に関するコラム

資格取得の通信教育講座

刺繍糸の保管方法は?整理の仕方を押さえてしっかり収納しよう

刺繍糸の保管方法は?整理の仕方を押さえてしっかり収納しよう

刺繍糸の保管は、どのようにおこなうのがよいのでしょうか。刺繍糸は絡まりやすいので、収納方法に悩んでいるという人も少なくないでしょう。刺繍糸の収納は難しく感じられますが、コツを押さえるときれいに収納することもできるようになります。

今回は、刺繍糸の保管方法や整理の仕方について紹介します。たくさんある刺繍糸の保管方法に悩んでいる人は、これを参考にして刺繍糸をきれいに取り出しやすい状態で収納できるようにしましょう。

刺繍糸の特徴

そもそも刺繍糸にはどのような特徴があるのでしょうか。刺繍糸をきちんと収納するためには、刺繍糸の特徴についても理解しておく必要があります。刺繍糸は細い糸が束状にまとめられて売られています。そのため、長い糸もおさまりよく販売することができています。ただし、その反面、引き出すときに絡まりやすいという問題もあります。その問題を解決するには、収納方法に工夫が必要です。買った状態のままで保管しておくと使いにくいので、うまく収納するコツをつかみましょう。刺繍糸の収納方法はさまざまあるので、自分にとってしまいやすく使いやすいものを選ぶことが大切です。

刺繍糸の保管アイデア例

刺繍糸を保管するためには、どのような方法があるのでしょうか。刺繍糸の収納方法は、アイデア次第でいろいろと広がります。ここでは、刺繍糸の収納アイデアの例を紹介します。どのような収納方法がいいか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。参考にしつつ、自分だけのアイデアで収納するのもよいでしょう。

刺繍専用のステッチ棒

刺繍糸を収納するなら、刺繍専用のステッチ棒を使用するという方法があります。きれいに巻き付ければ、刺繍をきちんと保管することが可能です。刺繍専用の道具を利用することで、刺繍に使うものをまとめることもでき、一石二鳥です。

刺繍メーカーの糸巻き

刺繍糸を収納する方法としては、糸巻を活用するのも効果的です。糸巻は糸を巻くためのものですから、刺繍糸も収まりよく収納することができます。特に刺繍メーカーの糸巻を使用すれば、刺繍の道具として分かりやすくなるでしょう。せっかく刺繍にこだわりをもつのであれば、刺繍糸に合わせて刺繍メーカーを選ぶと、より本格的な印象を出すことができそうです。

ジップ付きの小袋収納

刺繍糸を収納するには、ジップの付いた小袋を使用するというのもひとつの手です。最近は、さまざまなサイズのジップ付きの小袋が販売されています。そのため、糸の量に合わせて袋を選べば、刺繍糸をきれいに収納することができます。種類別に袋に入れれば、他の糸どうしで絡んでしまうこともありません。汚れにもつよくなるので、さまざまな場所で保管することができるようになります。

その他

刺繍糸の保管方法は他にもさまざまあります。特に100円ショップには刺繍糸の収納に役立ちそうなさまざまなアイテムがそろっています。そのため、刺繍糸の収納方法に困ったときは100円ショップで役立ちそうなアイテムを探してみるとよいでしょう。思わぬ用途の商品が刺繍糸の収納に使えることもあるかもしれません。いろいろと探したり試したりして、自分に合った刺繍糸の収納方法を見つけてください。

刺繍糸を三つ編みにして保管する方法

刺繍糸の収納方法としては、三つ編みにして保管するという方法も人気があります。この方法は、具体的にはどのようなものなのでしょうか。刺繍糸を三つ編みにするとさまざまな利点もあるので、ここでは刺繍糸を三つ編みにして保管する方法について紹介します。

必要な物をそろえる

刺繍糸を三つ編みにして収納したいなら、まずは必要な物をそろえるところから始めましょう。といっても、刺繍糸を三つ編みして収納するのに必要な道具としては、それほど特殊なものはありません。収納したい刺繍糸の他に、はさみとマスキングテープを準備すればOKです。これらのものがあれば、刺繍糸を三つ編みにしてすっきりと収納することができます。

ラベルを外す

刺繍糸を三つ編みにするときは、まずラベルから刺繍糸を外します。ただし、ラベルは後で使用するので取っておきましょう。ラベルを捨ててしまうと、後から刺繍糸を買い足すときに困ってしまうので、絶対に捨てないように注意してください。

編む

刺繍糸をラベルから外したら、そのままの状態でゆっくりと広げます。輪の部分を切って三つ編みができる状態にしていきます。買ったばかりの刺繍糸をカットするのは、最初は勇気がいるかもしれませんが、結局は使いやすい長さに切って使用しなければならないので、ここで切ってしまっても問題はありません。ラベルを通し直したら、真ん中あたりで刺繍糸を2つに折り、ゆるめの三つ編みにしていきます。きつくし過ぎないように注意し、優しく編んでいくようにしましょう。

集めて保管しておく

刺繍糸を三つ編みにし終わったら、リングやファイルなどを使ってまとめて保管するとよいです。複数の色があっても、これなら一目ですべてを確認することができます。刺繍糸の残量も一目で分かるので、計画的に使うことができます。三つ編みにした刺繍糸をあえて見せて収納するのもひとつの方法です。好みや使い勝手を考慮して、自分に合った収納をおこないましょう。

刺繍糸を三つ編みするメリット

刺繍糸を三つ編みにすると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。刺繍糸を三つ編みにするメリットはたくさんあります。ここでは、刺繍糸を三つ編みにするメリットについて見ておきましょう。

無駄がなくなる

刺繍糸を三つ編みにすると、どれくらい糸が残っているのかすぐ分かるようになります。そうなれば、経済的に刺繍糸が使うことができるようになるでしょう。刺繍の腕が上達してくれば、刺繍糸の残りを考えて刺繍をすることもできるようになるでしょう。

まとめやすくなる

刺繍糸を三つ編みにすると、よりまとまりがよくなります。少しうごいてしまっても、ばらばらになることがないので安心です。すっきりとした状態で管理したいなら、三つ編みをしてみるとよいでしょう。

取り出しやすい

三つ編みにした刺繍糸は取りやすさもあります。刺繍糸は1本ずつとってきれいにそろえてから使いますが、三つ編みにした状態なら取り出しやすいので、絡まってしまうのを防ぐ効果も期待できます。

再収納しやすい

刺繍糸を三つ編みにして収納していると、買い足したときの再収納もしやすいというメリットがあります。残っている刺繍糸と一緒に編み直すと、また同じ状態をキープすることができます。三つ編みの状態を見て刺繍糸が少なくなってきたら、買い足すようにしましょう。

刺繍糸をきれいに作業しやすく保管しよう

刺繍糸をきれいに作業しやすく保管しよう

刺繍糸は少し工夫すると、きれいに作業しやすく保管することができます。刺繍糸は色鮮やかなものが多いので、きれいに保管しておきたいですよね。それだけでなく、刺繍糸をきれいに保管すれば、保管している間に絡まってしまうのを防止することもできます。刺繍糸の保管方法は、作業にも影響を与えるので、しっかりと考えておくことをおすすめします。刺繍糸を保管するときは、見た目のきれいさと使い勝手の両方を意識したいところです。さまざまな収納方法があるので、自分に合った方法を見つけて実践するようにしましょう。



刺繍に関する記事一覧

刺繍についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
刺繍 基本コース
刺繍資格を目指すコース!!
刺繍人気講座
刺繍資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

刺繍 プラチナコース
刺繍資格を楽に取得!!
簡単資格取得
刺繍資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

刺繍資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

刺繍講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座