通信教育・通信講座SARAスクールジャパン

現在位置

カラーセラピー

資料請求(無料)

受講お申し込み

オシャレで楽しい手作りキャンドルの世界

最近流行りのキャンドルクラフト。自分だけのオリジナルキャンドルを作ってみたいと思いませんか?本講座ではキャンドルの作り方をイチから学び、様々な種類のキャンドルを作れる女性を目指す事ができます。

資格取得でキャンドルデザイナーやキャンドルの先生が目指せる!

本講座で学ぶ内容は日本デザインプランナー協会の「キャンドルデザインマスター」、日本インストラクター協会の「キャンドルアドバイザー」それぞれの資格試験に対応しています。

image01

資料請求(無料) 受講お申し込み

資格を活かしてキャンドルの分野で活躍!

キャンドルを販売

オリジナルキャンドルを販売して副業が出来ます!

最近ではインターネットなどでオリジナルキャンドルの販売をしている人も少なくありません。あなただけのキャンドルを色んな人に見てもらいましょう!

キャンドルを教える

キャンドルを教える先生になろう!

キャンドルアドバイザーの資格は講師資格です。キャンドル製作を教える先生として各種カルチャースクールや自宅で講師活動を行うことができます!

自分で作ったキャンドル

自分で作ったキャンドルを販売することだって可能!

キャンドルの知識は専門店だけではなく雑貨店などでも需要があります。

資料請求(無料) 受講お申し込み

雑貨店やキャンドルショップで活躍!

講座卒業時にはキャンドルを作れるだけではなくキャンドルについての一通りの知識も身についているのでキャンドルに関する場であればどこでも活躍することが出来ます!

通信教育の大手ポータルサイトで3冠を獲得しました。

SARA School JAPANの講座は「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」に選ばれました。女性専用の通信講座として、また初の注目度NO1のスクールです!

人気ランキング

資料請求(無料) 受講お申し込み

キャンドル資格取得

キャンドル 基本コース
キャンドル人気講座キャンドル資格を目指すコース!!
キャンドル資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料試験対策 95,000円
キャンドルプラチナコース
簡単資格取得キャンドル資格を楽に取得!!
キャンドルプラチナコース

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

キャンドル卒業試験(資格取得認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料資格保証 115,000円
キャンドル資料請求(無料) キャンドル受講お申し込み

キャンドルの種類,・「アイスキャンドル」氷の入った型の中に、ロウを流し込んで作るキャンドルです。誰でも1度は作ったことがあるのではないでしょうか。・「アロマキャンドル」エッセンシャルオイルを香料として使用されたキャンドルです。香りは、ハーブやスパイスが使用されます。・「押し花キャンドル」表面に花や葉をディッピングして付けられたキャンドルです。・「カーヴドキャンドル」ハワイアンキャンドルとも言います。表面が異なる色でディッピング(溶けたロウの中に芯やキャンドルを繰り返して入れます。このようにして、好みの太さに作ります。きまた、キャンドルの表面のみを着色する方法です。)されたキャンドルを元にします。暖かいうちに表面をナイフでカットしながら美しい曲線のレリーフ状を手で製作していきます。・「ストレートキャンドル」一般的に使用されている円柱型のキャンドルです。色も太さの種類も豊富にあります。実用的なデザインになります。・「ツイストキャンドル」平らにされたディッピングキャンドルがツイストされた状態のキャンドルのことを言います。キャンドルホルダーに立てて使用します。・「ディッピングキャンドル」長い芯を溶けたロウの中に何度も繰り返し浸します。このようにして徐々に作られるキャンドルです。細長いキャンドルなので、涼しいところに吊るすなどして飾ることで曲がらずにアクセサリーにもなります。・「ティーライト」キャンドルホルダーに入っている小さな白いキャンドルです。バーなどで見かけるグラスの中に入っているキャンドルのことです。
・「ビーズワックスキャンドル」ビーズワックスシートをロール状にくるんだキャンドルです。シートのカットに応じたスパイラル状とストレートのものがあります。・「フローティングキャンドル」水や氷の上に浮かべて灯すキャンドルです。芯が濡れてしまうと火を灯すことができないので注意が必要です。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ