収納の資格を取って仕事の幅を広げよう!

 

収納の資格を取って仕事の幅を広げよう!

 

日々忙しくしていると、片付ける機会を逸してしまいがち。自分の部屋はもちろん、仕事場でもそれは同じかもしれません。「ここを片付ければ、もっと効率良く仕事できるのに…」なんて、毎日小さなストレスを抱えている人は案外多いものです。
最近では、収納のスペシャリストにアドバイスをもらう主婦が増えているなど、収納のスキルに対するニーズが高まっています。
ここでは、収納のスキルを上げることでキャリアアップにつながる仕事についてご紹介します。

収納のスキルを活かせる仕事5選

収納のスキルを活かせる仕事5選

 

収納の資格を取得すると、インテリアや住宅関連企業などへの就職の道が開かれるだけではなく、自宅で空き時間を利用してセミナーを開いたりできるなど、多彩なキャリアの道が開かれています。収納の資格が有利に働く職業には、おもに次のようなものがあります。

インテリア・住宅関連会社勤務

究極の収納は、家を建てるときに設計段階から使い勝手の良い収納スペースを作ることといわれています。そのため、インテリアや住宅関連企業の場合、履歴書や面接で収納に関する資格を有していることをアピールすれば、採用に有利に働くだけではなく、就職後に資格手当がつく場合もあります。

書店やアパレルショップなどの販売スタッフ

商品の入れ替えが激しい書店やアパレルショップでは、バックヤードが乱雑になりがち。ショップスタッフとして働いている人の中には、お客様に在庫を尋ねられて探しに行ったものの、なかなか見つからず焦った経験がある人も多いかもしれません。
収納上手とは、状況を俯瞰し、効率的に整理するルールを決めるのがうまい人と言い換えることもできます。一度ルールを決めてしまえば、あとはそれに従うだけ。収納のスキルを上げることで、店舗で頼られる存在になり、結果としてキャリアアップにつなげることもできるはずです。

オフィスワーカー

「もう少しデスク周りがきれいなら、仕事の効率も上がるのに…」なんて思いながら、毎日仕事をしていませんか?また、デスクの周りはきれいでも、キャビネットの中がごちゃごちゃで気になっているという人も多いようです。
書類などは、一定期間使わなければ処分したり、PDF化したりするルールを決めて、溜め込まないようにしましょう。また、キャビネットの中も、仕切りをうまく活用することで、どこに何があるか把握しやすくなります。収納のスキルが上がれば、仕事の効率がアップ。生産性も上がり、評価にもつながりやすくなるでしょう。

サロンスタッフ

エステサロンやヘアサロンは、常に清潔感が求められる場所。その一方で、タオルや液剤など、こまごまとした備品が多い場所でもあります。広いバックヤードを備えている店舗ならいざ知らず、バックヤードや収納場所が狭い店舗の場合は、収納に工夫が必要です。また、お客様の目に入る場所に物を置くことも多いため、「見える収納」のスキルが求められます。居心地のいい空間はお客様を呼び込むため、収納のスキルを活かせば売上アップにも貢献できます。

セミナー講師・インストラクター

収納に悩む人は多く、カルチャーセンターなどでも、収納や片付けに関する講座は人気があります。資格を取得すれば、そうした講座でセミナー講師として活躍する道も開かれるほか、アドバイザーとしてメディアに出演したり、本を出版したりすることも可能です。また、子育てなどでまとまった時間が取れない時期は、自宅で収納に関するセミナーを開催し、時間を有効活用することもできるでしょう。

1回の受講で2つの資格を取得できるSARAの収納講座

1回の受講で2つの資格を取得できるSARAの収納講座

 

収納のスキルを上げたいけれど、どこから手を付ければいいかわからない…と思っていませんか?SARAの収納講座では、収納の基礎知識から、具体的な収納の方法、ワークフローといった総括的な内容から、スペース別収納、アイテム別収納といった細分化された内容まで、収納に必要なさまざまな知識を身に付けることができます。
1日30分・半年間で資格取得を目指せるようにカリキュラムが設計されており、さらに集中してカリキュラムをこなせば、最短2ヵ月での取得も可能です。半年後には収納上手になっていると考えれば、学習もはかどりそうですね。

収納スキルをアップして人生にゆとりの時間を!

収納スキルをアップして人生にゆとりの時間を!

 

落とし物を追跡できるIoT製品を世界で展開するTrackR社が、全国の20~60代の男女2,350人を対象に、インターネットによる「探し物に関する調査」を実施した結果、日本人が物探しに費やす時間は年間約1週間にもなるという結果が出たそうです。ちなみに、この調査の結果判明した「家の中でよく見つからなくなる物」は、1位「ペン」、2位「携帯電話」、3位「鍵」でした。
「時は金なり」といいますが、整理整頓や使い勝手の良い収納を実践するだけで、時間に余裕が生まれ、仕事への集中力も高まります。SARAの収納講座で収納上手になり、ゆとりの時間を手に入れてみませんか?

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ