コーヒー資格を仕事に活かすには?資格の種類も紹介 | 資格取得の通信講座・通信教育SARAスクール
  • TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声

コーヒーに関する資格を取得するメリットと活躍できるフィールドは?

コーヒーは、世界中の人々に愛されている飲み物です。日本でも、コーヒーを日常的に楽しんでいる人は多いため、コーヒーの専門的な知識を持つ人は、さまざまなフィールドで活躍することができます。
ここでは、コーヒーに関する資格を取得するメリットや資格を活かせるフィールドのほか、コーヒーの知識を学ぶ方法などについて解説します。

コーヒーに関する資格を取得するメリットと活躍できるフィールドは?
カフェオーナー資格取得講座

コーヒーが注目されている背景

コーヒーが嗜好品として飲まれるようになってから長い年月が経ちますが、近年、日本ではコーヒー人気が高まってきているようです。コーヒーが多くの人から注目されるようになった背景には、どのような理由があるのでしょうか。

コンビニコーヒーやコーヒーショップの普及

近年、国内のコーヒー市場はほぼ右肩上がりで拡大傾向にあります。その大きな要因は、コンビニコーヒーの人気や、大手カフェチェーンの普及だといわれています。入れたてのコーヒーをリーズナブルに提供するコンビニコーヒーのヒットにより、ファストフード店やファミリーレストランなどもコーヒーに力を入れるようになりました。
また、国内企業はもちろん、海外発祥のコーヒーチェーン店も広く普及し、これまで以上に手軽にコーヒーを楽しむ人が増えました。

豊富なアレンジメニューの登場

かつては、コーヒーのアレンジといえば、ブラックで飲むか砂糖やミルクを入れるかくらいの選択肢しかありませんでした。しかし近年では、牛乳と合わせるカフェラテやカフェオレ、チョコレートやミルク、またはココアと組み合わせるカフェモカといったアレンジメニューは定番になっています。
さらに、クリームを加えたり、ソースやシロップ、フレーバーを加えたりと、楽しみ方は多種多様です。

豆の種類や焙煎にこだわる人が増加

コーヒー人気の高まりに伴い、「自分好みの一杯」にこだわる人も増えてきました。
在宅勤務などにより自宅で過ごす時間が増えたことも相まって、「自分で本格的なコーヒーを入れたい」という声も多くなっています。

コーヒーを飲むことで期待できる効果とは?

コーヒーを飲むことで期待できる効果とは?

コーヒーは、ただおいしいというだけではありません。コーヒーを飲むことによって、次のような効果が期待できます。

眠気覚ましや集中力アップ

コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用があります。寝起きや出勤前などにコーヒーを飲むと、目が覚めたような感覚になるのはこのためです。加えてカフェインには、眠気を覚ますだけではなく、脳を活性化させ集中力をアップさせる働きもあるといわれています。

気分をリラックスさせてくれる

「コーヒーの香りに包まれると気分が安らぐ」という人は多いものです。コーヒーの香りをかぐと、心身がリラックスした状態のときに発生するという、α波が出るともいわれています。香りだけで癒やし効果の期待できるコーヒーは、リフレッシュに最適の飲み物といえるでしょう。

ポリフェノールによる抗酸化作用がある

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールの一種が多く含まれています。このポリフェノールの働きでよく知られているのが、体内の過剰な活性酸素が細胞を傷め、免疫機能の低下や老化を引き起こすのを防ぐ抗酸化作用です。コーヒーポリフェノールには、活性酸素の発生と働きを抑制する効果が期待できます。

ダイエットのサポートに役立つ

カフェインには、脂肪分解を促進したり、エネルギー消費を高めたりする働きがあるとされています。また、クロロゲン酸は胃酸の分泌を促し、胃の消化活動を助けるともいわれているため、�����動を始める前にコーヒーを飲めば、効率良く代謝アップにつなげることができるかもしれません。

コーヒーに関する資格を取得するメリットとは?

さまざまな理由からコーヒーを飲む人が増えたことにより、注目を集めているのがコーヒーに関する資格です。コーヒーに関する資格を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

本格的なコーヒーを自分で入れられるようになる

コーヒーに関する資格を取得して専門知識を身に付けることで、好きなときに本格的なコーヒーを自分で入れられるようになります。自宅でのリラックスタイムはもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも、ハンドドリップでおいしいコーヒーを味わうことができるでしょう。

自分に合った豆や道具を選べる

コーヒーは、豆の産地や種類、焙煎方法などによって異なる味わいがあります。また、コーヒーを入れるときには、豆を挽くコーヒーミルやコーヒーを抽出するドリッパーなど、さまざまなアイテムが必要です。コーヒーの資格によって豆や道具の特徴が理解できれば、好みに合ったコーヒー豆や使いやすいアイテムを選べるようになります。

おもてなしで喜ばれる

コーヒーに関する資格を取得すると、毎日家族のためにおいしいコーヒーを入れられるようになります。友人を招いてのコーヒータイムやホームパーティーでも、本格的なコーヒーは喜ばれるものです。上質なコーヒーで会話も弾み、楽しいひと時を過ごせるでしょう。

飲食業界での仕事に活かすことができる

コーヒーに関する資格があると、カフェやレストランなどの飲食業界への就職でも有利になる可能性が高まります。こだわりのコーヒーで他店との差別化を図りたいと考える飲食店は多く、資格者は即戦力として重宝されるはずです。すでに飲食業界で働いている人にとっては、スキルアップにも資格取得はおすすめです。

コーヒーに関する資格を活かせるフィールドは?

コーヒーに関する資格を活かせるフィールドは?

コーヒーに関する資格は、カフェをはじめとする幅広いシーンで活かすことができます。資格を取ることで活躍できるフィールドを具体的に見てみましょう。

バリスタとしてカフェなどで活躍する

バリスタは、カフェやレストランなどでお客様に最高の一杯を提供するコーヒーのプロフェッショナルです。ワインでいうソムリエのような役割を担い、コーヒー豆の選定からピッキング、抽出方法、メニュー開発まで、幅広い知識が求められます。コーヒーに関する資格があれば、専門知識やスキルがあることの証明になるため、バリスタを目指す上での近道になります。

焙煎士としてこだわりのコーヒーを提供する

コーヒーの味は、コーヒー豆を焙煎するときの火加減や加熱の仕方によって変わります。おいしい一杯に仕上げられるかどうかは、焙煎士の腕にかかっているといってもいいでしょう。
焙煎士はロースターとも呼ばれ、コーヒー豆を焙煎するだけでなく、豆の仕入れや販売に携わることも少なくありません。広範囲にわたるコーヒーの知識も、資格取得を目指すことで効率良く身に付けられます。

レストランやホテルで知識を活かす

コーヒー専門店はもちろんのこと、レストランやホテルで働く際にもコーヒーに関する資格は役立ちます。レストランやホテルでは、カジュアルなコーヒーショップよりもコーヒーの質の高さが求められます。資格取得を通して培った知識を、存分に活かすことができるでしょう。

飲料メーカーで商品開発に携わる

コーヒー人気を受けて、飲料メーカーからもコーヒーベースの商品が続々と登場しています。資格によって身に付けたコーヒーの知識を活かせば、豆の産地にこだわった商品や新しいアレンジコーヒーなど、工夫を凝らした商品を企画・開発することができるでしょう。

コーヒーを輸入する商社で働く

日本ではコーヒー豆をほぼ輸入に頼っており、主に商社を介して海外からコーヒー豆が入ってきています。コーヒー豆を扱う商社で輸入に携わる場合、資格を通して習得した専門知識が役立ちます。コーヒーに関する知識を深めれば豆の良し悪しや焙煎の状態を判断でき、おいしい一杯を消費者に届けることにつながります。

カフェオーナーとして独立・開業する

学んだ知識やスキルを活かして、自分の理想とするカフェを開業することもできます。豆の産地や抽出方法にこだわったり、オリジナルのアレンジコーヒーを用意したりすれば、足を運ぶお客様も自然と増えるでしょう。そのほか、自宅やカルチャーセンターなどでコーヒー教室を開くことも可能です。

コーヒーの知識を学ぶ方法は?

コーヒーに関する知識やスキルを学ぶには、いくつかの方法があります。「ライフスタイルに合わせて無理なく学びたい」「資格を取って仕事に活かしたい」など、自分の目的に合った方法を選ぶといいでしょう。

独学する

コーヒーに関する基本的な知識であれば、書籍やウェブなどの情報から学ぶことができます。ただし、初めてコーヒーについて勉強する人にとっては、書店に並ぶ多くの本やウェブにあふれる情報から、どれが自分に必要なものかを探し出す作業がたいへんかもしれません。

専門スクールに通う

コーヒーについて腰を据えて学びたいという場合は、専門スクールに通う方法があります。専門スクールなら、同じ志を持つ仲間とともに、切磋琢磨しながら勉強することができるでしょう。しかし、スクールのカリキュラムを修了するには、通学のための時間と、ある程度まとまった費用が必要です。

セミナーやイベントで学ぶ

コーヒー好きの人やコーヒーを趣味にしたい人を対象に、さまざまなセミナーやイベントが開催されています。中には、自家焙煎店やカフェなどが主催するセミナーもあり、手軽に専門的な知識やスキルにふれることが可能です。ただ、そのようなセミナーやイベントは、単発もしくは数回のみの開催であることも多く、体系的な知識を身に付けるのは難しいかもしれません。

コーヒーに関する資格とは?

コーヒーに関する資格には、通信講座で取得が可能なものもあります。特に、コーヒーに携わる仕事に就きたい場合、専門知識の証明となる資格を取っておいたほうがいいでしょう。通信講座なら自宅で好きな時間に勉強できる上、通学に比べて費用も抑えることができます。「仕事や家事、子育てをしながら資格取得を目指したい」「初心者からコーヒーのスキルを身に付けたい」という人にもピッタリです。
通信講座で取得可能なコーヒーに関する資格には、次のようなものがあります。

コーヒーソムリエ

コーヒーソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。コーヒー豆の知識からおいしいコーヒーの入れ方、焙煎、抽出方法、オリジナルブレンドまで、コーヒーについての基礎知識を習得した人が認定されます。コーヒー豆の産地や種類、生豆の選び方をはじめ、人気のラテアートについても学べます。

カフェオーナー経営士

カフェオーナー経営士は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。コーヒーについての専門的な知識と技術に加え、マーケティングの基礎知識、開業計画などを理解し、実務で活用できる技能を持つ人へ認定されます。これからカフェオーナーとして働きたい人はもちろん、現在、飲食関連企業で働いている人にもおすすめの資格です。

コーヒーに関する資格を取得して仕事やリラックスタイムに活かそう

コーヒーに関する資格を取得すれば、自分や周りの人のためにおいしいコーヒーを入れられるようになるほか、飲食業界への就職を希望する際にも役立ちます。コーヒーの人気は近年ますます高まっており、専門知識を持った資格者は多くのシーンで活躍できるでしょう。
仕事や家庭の事情でスクールに通うのは難しい人も、通信講座なら、自分のペースで無理なく資格を取得できます。日常的にコーヒーを飲む人や将来カフェを開きたいと考えている人は、コーヒーに関する資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

カフェオーナーを学ぶなら

カフェオーナー通信講座

SARAのカフェオーナー資格講座は2種類のカフェオーナー資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。



コーヒーに関する記事一覧

カフェオーナー資格取得講座

コーヒー資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座