資格試験について

介護食の資格・検定試験

2種類資格取得が目指せる

日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「介護食マイスター」、
日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「介護食作りインストラクター」の2資格に対応しています。
また、プラチナコースは卒業事に試験免除で資格が認定されるので2つの資格を100%確実に取得できます。

ご自宅で試験が受けられます。

本講座は日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「介護食マイスター」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「介護食作りインストラクター」が定めた認定基準を満たし、知識と技術の普及に貢献する機関として認定されています。そのため、ご自宅で試験が受けられる「在宅受験」が認められています。仕事や家事で忙しい方でも受験しやすく、試験が苦手な方でも、自宅で落ち着いて試験に挑戦できます。

得点率は70%以上で合格!

「介護食マイスター」、「介護食作りインストラクター」の合格基準は、全問題の合計点数70%以上の得点。
満点を取らなくていいので、各領域のポイントをしぼって学習すれば、十分に合格点が狙えます!

試験
免除
プラチナコース
卒業事に試験免除で資格が認定されるので
2つの資格100%確実に取得!

介護食マイスター

受験資格
特になし
受験料
10,000円(消費税込み)
受験申請
インターネットからの申込み
受験方法
在宅受験
合格基準
70%以上の評価

介護食マイスターは、日本安全食料料理協会主催の資格です。在宅受験が可能で、2ヵ月に1度試験が行われています。介護食についての基本的な知識のほか、介護食の種類、介護食のつくり方、高齢者と食事の関係、食育と介護食の関係、状態に応じた介護食の種類などが出題内容となります。

介護食作りインストラクター

受験資格
特になし
受験料
10,000円(消費税込み)
受験申請
インターネットからの申込み
受験方法
在宅受験
合格基準
70%以上の評価

介護食作りインストラクターは、日本インストラクター技術協会主催の資格です。こちらも在宅受験が可能で、2ヵ月に1度試験が行われています。試験では、介護食作りインストラクターとしての基礎知識のほか、介護食の栄養バランス、施設での食事、高齢者の口腔ケア、高齢者に必要な水分についてなどの内容が出題されます。

介護食基本コース
資格を目指すコース!!
介護食
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

介護食プラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

介護食資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

介護食講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座