手相がない人や薄い人の意味とは?

 

手相がない人や薄い人の意味とは?

 

手相はその人の本質を示すものです。しかし、なかには手相がない人や薄い人もいます。自分では気付かないことも多いですが、人と比べてみて初めて自分の手相の薄さに気付くことも多いです。手相がない人や薄い人というのは、どういった意味を持ち合わせているのでしょうか。

今回は手相がない人や薄い人の意味について詳しく見ていきましょう。手相が薄いというのは必ず悪いことではないので、自分の状況を読み解くために確認してみてください。手相が薄いかどうかの確認方法についても紹介します。

薄い手相の意味

他の人より手相が薄いとなると、心配になる人もいるかもしれません。しかし実際には、必ずしも心配する必要はないような意味が示されています。手相が薄いというのは、どういった状況なのでしょうか。まずは薄い手相の意味について見てみましょう。

手相が薄い理由は環境や生活習慣の影響が大きい

手相が薄い理由は、環境や生活習慣から影響を受けている場合がほとんどです。これは、手相はその人自身の考え方や生き方が反映されているものだからです。手相は生きていく中で変化していきます。そのため、環境や生活習慣が変われば、手相も変化する可能性があるといえるでしょう。

謙虚で控えめな人が多い

手相が薄い人は一般的に謙虚で控えめな人が多いと言われています。自己主張が少ないと言い換えることもできるでしょう。謙虚で控えめという性格は好まれる場合も多いです。そういった意味でいえば、手相が薄い人は周囲の人に好かれやすいという特徴もあるといえるかもしれません。

組織においては高い協調性をもつ

手相が薄い人は自分を無理矢理に表現しようとしないため、組織においては高い協調性をもつといえます。組織の中には全体を引っ張っていく人も必要ですが、それに合わせて努力できる仲間となる人もいないといけません。そのため、手相が薄い人は持ち前の協調性を活かすことで、組織に欠かせない人物となれるはずです。

薄い手相の見分け方

手相の薄さはどうのようにして見極めればよいのでしょうか。そもそも薄い手相とはどの程度のものなのか判断がつかない人も多いですよね。実際、手相が薄い人でも、占い師のもとで手相占いをするまでそのことに気づかなかったというパターンも少なくはありません。ここでは、薄い手相の見分け方について確認しておきましょう。

男性の方が女性よりも濃い傾向にある

手相は女性よりも男性のほうが濃い傾向にあります。そもそもの話ですが、男性のほうが手は肉厚なので、手のひらにしわがつきやすいです。それに比べると女性の手は華奢なので、男性よりもしわが薄くなりやすいといえます。

同性で比べる

男女によって手相の濃さは大きく異なります。そのため、手相の濃さを比べるなら異性とではなく、同性と比べてみるのがよいでしょう。たとえば、女性が男性と手相を比べてみると自分の手相は薄いと感じることが多いです。しかし、その女性が同性と手相を比べてみると、そこまで薄くないと感じるパターンが多いです。手相の濃さは他の人と比べてみて初めて分かるものなので、まずはまわりの同性の人と比べてみて判断をおこないましょう。

自分のみで判断しないで複数人と比べて判断する

手相の濃い薄いは自分で手のひらを見ているだけでは分かりません。また、誰か1人と比べるだけでも正しい判断はできないでしょう。そのため、手相の濃さを見極めたいなら、複数人と比べるようにするといいです。また、それが難しいようであれば、いろいろな人の手相を見てきている手相占い師に相談するのもひとつの手です。手相占い師なら豊富な経験があるので、手相の薄さを判断してくれますし、その意味まで詳しく教えてくれるでしょう。

手相が薄い人の性格と特徴

手相が薄いは具体的にどのような性格をしているのでしょうか。また、手相が薄い人の特徴も気になるところです。手相が薄いなら自分が持っている線の種類だけでなく、薄さの意味も理解しておいたほうが安心です。ここでは、手相が薄い人の性格や特徴について大まかな内容を確認してみましょう。

線が多くて薄い人

線が多いのに薄いというタイプの人については、自己主張が控えめだという特徴があります。誰かと一緒にいても自分の意見を言うことはほとんどないでしょう。しかし、その分、ちょっとしたことでも1人で悩みがちです。

全体的に薄い人

なかには手相が全体的に薄いというタイプの人もいます。そういう手相の人は、物事を冷静に俯瞰してみています。他の人が気付かないような部分にも注目していて、しっかりと物事を見極めている人です。自分のペースを大切にして納得がいくまで突き詰める人だとも言えます。

線別に見る性格と特徴

手相が薄いという人の中には、ある特定の線だけが特別に薄いという人もいるはずです。そういった手相の人にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、線別に手相が薄い場合の性格や特徴について見てみましょう。

運命線がない・薄い人

運命線とは、手のひらを中心にして中指から真下に縦に伸びる線です。仕事運を表す線とも言われています。運命線がない・薄い人は、社会とのかかわりが薄いという特徴があります。あまり人と関わるのが得意ではないという人も多いでしょう。ただし、それでいて何かに固執して依存的になっている可能性があります。基本的に物事をマイペースに考えるタイプです。

生命線がない・薄い人

生命線は、親指と人差し指の間を起点として手首のほうへ流れている線のことを言います。生命線がない・薄い人は、虚弱体質や体力不足が気になっているはずです。生命線はその人の生きるパワーを示すものなので、生命線がなかったり薄かったりする人は、健康状態に不安がある場合も多いです。体に気を使い、少しでも異変を感じたら病院を受診するなどしたほうがよいでしょう。

知能線がない・薄い人

知能線は、親指と人差し指の間から始まり、手のひらを斜め下方向へ流れている線です。知能線がない・薄い人は、主張が弱いです。知能線の場合は、濃さよりも長さがポイントになります。短いほど主張の弱さを読み取ることができるでしょう。

手相がない人や薄い人にはそれぞれ意味がある

手相がない人や薄い人にはそれぞれ意味がある

 

手相がない人や薄い人を見てみると、手相の全体が薄かったり特定の線がなかったりなどさまざまなタイプがいることが分かります。それぞれのタイプによってあらわされる意味は微妙に異なっています。そのため、自分の手相がないまたは薄いと感じている人は、自分がどのタイプに当てはまるのか確認してみることが大切です。

手相を見ていくとその人の人生や性格についてさまざまなことが分かります。手相がなかったり薄かったりすると少し不安になりますが、必ずしも悪い意味を示しているとは限りません。自分が置かれている状況によっては、自分に合った特徴を示している場合もあるかもしないですよ。手相はその後の生き方で変化していくことも多いので、仮に不本意な意味が示されていたとしてもあまり落ち込む必要はありません。まずは現状を把握して、よりよい未来に変えていけるように努力することが重要でしょう。手相は人とも比べてみることで新たな発見ができる場合があります。手相を使って自分の人生をよい方向に導いていきましょう。

手相に関する記事一覧

 

 

 

手相についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ