幼児食資格取得の通信教育講座

資料請求(無料)

受講お申し込み

幼児食資格取得の通信教育講座

幼児食を学んで子供の健康を
サポートしよう

幼いときに何を食べるかは、その後の成長や食の好みにも関わってくるといわれています。何をどのくらい食べさせるべきか、どんなことに気を付けるべきかなど、成長スピードの速い幼児期の食事について知ることで、子供の健康をサポートしていきましょう。

乳幼児を取り巻く食環境

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんのおっぱいや粉ミルクなどを飲んで成長します。生後半年前後から離乳食が始まり、1歳頃から幼児食へと移行します。つまり、離乳食は、幼児食に移行するまえのステップアップの段階といえるでしょう。

幼児食とは、1~6歳の幼児期の子供が食べる食事のことです。生まれたばかりの子供は、「物を噛んで食べる」という行為をしたことがありませんし、味覚も発達していません。幼児食の時期に「物を噛む」ことを教え、さまざまな味や食感の食べ物に接する経験を積ませてあげることが大切です。また、この時期は脳が発達し、体質が決まる時期でもあります。必要な栄養を十分に与えることが、子供の健全な成長のために役立ちます。

なお、「乳幼児の食物アレルギー対策に関する実態調査」(2015年2月、中部管区行政評価局調べ)によると、乳児の食物アレルギーの有病率は約5~10%、幼児で約5%となっています。アレルギーが原因の子供の事故は、メディアで報じられることも多く、今後ますます気を付けていく必要があると考えられています。こうしたアレルギーの問題にも対応し、必要な栄養を十分に与えるためには、幼児食に関する正しい知識を身に付ける必要があります。

幼児食の基本

一口に幼児食と言っても、1歳の子供と6歳の子供では、食べる量にも、与えるべき食事内容にも違いがあります。同じ年齢であっても、成長のスピードによって適した食事は変わるでしょう。さらに、アレルギーを持っている子とそうでない子では、献立内容が大きく異なります。

このように、幼児食は「必ずこれを与える」というのではなく、子供の成長や体質に合わせながら、大人の食事をアレンジする形で与えることが大切です。

離乳食は、大人の食事に比べて非常に薄味です。そのため、幼児食も、始めたばかりのときは、かなり薄味で作る必要があります。また、幼い子供は噛むことに慣れていない上に、噛む力も弱いため、最初は軟らかい食材を使用したり、軟らかく煮たりするなど、工夫するようにしましょう。幼児食を作るときは、離乳食に近い物から、少しずつ味付けや調理法を変えていく必要があるのです。

幼児食の時期は、子供の体の成長に合わせて、食事量も変化していきます。そもそも、離乳食から幼児食になる段階で、食事量はかなり多くなります。さらに、年齢を重ねて成長していくにしたがって食事量は増加し、幼稚園に入学する3~5歳頃になると、大人の半分ほどの食事を食べるようになります。

この時期の子供は、1日1,200~1,400kcal程度が必要といわれています。もちろん、子供の体格や成長度合いによっても食べる量や内容は変わりますが、目安として食事の一例を見てみましょう。

<朝食>
おにぎり、豚汁、卵焼き

<昼食>
ホットケーキ、豆乳バナナスムージー

<夕食>
ツナとトマトのパスタ、温野菜

<間食>
10時にフルーツヨーグルト、15時にチーズパン

食事の量は、大人の半分より少し多いくらいを目安にします。また、この時期の子供は、3度の食事だけでは必要な栄養をとりきれない傾向があります。朝と昼のあいだと、昼と夜のあいだの1日2回、間食をさせるようにしましょう。

幼児食に関する仕事

幼児食の知識は、子供の健康な成長のためにも必要です。自分の子供のために活かすだけでなく、仕事として多くの人にノウハウを伝えてみてはいかがでしょうか。

幼児食の知識を身に付けて資格を取得したあとは、カルチャースクールなどで幼児食の講座を開き、講師として活躍することができます。また、幼児食専門の料理教室を開いて、実際に幼児食を作るアドバイスをするのもいいでしょう。幼稚園や保育園に勤める場合も、幼児食の知識は役立ちます。
アレルギーを抱える幼児が増えたり、食育への関心が高まったりするにしたがって、幼児食のプロに対する需要も増していくと考えられます。幼児食を学ぶことは、自分の子育てだけでなく、これからの子育て世代をサポートする上でも意義のあることではないでしょうか。

本やインターネットなどには、幼児食に関する記事があふれています。しかし、こうした中から信頼できる情報を取捨選択し、過不足なく情報を得るのは非常に難しいことです。そこでおすすめなのが、幼児食に関する資格取得を目指すことです。資格を取得する過程で、幅広い知識を学ぶことができ、自然と幼児食のプロとして必要な知識を身に付けられるのです。さらに、資格を取ることで、仕事にもつながりやすくなります。

幼児食に関する資格

幼児食に関する資格には、次のようなものがあります。

・幼児食マイスター

幼児食マイスターは、日本安全食料料理協会主催の資格です。子供の成長に合わせた献立に関する知識や、幼児食に向く食材、避けるべき食材などの知識がある人に対して認定証が与えられます。アレルギー反応の一種であるアナフィラキシーショックに対する知識や、食に関する子供のしつけなどについても知識が必要です。

・ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、日本インストラクター協会主催の資格です。旬の食材を使ったメニューや、イベントごとの献立の知識を持っていて、幼児食に向いた食材や、必要な栄養素・量を理解している人に対して認定証が与えられます。資格の勉強をする中で、「お正月やクリスマスなどに最適な献立を考える」など、実生活ですぐに役立てられる知識を得ることができるでしょう。

これらの資格は、SARA講座を受講し、試験に合格することで取得できます。

SARA講座のカリキュラム

SARA講座では、2つの資格取得のために必要な幼児食に関する幅広い知識が学べます。幼児食の基礎はもちろん、幼児食に向く食材と向かない食材、幼児の栄養、食品添加物の問題、実際のレシピなど、総合的な知識を得られる内容となっています。

これまで、栄養学などを学んだことのない初心者にもわかりやすく作られたオリジナルテキストで、1日30分勉強すれば、半年で資格を取得することができます。問題集や課題添削など、資格試験のためのサポート体制も整っており、無理なく資格が取れるため、スキルを仕事に活かしたい人にもおすすめです。

幼児食に関する2資格取得ができます!
プラチナコースなら試験も免除♪

本講座は日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「幼児食マイスター」、日本インストラクター協会(JIA)主催の「ベビーフードインストラクター」の2資格に対応しています。また、プラチナコースの場合、卒業課題を提出する事により資格試験が免除になり卒業と同時に2資格が認定されます。

image01

資料請求(無料) 受講お申し込み

卒業後は資格を活かして
様々な活動が可能に♪

image997

資格を活かして
講師活動♪

取得した資格を活かして自宅やカルチャースクールで講師活動、また幼児食の料理教室を開催するなどの活動が出来ます♪

image998

今後もますます
注目される「幼児食」の資格。

ここ最近、飲食業界でも注目されている「幼児食」に関する資格。今後もますます需要の伸びてくる資格なので上を目指すアナタにおすすめの資格です。

初心者でもわかりやすい教材と丁寧な指導で
アナタもプロを目指せます!

SARA School JAPANで使用する教材はすべて完全オリジナル。初心者でもわかりやすい内容で学習しやすくなっています。学習中わからないことがあればプロの指導者による個別質問ができて安心です!

通信教育の大手ポータルサイトで
3冠を獲得しました。

SARA School JAPANの講座は「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」に選ばれました。女性専用の通信講座として、また初の注目度NO1のスクールです!

人気ランキング

資料請求(無料) 受講お申し込み

幼児食資格取得

幼児食基本コース
幼児食人気講座食育資格を目指すコース!!
幼児食資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料試験対策 59,800円
幼児食プラチナコース
簡単資格取得幼児食資格を楽に取得!!
食育 資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

幼児食 卒業試験(資格取得認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料資格保証 79,800円
幼児食資料請求(無料)" 幼児食受講お申し込み

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ