に関するコラム

資格取得の通信教育講座

刺繍を飾りたい!額の選び方や飾り方は?

刺繍を飾りたい!額の選び方や飾り方は?

せっかく作った刺繍は、きれいに飾ってみたいですよね。刺繍を飾るには、どのような方法を選べばいいのでしょうか。刺繍を飾る方法はいろいろあります。とはいえ、できるだけ美しく刺繍を飾ることができる方法を選びたいところです。

今回は、刺繍を飾る方法について詳しく説明します。刺繍を飾る際に押さえておきたい具体的なコツやポイントも交えて紹介します。手作りした素敵な刺繍作品を飾るために、ぜひ参考にしてみてください。

刺繍を飾るにはどうすればいい?

刺繍を飾りたい場合、どのような飾り方をすればいいのでしょうか。基本的には、額縁とマットを使って飾るのがおすすめです。額縁とマットを使用すると、刺繍をきれいに見せることができます。ここでポイントとなるのは、額縁だけでなくマットも使用することです。なぜなら、マットがないと見栄えがあまりよくないからです。加えて、刺繍のサイズにぴったりの額縁はなかなか見つからないことも理由のひとつとしてあげられます。せっかくきれいに刺繍を完成させることができたなら、できるだけ美しく刺繍を見せたいですよね。そのためにも、刺繍を飾るなら額縁とマットを上手に組み合わせるようにしましょう。

刺繍に合う額縁やマットの選び方

刺繍に合うマットや額縁を選ぶためには、どのような選び方をすればいいのでしょうか。刺繍に合わせて額縁やマットを選ぶには、さまざまなコツを意識する必要があります。ここでは、刺繍に合う額縁を選ぶために押さえておきたい選び方について説明します。参考にして額縁やマットをえらんでみてください。

大きめを選ぶ

刺繍を飾るための額縁を選ぶときは、刺繍よりも少しフレームが大きめになっている物を選ぶのがポイントです。そして、マットで位置を調節するようにしましょう。刺繍にぴったりとサイズが合う額縁を見つけるのは、なかなか難しいので、大きめを選ぶことが大切です。また、大きめの額縁を選ぶと、刺繍の周囲にスペースができ、おしゃれな印象になるのでおすすめです。余白を活かして素敵な雰囲気になるようにしましょう。

絵柄に合わせる

額縁を選ぶときは、絵柄に合わせてフレームの太さを決めることが大切です。たとえば、ボリュームのある絵柄であるならばフレームは太めのものが適しています。また、絵柄が細かくて繊細なものであるなら細いフレームのほうが適しているでしょう。絵柄とフレームの雰囲気を合わせることで、一体感のある印象を出すことができます。素敵に仕上がった刺繍をより素敵な印象に見せることができるので、ぜひ試してみてください。

素材感を考慮する

刺繍を飾るときは、刺繍の素材感も意識するとよりよいでしょう。刺繍に使った糸とマットの素材感を合わせることにより、フレームの中のまとまりを高めることができます。マットの色や素材によっても、作品の印象は大きく変化するため、素材感をしっかりと意識することが大切です。

飾り方とポイント

刺繍を飾るときは、よりきれいに飾るためのポイントがあります。ちょっとしたひと手間をかけることにより、見た目の印象に大きな差がでるので要注意です。具体的には、どのようなポイントを意識すればいいのでしょうか。ここでは、刺繍を飾るときに意識したい飾り方のポイントについて説明します。

作品はきれいに伸ばしておく

刺繍の作品を飾るときは、額に入れる前にきれいに伸ばしておくことが大切です。作品をきれいに伸ばすためには、アイロン掛けをすると効果的です。丁寧に優しくアイロンをかけると、刺繍がきれいにピンとするので、額の中でも収まりがよくなるのです。わざわざアイロンがけをするのは面倒にも思えますが、刺繍をきれいに飾るためにもしっかりと作品を伸ばすようにしましょう。

両面テープで固定する

刺繍が飾るときは、額の中できちんと固定する必要があります。具体的には、刺繍の作品の裏に両面テープを貼り付け、マットに固定するようにしましょう。刺繍の作品を固定していないと、最初はイメージ通りの位置に刺繍があっても、飾っているうちにずれてしまう恐れがあります。せっかくの素敵な刺繍がずれてしまっては、飾っているのが台無しですよね。両面テープなら正面からは見えないので、きれいに刺繍を飾ることができますよ。

はみ出るときはカットする

刺繍を飾る場合、額からどうしてもはみ出してしまう部分があるかもしれません。刺繍のサイズにぴったり合う額縁はなかなかないので、これはどうしても仕方がないことです。刺繍が額縁からはみ出してしまう場合は、マットからはみ出る刺繍はカットするようにしましょう。こうすることで、安定した状態で刺繍を飾ることができるようになります。

額以外の刺繍の飾り方アイデア例

刺繍を飾る方法は、実は額以外にもいろいろとあります。刺繍を飾るなら、どのような飾り方ができるのでしょうか。ここでは、額以外の刺繍の飾り方のアイデアについて例を紹介します。アイデアはいろいろとあるので、参考にしつつ、素敵な飾り方に挑戦してみてください。

刺繍枠

刺繍を飾る場合、刺繍で枠を作ってフレームの代わりにすることも可能です。刺繍で枠を作れば、中に飾る刺繍をより素敵に見せることができるでしょう。刺繍枠も、刺繍を飾るからこそ引き立てることができます。刺繍枠を作るのには時間がかかってしまいますが、きちんと作ることで素敵に刺繍を飾ることができます。

タペストリー

刺繍を飾る方法としては、タペストリーにするというものもあります。正確に言えばタペストリー風ということになりますが、壁にかけられるようになるので、より飾りやすくなるでしょう。

オーナメント

刺繍の飾り方としては、オーナメントともあります。刺繍をそのままの状態で活用できるので、飾りやすいです。ただし、ホコリで汚れてしまう恐れがあるので、こまめにきれいにする必要があります。

飾らない刺繍作品の保管方法とポイント

刺繍を飾らないときは、どのようにして保管しておけばいいのでしょうか。ここでは、刺繍の保管方法についても説明しておきます。

湿気を防ぐ

刺繍は湿気を吸いやすいです。そのため、湿気によるカビや変色を防ぐ工夫をしなければなりません。たまに作品を取り出して影干しすることも大切です。

日当たりに気を付ける

刺繍は、日に当たり続けていると日焼けで色あせてしまうことがあります。そのため、基本的には日の当たらない場所で保管するようにしましょう。うっかり日当たりのよい場所に飾らないようにすることも重要です。

刺繍を素敵な飾り方で飾ろう

刺繍を素敵な飾り方で飾ろう

刺繍を飾るときは、いろいろなコツやポイントを押さえる必要があります。刺繍は工夫次第でより素敵な雰囲気を出すことも可能です。せっかく素敵に仕上げられた刺繍なら、飾り方もなるべく素敵なものを選びたいですよね。刺繍の飾り方としては額縁を選ぶのがおすすめです。きれいに飾るためにひと手間をかけ、しっかりと飾れるようにしてみてください。もちろん、他の方法でも工夫次第で刺繍を素敵に見せることができます。刺繍は保管方法も重要なので、注意しながら刺繍を保管できるようにしましょう。そうすれば、素敵な作品をより長持ちさせることが可能です。刺繍を素敵な飾り方で飾り、刺繍に対する満足度を高められるとよいですね。



刺繍に関する記事一覧

刺繍についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
刺繍 基本コース
刺繍資格を目指すコース!!
刺繍人気講座
刺繍資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

刺繍 プラチナコース
刺繍資格を楽に取得!!
簡単資格取得
刺繍資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

刺繍資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

刺繍講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座