講座の特長 | 漬け料理資格 | 通信教育・通信講座のSARAスクール
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 健康食の資格取得講座一覧 > 漬け料理資格取得講座 > 講座の特長 

SARAの漬け料理資格講座はここが違う

SARAの漬け料理資格講座には、初心者の方や仕事や子育てで忙しい方でも、
安心して学べる3つのポイントがあります。

資格取得を目指せる

SARAの漬け料理資格講座は、1日30分の学習で、最短2ヶ月で資格を取得することができます!

SARAの漬け料理資格講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なく漬け料理資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースで漬け料理資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月で漬け料理資格を取得することもできます。

初心者にもわかりやすい教材

SARAの漬け料理資格講座の教材は、初心者もわかりやすいオリジナルの教材です!

SARAの漬け料理資格講座の教材は、初心者でも理解しやすいSARAオリジナルの教材です。テキストで基礎知識を学び、学習の定着度を確認できる練習問題や添削課題にチャレンジできます。漬け料理資格試験対策もカバーしています。

2つの資格が100%取得可能

プラチナコースで 「漬け料理ソムリエ」「漬け料理アドバイザー」 の両方の資格を確実に取得できます

本講座は、 日本安全食料料理協会主催の「漬け料理ソムリエ」、日本インストラクター技術協会主催の「漬け料理アドバイザー」 の2つの資格に対応しています。プラチナコースを選択すれば、卒業試験の課題を提出することで、卒業時の試験が免除されます。つまり、カリキュラムを終えれば、2つの資格を100%取得することができるのです

SARAは充実のサポート体制が自慢です!

SARAの漬け料理資格講座では、漬け料理に詳しくない方でも卒業できるよう、受講生の皆様に「専属スタッフのサポート」「無料で何度もできる質問サービス」
「開業や復習に向けた学習サポート」の3つのサポート体制で受講生を支えます。漬け料理に関する知識を確実に身に着け、資格取得を達成できるよう、SARAが全力でサポートいたします。

専属のスタッフが受講生をサポートします

専属のスタッフによるサポート

SARAでは、専属のスタッフが受講生をサポートします。
通信講座にありがちな挫折の心配がなく、卒業までしっかり導いてくれます。

無料で何回でも質問できる

無料で何回でも質問できる

学習でわからないところがあっても、受講期間内なら、無料で何度でも質問することができます。専属のスタッフにメールで質問をすると、翌日には回答が届きます(質問が混み合っている場合、多少返事が遅れる場合があります)。

開業や副業に向けた学習

開業や副業に向けた学習にもぴったり

SARAの漬け料理資格講座は、副業や開業をする際にも困らないカリキュラム構成になっています。講座で得た知識を活かして、新しい一歩を踏み出してみませんか?

漬け料理資格講座受講で2つの資格が取得できる!

漬け料理ソムリエ
資格1

漬け料理ソムリエ

漬け料理ソムリエとは、お漬物やはちみつ漬け、醤油漬け、塩麹漬け、味噌漬け、オイル漬け、酢漬け、からし漬け、ぬか漬け、ヨーグルト漬け、出汁漬け、みりん漬け、ラム漬け、ワイン漬けなどの食品を漬ける料理に関するあらゆる知識を有した方に認定される資格です。ピクルスやらっきょう漬けなどのお漬物フルーツを使ったレモンシロップ、梅シロップ、しそシロップなどの漬け液の作り方から、食材との組み合わせや料理への使い方など様々な知識を有していることを証明します。日常の食卓を彩る料理を勉強したい方や、飲食業界での就職や開業、料理教室の開催などを行う際にも役立つ資格です。

漬け料理アドバイザー
資格2

漬け料理アドバイザー

漬け料理アドバイザーとは、漬け料理を使って、保存料理や作り置き・常備菜を作るための知識を持ち、それを活かした食生活への提案ができる知識と技能を有した方に認定される資格です。酒漬けやオイル漬け、酢漬け、ヨーグルト漬け、はちみつ漬けなどの漬け料理を活用した保存食や常備菜などの作り方、日本各地の郷土漬け料理に関する知識、和食と洋食の漬け料理の違いと食材の保存方法・活かし方、春夏秋冬の季節の食材を使った漬け料理、肉の漬け方や魚の漬け方や野菜の漬け方やフルーツの漬け方、調味料を使った作り置きの漬け料理の作り方など、食材や用途に応じて様々な漬け料理に関する知識が求められます。

漬け料理資格取得講座に関する記事一覧

美容食の講座