キャンドル資格取得の通信教育講座

資料請求(無料)

受講お申し込み

キャンドル資格取得の通信教育講座

資格取得を目指そう!仕事にもつながるキャンドルの魅力

かわいい装飾がほどこされたキャンドルや、アロマを練り込んだキャンドルを灯すと、ゆったりとした癒やしのひと時を過ごすことができますよね。お世話になった人へのちょっとしたお礼やお返しに、キャンドルを選ぶ方も多いのではないでしょうか。贈り物としても喜ばれるキャンドルの資格を取って、好みにぴったり合ったオリジナルキャンドルを作ってみませんか?

キャンドルにはリラックス効果がある?

キャンドルを灯すと、なんとなく気持ちが落ち着いてゆったりとした気分になれると感じている方は多いでしょう。このような効果はどのようなメカニズムによって生じるのでしょうか?

1/fゆらぎ

私たちの身の回りには、波の音や雨音、心臓の音など「聞くとなんとなく安心して、リラックスする音」があります。これらは、メトロノームのように一定のリズムを刻んでいるわけではありません。同じリズムのようでいながら、均一ではない「ゆらぎ」があるのが特徴です。
こうしたゆらぎを、「1/fゆらぎ」と呼びます。1/fゆらぎとは、規則的なものと不規則なものが調和した状態であり、音に限ったものではありません。木目模様や電車の揺れなども1/fゆらぎといわれています。
キャンドルの炎の揺れも1/fゆらぎのひとつです。キャンドルの効果を最大限に活かすためには、蛍光灯などを消して、白熱灯の間接照明とキャンドルの灯りだけを点けるのがおすすめです。1/fゆらぎを取り入れたヒーリングミュージックなどをかけることによって、より安心やリラックスを感じることができるでしょう。

マイナスイオンが発生

キャンドルが燃えると、少しだけ水分が発生します。その水から放出されるのがマイナスイオンです。このマイナスイオンが部屋中に広がることで、蓄積した疲労やストレスを解消してくれます。
森林浴をしたときも、森林の放出するマイナスイオンを浴びて精神が落ち着くといわれていますが、キャンドルからは森林から放出される量の4倍以上のマイナスイオンが放出されるといわれています。忙しくて森林浴に出かける暇がないという方は、自宅でキャンドルを灯して、寝るまえのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

キャンドルに関する仕事

キャンドルの資格を取ることで、どんな仕事を目指すことができるでしょうか。ここでは、キャンドルに関する仕事をいくつかご紹介しましょう。

・オリジナルキャンドルの販売

「minne」などのハンドメイド作品の販売サイトや、フリーマーケット、インターネット通販などで、オリジナルのキャンドルを販売することができます。自分の作ったキャンドルをリラックスタイムに活用してもらえたり、気に入ってくれた方が繰り返し購入してくれたりすると、やりがいもアップするでしょう。

・キャンドルアーティスト

アートイベントやキャンドルイベント、野外フェスなどに出店してオリジナルキャンドルを販売します。まずは、インターネットなどからスタートして、次第にアーティストとして活動の幅を広げていくのもおすすめです。異業種からキャンドルアーティストに転向した方もいますから、まずは副業としてチャレンジしてみるのもいいでしょう。

・会場装飾

キャンドルアーティストとして注目が集まると、イベントや実店舗、展示会などでの会場装飾の仕事につながることもあります。最近では、キャンドルを灯して詩の朗読や音楽ライブを聞くキャンドルナイトや、キャンドルのゆらめきの中で行うキャンドルヨガなどのイベントも盛んに開催されており、会場装飾の需要が高まっています。

・キャンドルクラフトの講師

キャンドルの魅力を広く伝えるセミナー講師としての仕事です。カルチャースクールやセミナーなどで、講師としてキャンドルの作り方や使用方法を伝えます。

SARA講座のカリキュラム

SARAのキャンドル講座は、1日30分という短時間の勉強でも、半年間で資格取得を目指せるコースです。なお、早く資格を取って活躍したい場合は、最短2ヵ月での取得も可能です。
カリキュラムでは、まずキャンドルの材料の種類や扱い方を学びます。キャンドルが「ロウ」から作られているというのは多くの方が知っていることでしょう。しかし、ロウにも種類があります。48~69℃と融点に幅があり複数の規格に分類されるパラフィンや、粘度の高いマイクロワックスなど、多くの種類のロウを目的に合わせてブレンドすることで、好みに合ったキャンドルを作ることができるのです。
その後、キャンドルづくりに使う道具やキャンドル製作の技法について学び、いよいよキャンドル製作に入ります。きちんと知識を身に付けてから作るので、確実に実力をつけていくことができます。
講座のテキストには、初心者向けのキャンドル製作キットが含まれていますから、自分で材料をそろえなくても、キャンドルづくりを楽しみながら勉強を進めることができるでしょう。

資格取得でキャンドルデザイナーや
キャンドルの先生が目指せる!

本講座で学ぶ内容は日本デザインプランナー協会の「キャンドルデザインマスター」、日本インストラクター協会の「キャンドルアドバイザー」それぞれの資格試験に対応しています。

image01

資料請求(無料) 受講お申し込み

資格を活かして
キャンドルの分野で活躍!

キャンドルを販売

オリジナルキャンドルを
販売して副業が出来ます!

最近ではインターネットなどでオリジナルキャンドルの販売をしている人も少なくありません。あなただけのキャンドルを色んな人に見てもらいましょう!

キャンドルを教える

キャンドルを教える先生になろう!

キャンドルアドバイザーの資格は講師資格です。キャンドル製作を教える先生として各種カルチャースクールや自宅で講師活動を行うことができます!

自分で作ったキャンドル

雑貨店やキャンドルショップで活躍!

キャンドルの知識は専門店だけではなく雑貨店などでも需要があります。

資料請求(無料) 受講お申し込み

初心者でもわかりやすい教材と丁寧な指導で
アナタもプロを目指せます!

講座卒業時にはキャンドルを作れるだけではなくキャンドルについての一通りの知識も身についているのでキャンドルに関する場であればどこでも活躍することが出来ます!

通信教育の大手ポータルサイトで
3冠を獲得しました。

SARA School JAPANの講座は「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」に選ばれました。女性専用の通信講座として、また初の注目度NO1のスクールです!

人気ランキング

資料請求(無料) 受講お申し込み

キャンドル資格取得

キャンドル 基本コース
キャンドル人気講座キャンドル資格を目指すコース!!
キャンドル資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料試験対策 95,000円
キャンドルプラチナコース
簡単資格取得キャンドル資格を楽に取得!!
キャンドルプラチナコース

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

キャンドル卒業試験(資格取得認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料資格保証 115,000円
キャンドル資料請求(無料) キャンドル受講お申し込み

キャンドルの種類,・「アイスキャンドル」氷の入った型の中に、ロウを流し込んで作るキャンドルです。誰でも1度は作ったことがあるのではないでしょうか。・「アロマキャンドル」エッセンシャルオイルを香料として使用されたキャンドルです。香りは、ハーブやスパイスが使用されます。・「押し花キャンドル」表面に花や葉をディッピングして付けられたキャンドルです。・「カーヴドキャンドル」ハワイアンキャンドルとも言います。表面が異なる色でディッピング(溶けたロウの中に芯やキャンドルを繰り返して入れます。このようにして、好みの太さに作ります。きまた、キャンドルの表面のみを着色する方法です。)されたキャンドルを元にします。暖かいうちに表面をナイフでカットしながら美しい曲線のレリーフ状を手で製作していきます。・「ストレートキャンドル」一般的に使用されている円柱型のキャンドルです。色も太さの種類も豊富にあります。実用的なデザインになります。・「ツイストキャンドル」平らにされたディッピングキャンドルがツイストされた状態のキャンドルのことを言います。キャンドルホルダーに立てて使用します。・「ディッピングキャンドル」長い芯を溶けたロウの中に何度も繰り返し浸します。このようにして徐々に作られるキャンドルです。細長いキャンドルなので、涼しいところに吊るすなどして飾ることで曲がらずにアクセサリーにもなります。・「ティーライト」キャンドルホルダーに入っている小さな白いキャンドルです。バーなどで見かけるグラスの中に入っているキャンドルのことです。
・「ビーズワックスキャンドル」ビーズワックスシートをロール状にくるんだキャンドルです。シートのカットに応じたスパイラル状とストレートのものがあります。・「フローティングキャンドル」水や氷の上に浮かべて灯すキャンドルです。芯が濡れてしまうと火を灯すことができないので注意が必要です。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ