通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

紅茶オーナー基本コース/プラチナコース

資料請求(無料)

受講お申し込み

紅茶資格取得の通信教育講座

紅茶の基礎から学び
あなたも紅茶のチカラで健康を手に入れよう

紅茶には、健康・美容・病気予防など様々な効用があります。本講座では、紅茶の幅広い知識を学習する事で紅茶の奥深い世界を感じられます。紅茶の香りと味を楽しみながら美しくキレイな心と身体を手に入れましょう。

紅茶の基礎知識や紅茶の種類、
紅茶の淹れ方など様々な内容を楽しく学び、
100%2つの資格を取得できるプレミアムな講座!

紅茶オーナープラチナコースではJSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「紅茶アドバイザー」、「紅茶マイスター」の2つの資格を100%確実に取得できます。

image01

資料請求(無料) 受講お申し込み

楽しく紅茶についてのスキルを身につけたら
様々な形でさらに輝く魅力ある女性になれます!

ティールームを開けたり

今までは夢だった
紅茶オーナーとして開業!

学んだスキルを活かして自分の理想とする素敵なティールームを開けたり、自宅やセミナー、カルチャースクール、身近なコミュニティで教室を開催することも!ティールーム空間を利用して絵画や写真などの個展を開くことも可能となり、アナタもさらに輝けます!

今の仕事でステップアップ!飲食関係

今の仕事でステップアップ!
飲食関係、ホテル業界など、活躍の場は広がります!

飲食店で紅茶をおすすめする際、紅茶の種類や茶葉の特徴などを詳しく説明でき、お店、お客様との信頼関係もさらに築けます。

紅茶を淹れて

大切な家族やパートナーへ。
紅茶で癒しのひとときを!

お店でしか味わえないような本格的な紅茶を淹れてあげれば日常とは異なる空間や、何より気分転換につながる癒しの空間を演出できます。また、ママ会、オトナ女子会などでも、もてなすことができ、上品で優雅なステキな時間を過ごせます。

初心者でもわかりやすい教材と丁寧な指導で
アナタもプロを目指せます!

SARA School JAPANで使用する教材はすべて完全オリジナル。初心者でもわかりやすい内容で学習しやすくなっています。学習中わからないことがあればプロの指導者による個別質問ができて安心です!

通信教育の大手ポータルサイトで
3冠を獲得しました。

SARA School JAPANの講座は「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」に選ばれました。女性専用の通信講座として、初の注目度NO1のスクールです!

人気ランキング

資料請求(無料) 受講お申し込み

紅茶資格取得通信教育

紅茶オーナー基本コース
紅茶人気講座紅茶資格を目指すコース!!
紅茶オーナー資格

受講ガイド/受講証/受講カード/メインテキスト/実践テキスト「家庭で楽しむアフタヌーンティー」/実践テキスト「実践ティーポットで淹れる」/練習問題/チェックテスト50/添削課題/質問用紙/封筒、ティーポット、ケーキスタンド、プレート2枚、ティーカップ&ソーサー、シュガーポット、高級茶葉(ウェッジウッド)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削6
受講料試験対策 69,800円
紅茶オーナープラチナコース
簡単資格取得紅茶の知識を楽に学習!!
紅茶オーナープラチナコース

受講ガイド/受講証/受講カード/メインテキスト/実践テキスト「家庭で楽しむアフタヌーンティー」/実践テキスト「実践ティーポットで淹れる」/練習問題/チェックテスト50/添削課題/質問用紙/封筒/卒業課題(添削終了後提出で資格認定)ティーポット、ケーキスタンド、プレート2枚、ティーカップ&ソーサー、シュガーポット、高級茶葉(ウェッジウッド)

紅茶オーナー卒業試験(資格取得認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削6回 卒業課題+1回
受講料資格保証 89,800円
紅茶オーナー資料請求(無料) 紅茶オーナー受講お申し込み

受講費用

基本コース

69,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

89,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

紅茶とは,茶、ティーと呼ばれているものはたくさんあります。その中でも緑茶・ウーロン茶・紅茶は同じ樹から作られます。ツバキ科の常緑樹です。原種は中国雲南省からチベット、ミャンマーにかけての山岳地帯に自生していたとされます。四川省との説もあるそうですが中国南方域であることはほぼ間違いないようです。
では紅茶と緑茶、ウーロン茶の違いは何でしょうか?それは製造法の違いです。お茶の葉の中には酸化酵素が含まれていてこの働きを利用して製造するのが紅茶(完全発酵)、利用せずに製造するのが緑茶(発酵させない)、少しだけ利用するのがウーロン茶(半発酵)です。
紅茶は茶葉の色から“ブラックティー”と呼ばれています。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ