゃれ着用洗剤を使用し押し洗い、もしくはおしゃれ着用コースに設定して洗濯機で洗う/ハンガーにかけずに、タオルを敷いた上に平らにして干す/毛並みを揃える際は、手で撫でるように整える。ブラシは毛が一気に抜けてしまうため禁物

アクリル糸

アクリル糸とはアクリロニトリル(石油)を主原料にした繊維でつくった毛糸のことで、ウール糸に似ており、カシミアのような風合いを表すことも可能な合成繊維です。

【長 所】
染色性( 染まりやすさ)、保温性が高い/虫の被害を受けにくい/日光による変色が起こりにくい
【短 所】
静電気を帯びやすい/毛玉になりやすい/アクリル糸は製造工程によって肌触りは大きく異なるため、ウールのように優しいものもあればゴワつくものもある
【基本的なお手入れ】
洗濯機洗浄で問題ないが干し方が重要。タオルで水を吸ってハンガー干し、もしくは平干し

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

おもしろ手芸アート、・ポケットティッシュケース初心者にオススメの手芸クラフトです。フェルト生地があれば簡単に出来ます。好きなキャラクターをつけると更にオリジナルになり、子供に持たせても自分が持っていてもかわいいです。・鞄普段持っている鞄の他に買い物した後など、違う鞄を持つことがあると思います。そんな時に手作りの鞄はどうでしょうか。・動物の置物折り紙で同じ形の物を作りそれを組み合わせていくことで動物の形にするのも簡単に出来ます。・かご手芸クラフト用ヒモを使って編み込んでいくことでかごを作ることが出来ます。手芸クラフトのヒモを使うと、かごだけではなくティッシュケースや買い物かご、丈夫な物だとお盆も作ることが出来ます。・ぬいぐるみ基本的に布と綿があれば出来ます。型紙に沿って布を切れば、あとは縫っていったり綿を詰めるだけです。これなら簡単に出来ると思います。
出来たあと、飾るのもいいです。・ブレスレットミサンガやビーズブレスレットなどが作れます。ミサンガであれば専用の糸を編み込むだけです。ビーズであればで、好きなビーズを合わせることが出来ます。このように好きなブレスレットを作ることも出来ます。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ