パワーストーンの資格を仕事に活かす!仕事の内容や向いている人は?

 

パワーストーンを使ったセラピーや、専門店での販売など、パワーストーンを扱う仕事にはさまざまな種類があります。パワーストーンを扱う仕事の内容とやりがいのほか、どんな人が向いているのかについて見ていきましょう。

パワーストーンを扱う仕事の種類と働き方

パワーストーンを扱う仕事には、お客様に合ったパワーストーン選びを行う「セラピスト」や、「パワーストーン専門店のスタッフ」「カルチャースクールなどのパワーストーン講座の講師」「アクセサリー作家」などの種類があります。ここでは、それぞれの仕事について、仕事の内容ややりがいをご紹介します。

パワーストーンのセラピスト

 

パワーストーンのセラピストは、カウンセリングセッションを通じてお客様の悩みや願いを聞き、その人の希望に沿って、問題解決に役立つパワーストーンを選んだり、組み合わせを紹介したりする仕事です。パワーストーンを選ぶだけでなく、そのパワーストーンを使ってアクセサリーの製作を行う場合もあります。
お客様の話を聞くことが仕事の柱ですから、パワーストーンの知識があることはもちろん、人の話をじっくり聞く力やコミュニケーション力なども求められます。
勤務地としては、パワーストーンの専門ショップで働くほか、経験を積んで自分のサロンを持ったり、個人のウェブサイトをオープンしたりする人もいます。

パワーストーン専門店のスタッフ

 

複合施設やファッションビルなどに入っているパワーストーン専門店で、パワーストーンの販売や売上管理などをします。セラピストほどではありませんが、お客様の相談にのったり、アドバイスをしたりすることもあります。また、店舗によってはアクセサリー製作に関わることもあります。
接客業なので、コミュニケーション能力やお客様の要望に臨機応変に対応する能力が求められるほか、店舗を任される場合は、スタッフの採用や商品管理、店舗運営などの能力も必要となります。

パワーストーン講座の講師

 

カルチャーセンターや市民文化講座などでパワーストーンの種類や効果について教えたり、パワーストーンを使ったアクセサリーづくりを指導したりする講師の仕事もあります。専業の講師もいますが、週1回や、月1回だけ教えるなど、副業として仕事をしている方も多くいます。
講師として食べていく場合は自営業となりますので、教える力だけでなく、教える場所を探したり、生徒を集めたりする営業力も必要となります。

アクセサリー作家

 

パワーストーンの組み合わせやデザインを考え、オリジナルのアクセサリーを製作・販売する仕事です。パワーストーンのアクセサリーを扱う企業に勤めながらデザインを手掛ける道や、独立して作家になる道などがあります。販売まですべて自分で手掛ける場合は、製作力に加えて、プロモーションをする能力も必要となります。

パワーストーンの仕事に向いている人

パワーストーンは、身に付けた人を導き、良い結果をもたらしてくれる物です。そのため、パワーストーンを扱う仕事には、「人にポジティブなエネルギーを与えたい人」が向いているといえるでしょう。また、アドバイスを求められる場面も多いことから、「自分の知識を活かして人に提案することが好きな人」や、アクセサリーづくりを楽しめる「手芸やデザインが好きな人」にも向いている仕事です。
また、お客様と直接関わる仕事であることから、「人と関わることが好きな人」や「一対一のコミュニケーションが好きな人」、講師なら「教えるのがうまい人」であることもポイントといえそうです。

パワーストーンの資格を取るメリット

パワーストーンを扱う仕事をするには、特別な資格は必要ありません。しかし、セラピストとしてカウンセリングを行ったり、ショップ店員として石選びのアドバイスを行ったりするには、まずお客様に「この人のアドバイスなら信頼できる」と思ってもらわなければなりません。資格を取ることで、お客様に信頼してもらうためのアピールとなりますし、資格取得を目標に勉強することで、偏りなく知識を身に付けることができるでしょう。
パワーストーンに関する資格にはさまざまなものがあります。SARAのパワーストーン講座を受講し、試験に合格すれば、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する「パワーストーンスペシャリスト」と、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する「天然石セラピスト」の2つの資格を取得することができます。これらの資格を取得することで、次のようなメリットが期待できます。

・石の扱い方や浄化の仕方など、基礎から学び直すことができる
パワーストーンの専門店などで働きながら覚える知識は、どうしても偏りがちです。よく相談される石には詳しくなっても、そのほかの石の扱い方や浄化方法などの知識はおろそかになるためです。資格取得を目指して勉強することで、パワーストーンについて基礎から学び直すことができ、より幅広い種類の石を扱うことができるようになります。

・お客様にとって最適な石を選ぶ自信がつく
パワーストーンに関して体系的に勉強することで、お客様に相談された際に、自信を持って石を選ぶことができます。また、石の色味や効果など、知識を織り交ぜながらアドバイスをすれば、リピーターになってくれるお客様も増えるでしょう。

資格取得でパワーストーンを扱う自信がつく

パワーストーンの資格を取得することは、知識を深めたいという方ばかりではなく、将来的にパワーストーンを扱う仕事に就きたいという方にも大きなメリットがあります。
SARAのパワーストーン講座は、1日30分・半年間の勉強で2つの資格を取れるカリキュラムになっています。朝の時間や仕事が終わった後の時間を活用して、自分のペースで勉強ができますので、ぜひ挑戦してみてください。


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ