• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > 水耕栽培資格取得講座 > 水耕栽培資格を仕事に活かす

水耕栽培資格を仕事に活かす

水耕栽培資格取得の通信教育講座

水耕栽培の資格を活かせる仕事とは?

土の代わりに水を使って植物を育てる水耕栽培。野菜や果物、花、観葉植物など、さまざまな種類の植物を省スペースで手軽に栽培することができるため、家庭菜園としても注目を集めています。ここでは、水耕栽培の概要や、水耕栽培の資格を活かすことができる仕事のフィールドについてご紹介します。

水耕栽培とは?

水耕栽培とは、土を使わずに水と液体肥料で植物を育てる方法です。まずは、水耕栽培の特徴について見ていきましょう。

液体肥料を使う
水耕栽培では、土の代わりに水を使って植物を育てます。一般的な土耕栽培では、土に含まれる栄養素が植物の成長を助けますが、水耕栽培では水に栄養素を含ませる必要があります。そのため、水に溶けやすく植物が吸収しやすい液体肥料が使われるのが一般的です。
管理が簡単
水耕栽培は、土を扱わないため管理が簡単で、汚れる心配もありません。また、自宅やビニールハウスなどの室内で栽培しやすい点もポイントです。最近では、大規模な水耕栽培施設である植物工場も増えています。
湛液(たんえき)型と薄膜(はくまく)型がある
水耕栽培には、湛液(たんえき)型と薄膜(はくまく)型という2つの栽培方法があります。 湛液型は、比較的多めの養液に植物の根を浸す方法です。肥料濃度や液温の変化が緩やかなため、管理がしやすい一方、酸素不足に注意する必要があります。 薄膜型は、養液の水深を浅くして循環させる方法です。小規模な設備でも栽培しやすいものの、養液の濃度や成分の変化が起こりやすいというリスクがあります。

水耕栽培のメリット・デメリットは?

続いては、土耕栽培と比べた、水耕栽培のメリット・デメリットをご紹介します。

水耕栽培のメリット

・土を使わないので汚れが少ない
土を使わない水耕栽培は、土づくりの手間がなく、部屋や手が汚れる心配もありません。雑草が生えることもなく、害虫の発生なども抑えられます。
・気候に左右されない
屋内で植物を育てることができる水耕栽培は、季節や天気、気温に収穫が左右されることがありません。一年中安定した栽培が可能です。
・狭いスペースでも栽培できる
水耕栽培は、小さな容器1つからでも始めることができます。自宅の部屋やベランダなど、狭いスペースでも手軽に植物を育てることができます。

水耕栽培のデメリット

・道具をそろえる必要がある
水耕栽培を始めるには、容器や液体肥料などの道具が必要です。しかし、最近は水耕栽培専用のキットも多く販売されているため、準備はしやすいでしょう。
・電気代がかかる
水耕栽培では、養液を循環させたり、植物に照明をあてたりするために、電気を使う場合もあります。そのため、土耕栽培に比べて、電気代がかかるというデメリットがあります。

水耕栽培を仕事にするには?

ここからは、水耕栽培の資格を取得することによって広がる、仕事のフィールドをご紹介します。

水耕栽培農家として独立する

安定した収穫が期待できる水耕栽培は、農業においても注目を集めています。最近ではスーパーにも水耕栽培の野菜が並ぶようになってきました。講座で学んだ知識や技術を活かして、水耕栽培農家として独立することができます。

植物工場や農場で働く

大規模な水耕栽培を行う植物工場や農場では、専門的な知識やノウハウが求められます。水耕栽培の資格を活かして、質の高い作物の生産に寄与できるはずです。

家庭菜園を学びたい人に講師としてレクチャーする

自宅で手軽に始められる趣味として、水耕栽培に興味を持つ人が増えています。水耕栽培の資格を取得することで、カルチャースクールなどで講師として指導することができます。

水耕栽培レストランのオーナーになる

併設の施設で水耕栽培した野菜を提供する、水耕栽培レストランが人気を集めています。安全で新鮮な水耕栽培の食材を料理に用いることで、来店客の満足度も高まることでしょう。

知識が広がる!
SARAの水耕栽培講座

水耕栽培については独学でも学ぶことができますが、野菜や果物をうまく育てるには専門的な知識やコツが必要です。SARAの水耕栽培講座では、水耕栽培の基本知識からさまざまな植物の育成方法など、水耕栽培をするために必要な知識や技術を幅広く学ぶことができます。

1日30分の勉強を半年間続けるだけでカリキュラムを修了できるため、仕事や育児で忙しい人でも続けやすく、プラチナコースを受講し課題を提出すれば、日本生活環境支援協会(JLESA)の「水耕栽培士」、日本インストラクター技術協会(JIA)の「水耕栽培インストラクター」の資格を、試験免除で取得することが可能です。

水耕栽培の資格でキャリアの幅を広げよう

水耕栽培は、近年農業の世界でも大きな注目が集まっています。水耕栽培の資格を取得することで、農業や園芸関係の仕事で活躍できるほか、講師としてキャリアアップを目指すことも可能です。自宅で楽しめる趣味としてもおすすめの水耕栽培。新たな可能性を広げるためにも、SARAの水耕栽培講座で資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

水耕栽培基本コース
水耕栽培資格を目指すコース!!
水耕栽培人気講座
水耕栽培資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

水耕栽培プラチナコース
水耕栽培資格を楽に取得!!
簡単資格取得
水耕栽培資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

水耕栽培資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

水耕栽培資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座