美味しく食べてキレイになりたい!!美容効果もある火鍋レシピって?!

美味しく食べてキレイになりたい!!美容効果もある火鍋レシピって?!

毎日の食事だからこそ、美味しく食べてキレイになりたいという方も多いはずですよね。
私たちの体は、食事からできているといっても過言ではないほど、口にする食べ物って本当に大切です。
何かを抜くダイエットもいいけれど、せっかくなら美味しいお料理を食べてダイエットをしたほうが、楽しく続けられそうではありませんか?
そこでおすすめしたいのが、「火鍋料理」です。火鍋料理は、体を温めてくれ、野菜や栄養素をたくさん一気に取れて、デトックスや美容効果もあるのでダイエットにも最適なんですよ。
また、調理方法も簡単なので、一人暮らしや主婦の方にも強い味方ですね。
そこで今回は、美味しく食べてキレイになりたい美容効果もある火鍋レシピについて、ご紹介します。
毎日食べても飽きない、美味しい火鍋レシピをマスターして、一緒に美容ダイエットを始めましょう。

薬膳火鍋料理って何?!美容効果もあるって本当なの?!

お椀に入った味噌汁から豆腐を箸ですくい今食べようとしている女性
薬膳火鍋料理とは、中国のポピュラーなお鍋料理のことです。
アジアを中心に人気の薬膳火鍋料理は、今、日本でも人気のメニューですね。
陰と陽を表したお鍋は、2種類に分けられていて、赤と白の2種類のお鍋で出てくることが一般的です。こちらの赤いスープを「ホンタン」、白いスープを「パイタン」と言います。
この薬膳火鍋料理は、野菜を中心とした食材をバランスよく組み合わせており、冷えや自律神経を整える効果や、美肌効果、アンチエイジングなどの美容効果も高く、今、女性の間でも話題のメニューですね。
どうして美容効果・健康にも効果的かと言うと、生薬や発酵品、海鮮、お肉などと、体によい食材をたくさん使用しているからなんですよ。
お鍋料理ですと野菜もたくさん食べられるし、味を変化させれば飽きずに続けられるので、普段の食事習慣に取り入れるのもおすすめです。
季節に関係なく、週2回は火鍋料理を取り入れているという人もいますよ。
事前に材料を切り調味料を入れるだけなので、簡単にできますし、火鍋料理を継続して食べるようになってから、肌トラブルが減り、冷え性の改善にも効果がありました。
これからご紹介するレシピをみて、みなさんも好きな具材を加えて、楽しみながらはじめてみてください。

アンチエイジングならこれ!パンタンの薬膳鍋で体を温めよう!

クコの実
最初にご紹介する火鍋レシピは、パンタン(白湯)の体を温める薬膳鍋です。
生姜とクコの実を使用することで、体を芯から温め、老化現象を防ぐ役割にも効果的です。
薬膳鍋を代表する食材である「クコの実」は、アメリカではゴジベリーと呼ばれていて、スーパーフードのダイエット食品としても大人気の食材なんですよ。
「クコの実」は、目と肝臓と腎臓に働きかける効果があり、自律神経を整える効果や更年期対策の予防、アンチエイジングにも効き目があります。
パンタンの薬膳鍋なら、気軽にクコの実をいっぱい食べることもできるので、おすすめです。
また、生姜は冷え改善だけでなく、ニキビやシミ、むくみなどにも効果的とされているので、女性は積極的にとったほうがいい食材ですよ。
今回パンタンで使用する野菜も、それぞれ美容効果があるものばかりなので、ご紹介していきますね。
長ネギ
まず、小ネギです。ニオイが気になるといって敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、ねぎって、免疫力向上や肌荒れ、頭痛、咳、鼻炎にも効果的とされ、まさに万能薬なんですよ。
また、ストレス軽減される効果もあるため、毎日でも召し上がってほしい食材なのです。
今回ご紹介するレシピでは、どちらもネギを使用していくので、ご家庭に常備しておくのもいいですね。
【材料】

  • しょうがチューブ ・・・60g
  • 鶏肉       ・・・80g
  • 塩        ・・・適量
  • ガラスープの素  ・・・大さじ3
  • 料理酒      ・・・大さじ3.5
  • クコの実     ・・・15g
  • 松の実      ・・・15g
  • にんにくチューブ ・・・25g
  • きくらげ     ・・・10g
  • 水        ・・・1.5ℓ
  • しいたけ      ・・・5枚
  • 人参        ・・・1/2本
  • ごぼう       ・・・1/4本
  • 小ネギ       ・・・80g
  • キャベツ(白菜でも可)・・・200g
  • 豆腐        ・・・1/2丁

鶏肉の両面に、塩としょうがチューブをよく揉み込み、10分おいておきます。
白菜はザク切り、人参・キクラゲ・しいたけ・ごぼうは千切り、豆腐はサイコロ切り、小ネギは小口切りにします。
鍋にごま油を入れ、温まったら、鶏肉を入れる。両面に焼き色をつけます。
油をサッと拭き取り、水1.5リットルを入れます。
水が沸騰したら、豆腐を除く、野菜・しょうが・にんにく・クコの実・松の実、調味料と、全てを入れます。
野菜全体に火が通ったら、アクを取り、豆腐をそっと入れます。
豆腐にも汁が馴染んだら完成です。

本格激辛!!四川火鍋は辛いけどおいしい!美肌やダイエットにもぴったり!

食卓に置かれたきのこや枝豆などの野菜、そしてその真ん中にコンロに火をつけた鍋が置かれている
続いてご紹介するのは、赤いスープの「ホンタン」を使用した、本格的な四川火鍋のレシピです。こちらのレシピでも、「竜眼」と呼ばれる薬膳火鍋料理には欠かせない食材を使っていきましょう。
「竜眼」とは、ライチに似たフルーツのことで、血液を補う効果があると言われています。
貧血や血行不良、クマができやすくてお悩みの方や虚弱体質の女性の方に、ぴったりの食材です。疲れが蓄積されている方にも、疲労回復効果があるのでいいですよ。
皮のまま薬膳火鍋に入れて、そのまま皮も果肉も食すると、より効果が得られるので、値ピング感覚で是非召し上がって下さい。
また、火鍋レシピで調理する調味料の存在も欠かせません。
ごま油は、更年期障害や生理を緩和したり血行促進する役割もあるので、油を使用する際は、風味もよくておすすめのアイテムなんですよ。
今回は使用していませんが、食べる健康油とも言われている「えごま油」もおすすめです。
また、お味噌や豆腐などの発酵食品は、美肌効果とアンチエイジングに最適ですので、毎日の習慣にこちらも取り入れてみて下さいね。
【材料】

  • ごま油 ・・・大さじ3
  • 豆板醤 ・・・大さじ2
  • ホワジャオ・・・大さじ1
  • にんにくチューブ ・・・30g
  • しょうがチューブ ・・・15g
  • 水 ・・・1ℓ
  • ★ガラスープの素 ・・・大さじ2
  • ★味噌 ・・・大さじ1
  • ★ウスターソース ・・・大さじ1
  • ★小ネギ ・・・1/2本
  • ★竜眼  ・・・4個
  • ★クコの実 ・・・4個
  • ★シナモンパウダー ・・・適量
  • ★料理酒 ・・・大さじ3
  • ★鷹の爪 ・・・4本
  • ☆白菜(キャベツでも可) ・・・150g
  • ☆豆苗 ・・・1/2袋
  • ☆大根 ・・・1/4本
  • ☆にんじん ・・・1/2本
  • ☆ごぼう ・・・1/4本
  • ☆しいたけ ・・・5枚
  • ☆えのき  ・・・1/2袋
  • 豆腐 ・・・1/2丁
  • ☆豚肉の薄切り ・・・200g
  • ☆帆立やシーフード ・・・100g
  • 切り餅スライス ・・・2枚

フライパンに、ごま油とにんにくを入れ、火にかける。にんにくはコールドスタートしたほうが、香りがよいので、冷たいフライパンの状態から入れるのがコツ。
フライパンが温まったら、豆板醤・ホワジャオ・しょうがチューブを入れ、さっと火を通す。
全体に軽く火が通ったら、鍋に移し替える。水1ℓと★の調味料を加える。
沸騰してきたら、☆の食材を入れる。
全体に火が通ったら、豆腐と切り餅のスライスを入れ、再沸騰したらとめ、完成。
途中で、チーズなどを入れて、味を変化させてもいいですよ。

まとめ

美味しく食べてキレイになりたい方におすすめの火鍋レシピをご紹介しました。
火鍋というと特別辛そうなイメージもあるかと思いますが、身体の芯からポカポカさせてくれて代謝をあげてくれるという点で、美容効果も期待できるということなんです。
火鍋は材料さえ揃えてしまえば簡単に作ることができるお料理です。美味しく食べて、心もほっとできる火鍋レシピは、女性たちの力強い味方ですね。
是非みなさんも今夜は火鍋料理を作って、プルプル肌を手にして下さい。

関連記事

人気の記事

  1. 働いているママ必見!時短キッチン用品で手抜きにならない料理が可能に

    働いているママ必見!時短キッチン用品で手抜きにならない料理が可能に

    働いているママは、毎日とにかく忙しいですよね。 仕事や家事、育児にと時間に追われる毎日です。とりわ…
  2. 料理初心者でも簡単!抹茶を使った絶品スイーツのレシピ一挙ご紹介!

    料理初心者でも簡単!抹茶を使った絶品スイーツのレシピ一挙ご紹介!

    ほろ苦さと甘さが絶妙なハーモニーを引き出してくれる抹茶は、一年を通して大人気のスイーツですよね。 …
  3. お子さんに勉強しなさいと言わなくても良くなるマル秘テク

    学生のお子さんをお持ちのお母さんは、もしかしたら1度は言ったことがあるのではないでしょうか。 「ゲー…
ページ上部へ戻る