初心者でもできる!アパレルブランドの立ち上げ方

 

初心者でもできる!アパレルブランドの立ち上げ方

 

ファッション好きな人にとっては、自分のアパレルブランドをもつというのは大きな夢ではないでしょうか。しかし、アパレルブランドはその気になれば自分で立ち上げることが可能です。ネットなどを使えば集客もおこなえます。自分自身のセンスを活かして、オリジナルのアパレルブランドを始めてみてはいかがでしょうか。

とはいっても具体的にどのようにすれば、アパレルブランドを立ち上げられるのか分からないという方も多いでしょう。今回は初心者でもできるアパレルブランドの立ち上げ方について紹介します。

アパレルブランドの立ち上げやすさ

アパレルブランドを立ち上げるとなると、とても難しそうだというイメージをもつ人も多いかもしれません。しかしながら、アパレルブランドは意外と誰でも始められるものなのです。ここではアパレルブランドの立ち上げやすさについて紹介します。

初心者でも起業しやすい

アパレルブランドは初心者でも起業しやすいという利点があります。現代ではネットで服を買い物する人も多くなっており、個人でアパレルブランドを立ち上げてもすぐに販売しやすい状況になってきています。ファッションが好きな人であれば、その強みを活かして起業することが可能です。

すぐに始められる

アパレルブランドの立ち上げは思い立ったらすぐに始めることができます。もちろん、実際に服を販売するための準備はいろいろとあります。しかし何か特別な資格が必要なわけでもないので、やる気さえあればすぐにブランド立ち上げに向けて行動を起こすことができるのです。

趣味の延長線でも始められる

アパレルブランドを立ち上げるのは、趣味の延長線というかたちでも可能です。世の中にはさまざまなファッションがあり、個性あるアパレルブランドをも求めている人も多いです。そのため、自分が自信をもって作っているものであれば、趣味として取り組んでいるものでもしっかり売れる可能性があります。

アパレルブランドの立ち上げ方法

実際にアパレルブランドを立ち上げるには、どのような方法をとるのがいいのでしょうか。ここではアパレルブランドを立ち上げて実際に販売する方法の種類についてみてみましょう。

ネットショップで開業する

アパレルブランドを立ち上げる際に最もリスクが低い方法は、ネットショップを利用して開業する方法です。既存のネットショップを作ることができるサービスを利用したり、自分でホームページを立ち上げたりすれば、すぐに自分のお店をオープンできます。実店舗を構えるよりも費用を安くおさえられるというのも魅力的です。また、ネットを使った販売方法を利用していると、商品をSNSで広められるというメリットもあります。よいものを作れば自然と人気が出る可能性もあり、初心者でも販路を拡大しやすいです。

実店舗での開業

アパレルブランドを立ち上げるなら、実店舗で開業するというのが王道です。やはり実際にお客様に商品を手に取ってもらったうえで商品を販売できたほうが、ブランドに対する信頼感も得ることができます。立地のよい場所に店舗を構えることができれば、それだけでもブランドのアピールになるでしょう。ただし実店舗を構えるとなると、初期費用だけでも大きな負担が発生します。実店舗を構えるなら、他の方法でブランドに対するまわりの反応をチェックしたうえで着手したほうがよいかもしれません。

イベント・フリマでの販売

立ち上げたアパレルブランドの商品を販売する方法としては、イベントやフリマに出品するというのも1つの方法です。実店舗のように実際に自分の作品をお客様の手に取ってもらえるのが魅力です。小規模からでもお店を出すことができるので、とりあえず販売してみたいという場合でも利用できる方法です。

立ち上げに必要なこと

アパレルブランドを実際に立ち上げるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。ここでは、具体的なアパレルブランドの立ち上げ方について紹介します。

商標登録

ブランドを決めたら、必ず商標登録をするようにしましょう。自分が決めたブランドがすでに他の企業が使用している商標と同じであれば、大きな問題になります。勝手に商標を使用すれば損害賠償を請求されるケースもあるため注意が必要です。また自分が使用しているブランドを登録しておかないと、他の人が無断で使用した場合にも権利を主張するのが難しくなります。自分のブランドをしっかりと育てていきたいという意思があるなら、ブランドを立ち上げる際には必ず商標登録をするようにしましょう。

洗濯表示ネーム作り

アパレルブランドを立ち上げる場合は、洗濯表示のネームも作る必要があります。洗濯表示のネームには、その服を作った製造者の住所や電話番号を記載しなければなりません。洗濯表示に記載すべきその他の内容は、生地を購入するときに確認するようにしましょう。

行政手続き

アパレルブランドを立ち上げて商売を始めるときは、必要な行政手続きもとるようにしましょう。個人で細々と営業する場合でも、税務署への開業届の提出が必要です。開業届の様式や出し方は、国税庁のホームページからも確認できます。

アパレルブランド立ち上げの手順

それでは最後に、アパレルブランドを立ち上げるための手順について見てみましょう。ブランドを立ち上げるときは、しっかりとした手順で必要な準備をきちんと済ませることが重要です。

コンセプトを決める

アパレルブランドを立ち上げると決めたら、まずはブランドのコンセプトを決めましょう。どのようなブランドにしたいのか、どういった人に着てもらうのかなどを細かく考えていきます。ブランドはイメージが大切なので、服によって全く着る人が異なるようなブランドにはできるだけしないほうがよいでしょう。世の中のニーズも考慮しながらコンセプトを決めていくと、売れるブランドに育てやすいです。

ブランドネームを決める

ブランドのコンセプトが決まったら、ブランドネームを決めましょう。ブランドネームはブランドのイメージを決める大切なものです。コンセプトのイメージが伝わるようなネーミングにする必要があります。加えて覚えやすい名前にしておくというのも大切です。

服をデザイン・製作する

ブランドのコンセプトとネームが決まったら、いよいよ実際に服をデザインしていきましょう。ブランドのイメージを大切にして、それに合った服を作っていくことを意識すべきです。

プロモーション・販売する

販売する服ができたら、宣伝して販売をおこないましょう。服を売るためには、まずはブランドの存在を知ってもらうことが大切です。ネットを使ったりチラシを作ったりして、認知度を上げながら商品を販売しましょう。

アパレルブランドを立ち上げて起業しよう

アパレルブランドを立ち上げて起業しよう

 

アパレルブランドの立ち上げは初心者でも可能です。準備すべきことはいろいろありますが、しっかりと手順を進めていけばオリジナルのアパレルブランドを立ち上げることができます。もちろん、服やファッションのセンスがあることが前提にはなります。そういった部分に自信があるなら、売れるブランドを育てることも十分可能です。アパレルブランドを立ち上げて、他にはない素敵な服を販売してみてはいかがでしょうか。そうすれば喜んでくれるお客様にもたくさん出会えるはずですよ。

スタイリストに関する記事一覧

 

 

スタイリストについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

TOPへ