キャンドルの資格を取って副業に役立てよう!

 

インテリアショップなどで見かけるキャンドルを、自分で作ってみたいと思ったことはありませんか?複雑なデザインのキャンドルも、技法を学べば自分の手で作ることができます。制作のスキルが上がれば、通販サイトやイベントなどで販売することも可能になるでしょう。
キャンドルづくりは、趣味を持ちたい人や副業をしたい人に最適です。ここでは、キャンドルづくりを趣味や副業にするメリットや、キャンドルの販売方法についてご紹介します。

キャンドルづくりはこんな人におすすめ!

この記事を読んでいる方の中には、「仕事を忘れて没頭できる趣味がほしい」「自分のスキルやセンスを活かせる副業をしたい」という方も多いでしょう。
ここでは「趣味」と「副業」に分けて、キャンドルづくりを学ぶメリットについて見ていきます。

キャンドルづくりを趣味にしたい

すぐに固まってしまうロウを原料とするキャンドルづくりには、集中力が必要です。そのため、キャンドルづくりは、仕事の心配やプライベートの悩みを忘れて物づくりに没頭したいという方にとって、ぴったりの趣味といえるでしょう。スキルが上がれば、難しい形のキャンドルを制作することもできるようになり、上達を実感することができます。
また、色の組合わせやデザインなどを考えるのも、キャンドルづくりの楽しみのひとつです。仕事が終わった後や休日の昼間などに、デザインを考える時間を設ければ、プライベートタイムが今以上に充実するはずです。

キャンドルづくりを副業にしたい

キャンドルづくりを学んで、スキルに自信がつけば、副業にするのもおすすめです。キャンドルは、ハンドメイド作品の販売サイトやイベントでの販売など販路が充実しており、副業初心者でも比較的参入しやすいジャンルといえるでしょう。
ちなみに、ハンドメイド作品の販売サイトのキャンドルの価格は、大きさにもよりますが、1つ500~2,000円ほどが相場です。作る個数や価格によって収入も変わりますので、ある程度収入の目標を設定してから副業を始めると良いでしょう。

制作したキャンドルを販売するには?

自分が制作したキャンドルを販売するためには、いくつかの方法があります。ここでは、キャンドルを販売するための3つの方法についてご紹介しましょう。

1 ハンドメイド作品の販売サイトに作家として登録する

1つ目は、「minne」や「Creema」など、ハンドメイド作品の販売サイトに作家として登録する方法です。スマホやデジカメで撮影して簡単に出品できるため、販売のハードルが低く、初心者でも挑戦しやすいでしょう。
注文に伴い、お客様への発送作業が発生しますので、その分時間が必要になります。しかし、住んでいる場所を問わず、多くの人の目にとまるチャンスがあるため、自分の作品をたくさんの人に見てもらえることはメリットといえます。

2 セレクトショップやカフェに置いてもらい委託販売する

2つ目は、セレクトショップやインテリアショップ、カフェなどに販売を委託する方法です。売上の約20~30%を委託料としてショップに支払う場合が多いですが、お客様に実際に手に取って見てもらえる点が魅力です。また、お客様への発送の手間がかからず、制作に集中することができる点もメリットといえます。
委託販売を受け付けているショップを探すほか、自分の好きなテイストのセレクトショップやカフェに相談してみることで、キャンドルアーティストとしての道が開けることもあるでしょう。

3 イベントにブースを出店する

3つ目は、ライフスタイル系やオーガニック商品を扱うイベント、癒やしをテーマにしたイベントなど、キャンドルのブースを出店できるイベントを探す方法です。お客様と直接やりとりすることで、どんな作品が売れるか、肌で感じることができるのがメリットといえるでしょう。

平日の夜や週末にキャンドルを制作すれば、仕事との両立も可能です。夢中になって作業に打ち込むことで、気分転換にもなりリフレッシュすることができます。
制作したキャンドルを、大事な人へのギフトとして購入してもらえたり、気に入ってリピーターになってもらえたりすると、うれしさも倍増します。オーダーメイドの注文にも応えることができるようになると、さらにやりがいを感じることができるでしょう。

キャンドルに興味を持った今が勉強をスタートするチャンス

SARAのキャンドル講座では、キャンドルの材料の種類や扱い方、キャンドルづくりに使う道具や技法について学ぶことで、10種類以上ある基本的な技法をマスターすることができます。テキストのほかにキャンドルの制作キットがついてくるため、技法を学びながら実際にキャンドルづくりを楽しめるのも魅力です。
カリキュラム修了後、試験に合格すれば「キャンドルデザインマスター」と「キャンドルアドバイザー」の2つの資格を取得することができ、スキルを副業に活かす際の自信にもつながるでしょう。
キャンドルづくりに興味を持ったそのときが、キャンドルの資格取得に向けて勉強を始めるチャンスです。自分が作ったキャンドルで、多くの人に幸せと癒やしをプレゼントしてみませんか?

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ