講座で学ぶ知識~「室内飼い」と「室外飼い」~

猫の育て方 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

「室内飼い」と「室外飼い」

猫を飼う為には、飼う為の環境作りを考慮しなくてはなりません。「室内飼い・室外飼い」「多頭飼い」「入室許可な部屋」等、飼う上での決まり事を設け、それを猫に教える必要があります。現在の日本では、「交通量の増加」「近隣への糞尿被害」「動物虐待の危険性」等、猫を室外で飼うにあたる環境が不十分となっています。その為、猫を飼うならば、完全室内飼いとして飼う事が望ましいです。猫の行動範囲は、野良猫で半径約500m、迷子猫では半径約100~200mとされています。その為、部屋の中で放し飼いにしている分には、運動量においても大きな問題はありません。室内で猫を飼う場合、猫が怪我をしそうな箇所は排除します。一方、屋外で猫を飼う場合、猫同士、喧嘩をしたり、車に接触したり、と危険が沢山あります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ