フラワーアレンジの資格を取って自分を表現できる趣味を手に入れよう!

自分らしさを表現できる趣味を持っている人は、毎日をいきいき過ごしていて魅力的ですよね。そんな「自分の感覚を表現できる趣味」として人気なのがフラワーアレンジです。
ここでは、フラワーアレンジを趣味にするメリットや、副業へのつなげ方についてご紹介しましょう。

フラワーアレンジってどんなもの?

フラワーアレンジとは、さまざまな花をバランス良く組み合わせ、配置・配列・編成することです。生花をそのまま使って花束やブーケを作ったり、花器に生けたりした物だけでなく、造花を使った花束、ドライフラワーや草木を束ねて作るリース、生花に特殊な加工を施したプリザーブドフラワーなども、フラワーアレンジの一種です。

フラワーアレンジと生け花の違い

「生花を使ったフラワーアレンジは、生け花とどこが違うんだろう?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、両者のあいだにはさまざまな違いがあります。最も大きな違いは、フラワーアレンジは「足し算」の考え方で、たくさんの花がお互いに調和するように空間を埋めていくのに対し、生け花は「引き算」の考え方で、それぞれの花が持つ個性を重視し、できるだけ少ない本数で空間を作ろうとする点です。

また、フラワーアレンジは花束やブーケとしてプレゼントに使われることが多いのに対し、生け花は持ち運びができる形ではなく、場所を固定して展示するといった点も異なります。

フラワーアレンジを趣味にするメリット

フラワーアレンジを趣味にすることで、どのようなメリットが得られるでしょうか?
ここからは、フラワーアレンジを趣味にする3つのメリットについて見ていきましょう。

メリット1 一生ものの趣味になる

フラワーアレンジは、自分の感性やセンスを活かして作品を作ります。もちろん、年齢制限はありませんし、「この技術を習得すれば完璧」というゴールもない世界です。知識や技術を学ぶほど表現の幅が広がりますし、一生楽しむことができます。

メリット2 四季を感じながら生活できる

色とりどりのチューリップを見れば春を感じるように、花は忙しい毎日の中で見過ごしがちな季節の移り変わりを教えてくれるものです。季節の花を使うことで、四季を感じながら生活できるのも、フラワーアレンジの魅力です。

メリット3 オリジナルの作品を贈り物にすることができる

フラワーアレンジのスキルがあれば、自分で作った花束やブーケを贈り物にすることができます。贈る相手のイメージや好きな色、好きな花の種類に合わせて手作りした、心のこもった贈り物は、誕生日や結婚式などのお祝い事にもぴったり!必ず喜んでもらえることでしょう。

フラワーアレンジを始めるには?

「フラワーアレンジには興味があるけれど何から始めればいいかわからない」という声も多く聞きます。
ここでは、フラワーアレンジに必要な、基本的な道具についてご紹介します。

フラワーアレンジを始めるときに必要な道具

フラワーアレンジを始めるにあたり、最低限必要になる道具には、次のような物があります。

・花材
・花器
・ハサミ
・ワイヤー
・オアシス(吸水性のスポンジ)

特に入手しにくい道具はありませんので、近くのホームセンターや手芸用品店で探してみましょう。100円ショップで購入できる道具もあります。

花材や花器は、選ぶ種類により値段が変わりますので、一概にはいえませんが、数千円~10,000円程度でそろえることができます。教室やカルチャースクールで教わる場合は、教室側が用意してくれる場合もあります。

フラワーアレンジの学び方は?

フラワーアレンジを学ぶには、本を参考に自分で勉強する方法や、個人の教室やカルチャースクールに通う方法、通信制の講座を利用する方法などがあります。

本で勉強する方法は、いつでも手軽に始められ、費用もあまりかからないのがメリットです。しかし、「学ぶ内容にメリハリがなく続きにくい」「仲間がいないため張り合いがない」などのデメリットもあります。教室やカルチャースクールはその逆で、独学よりお金はかかりますが、仲間ができるので続けやすいといえます。

いくら趣味とはいえ、気が向いたときだけ勉強するのでは中途半端になりがちです。フラワーアレンジを基礎からしっかり身に付けるためには、「フラワーアレンジメントデザイナー」「飾花インストラクター」といった資格取得を目標にしてみることをおすすめします。
通信制の講座なら、メリハリのあるカリキュラムに沿って、自分のペースで学ぶことができるでしょう。

SARAのフラワーアレンジ講座は初心者OK!

SARAのフラワーアレンジ講座は、何も知識がない状態からスタートしても、1日30分・半年間の勉強で、フラワーアレンジの基礎から応用まで、無理なく学べるプログラムとなっています。

具体的には、花の種類の見分け方や扱い方、道具の使い方といった基本的なところからスタートし、花を長持ちさせるお手入れ方法やさまざまなアレンジ方法、バリエーションのつけ方を学びます。講座が終了した後、試験に合格すれば、「フラワーアレンジメントデザイナー」と「飾花インストラクター」の2つの資格を取得することができます。

勉強時間は自分のペースに合わせて調整することができ、最短2ヵ月で資格を取ることも可能です。

副業にもつながるフラワーアレンジの資格

「フラワーアレンジメントデザイナー」や「飾花インストラクター」の資格を取ることで、趣味としてのフラワーアレンジに自信がついたり、満足感が得られたりする以外にもメリットがあります。
実はフラワーアレンジは、仕事に結び付きやすい技術です。資格取得を通じて、しっかり知識や技術を身に付ければ、趣味を越えてフラワーアレンジを副業にする道も見えてきます。

ここからは、フラワーアレンジが副業に向いている理由と、副業にする際にどんなことに気を付ければいいかを、まとめてご紹介したいと思います。

フラワーアレンジが副業に向く理由

フラワーアレンジが副業に向いている理由は、おもに以下の3つが挙げられます。

・教室を開きやすい
フラワーアレンジ教室を開くときは、広いスペースを確保する必要がありません。生徒が3~4人ほどであれば、自宅のリビングでも十分なので、手軽に教室を開くことができます。

・先生になる以外の道もある
フラワーアレンジを使った副業の種類は、教室の先生になるだけではありません。自宅で作品を作って、ネットオークションやハンドメイド販売サイトなどに出品するという道もあります。「いきなり人に教えるのは自信がない」「教えるより自分の作品づくりに集中したい」という方には、こちらの方法が合っているでしょう。

・本業への訓練にもなる
フラワーアレンジを学ぶうちに、「いつかはこれを本業にしたい」と考える方も少なくありません。そういう方にとっては、週末だけ副業として教室を運営したり、作品の制作・販売を行ったりすることが、いずれフラワーアレンジを本業にするための予行演習になります。
集客の仕方や販売方法などのノウハウは、急に身に付くものではありません。副業としてさまざまな試行錯誤をしておけば、いざ本業に移行したときにも大きな助けになります。

フラワーアレンジを副業にするときの注意点

副業とはいえ仕事ですから、趣味の延長という気持ちで始めると失敗することが多いです。
実際に副業を始める際には、次のような点に注意しましょう。

・副業の目的を明確にする
同じ副業をするのでも、「本業の片手間にお小遣いを稼ぎたい」のと「3年以内にフラワーアレンジを本業にしたい」のとでは、やるべきことは違ってきます。まずは目的を明確にしましょう。

・教室の開催はまず単発から
副業では、どうしても仕事にあてられる時間が限られますし、本業を優先しなくてはなりません。そのため、いきなり「毎週土曜日、全8回」などのコースレッスンを行うのは、リスクが大きいといえます。まずは単発で開催してみて、スケジュールや費用、お客様の反応などを見極めた上で、コースレッスンへと移っていくのがおすすめです。

・コストを考える
趣味なら、いくらお金をかけても自分が満足すれば問題ありませんが、仕事である以上は利益を出さなくてはいけません。例えば、フラワーアレンジの作品が2,000円で売れたとしても、材料費が2,000円以上かかるようでは意味がありません。コストと売上の割合を常に気にしておきましょう。

フラワーアレンジは趣味にも仕事にもしやすい

フラワーアレンジは、一生の趣味として人生を豊かにしてくれますし、資格を取ることで副業につなげることもできます。
「周りの人とは違う趣味が欲しい」「自分を成長させてくれる副業を始めたい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ