リフレクソロジーを趣味として究めよう!スキルアップには資格取得が近道

 

リフレクソロジーを趣味として究めよう!スキルアップには資格取得が近道

 

足裏にある反射区を刺激することによって、体質の改善や美容効果を促すリフレクソロジー。最近では、街中にもリフレクソロジー専門店が増え、働く世代の癒やしに一役買っています。
ここでは、リフレクソロジーの知識を日常生活に取り入れることで、どのような効果が期待できるかについてご紹介します。

ツボと反射区の違いとは?

ツボと反射区の違いとは?

 

リフレクソロジーでは、足裏の反射区に刺激を与え、内臓機能の活性化や血流改善を促します。足裏と聞くと足ツボのイメージが強く、リフレクソロジー=ツボ押しと思われがちですが、その起源やメソッドは大きく異なります。

足ツボの起源は中国の東洋医学であり、経絡というツボを刺激することで全身の気のめぐりを改善し、健康を促すという考えのもと生まれたマッサージのひとつです。

一方、リフレクソロジーは、古代エジプトに起源があるといわれており、反射区という特定のゾーンを刺激することで、その反射区に対応する内臓器官を刺激し、健康を促進させるマッサージ法です。

一言で表すと、点に近い形で施術をするのがツボ押し、面で施術を行うのがリフレクソロジーといえるでしょう。どちらも健康のために行うという目的は共通していますが、リフレクソロジーの場合は精神的な健康もサポートしてくれるものとして、近年注目度が高まっています。

リフレクソロジーはこんな人におすすめ!

リフレクソロジーはこんな人におすすめ!

 

リフレクソロジーは具体的に、どのような人に効果的といえるのでしょうか。ここからは、リフレクソロジーを学ぶことで、効果を得やすい人のタイプについてご紹介します。

・代謝機能が衰えて太りやすい人

代謝機能が衰えると、老廃物が体に溜まりやすく、太りやすい体質になってしまいます。リフレクソロジーによって内臓機能を活性化することで、代謝機能を向上させ、太りにくい体質への改善が期待できるでしょう。

・脚がむくみやすい人

リフレクソロジーで血行を促進することにより、脚のむくみが改善されます。また、老廃物の排出を促し、代謝を上げることで、脂肪を効率的に分解することもできます。脚のむくみをリセットし、老廃物を溜め込まないサイクルを作ることで、すらりと伸びた理想の脚に近づくことも夢ではありません。

 

すらりと伸びた理想の脚に近づくことも夢ではありません。

 

・冷え性の人

リフレクソロジーで反射区を刺激することにより、血流を改善することができ、冷え症の予防や解消に効果があるといわれています。冷え症は卵巣などと密接に関わる症状のため、特に女性は甘く見ることなく、しっかり改善していくことが大切です。

・不眠がちな人

自律神経が乱れていると、寝付きが悪くなってしまうケースがあります。リフレクソロジーを実践することで、自律神経を整えて、不眠解消につなげることができるといわれています。
自身で施術をするときも、誰かに施術をしてもらう場合も、全身の力を抜き、落ち着いた気持ちで効果を最大限に感じ取るようにしましょう。

趣味に活かせるリフレクソロジーの資格

趣味に活かせるリフレクソロジーの資格

 

リフレクソロジーの知識は、独学でも習得することができます。スクールに通って学ぶこともできますが、働きながらだと「正直、時間がない…」というのが本音でしょう。そんなときにおすすめしたいのが、通信講座による学習です。

SARAのリフレクソロジー講座は、1日30分・半年間で学習を終えることができるよう、カリキュラムが組まれています。早く知識を活用したい場合には、最短2ヵ月での修了も可能。自分のペースに合わせて受講できるのが魅力です。

リフレクソロジー講座では、東洋医学の考え方を学ぶことから始まり、リフレクソロジーの効果や反射区、目的別の施術法について段階的に学習していきます。講座修了後、試験に合格すれば、「リフレクソロジーセラピスト」「健康リフレクソロジーインストラクター」の2つの資格を取得することができます。資格取得をゴールに設定することで、学習のモチベーションも上がりやすくなるでしょう。

リフレクソロジーの知識とスキルを身に付けて、心も体も健康に

リフレクソロジーの知識とスキルを身に付けて、心も体も健康に

 

リフレクソロジーの知識やスキルを身に付けることで、自身の体調管理に役立つだけでなく、家族や友人など身近な人にも癒やしを与えることができます。
SARAのリフレクソロジー講座で学び、そのスキルを日常生活の中で活かしてみませんか?


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ