筋トレの目標のメリットは?効果的な設定方法を押さえよう

 

筋トレの目標のメリットは?効果的な設定方法を押さえよう

筋トレをおこなう場合、目標設定をおこなうのがとても重要です。筋トレの目標を設定すれば、効果的に目標に向かって筋トレに取り組むことができます。ただし、目標の設定の仕方を誤ると、あまり効果を期待できないため注意が必要です。

今回は、筋トレの目標を設定するメリットや効果的な目標設定の仕方について説明します。これから筋トレを始める人や筋トレがなかなかうまくいかない人は、ぜひ参考にして目標設定をしてみてください。

筋トレを習慣化できない原因って?

そもそも筋トレを習慣できない場合には、どのようなところに原因があるのでしょうか。筋トレを習慣化できないケースには、さまざまな原因が考えられます。ここでは、筋トレを習慣化できない原因について書くにしておきましょう。

目的や目標が曖昧になっている

筋トレをする際は、目的や目標をきちんともつことが重要です。目的や目標が曖昧になっていると、筋トレをうまく習慣化することができません。何のためになぜ筋トレをするのか明確になっていれば、筋トレに対するモチベーションも自然とアップさせることができます。

習慣化することだけを目標にしている

筋トレを続けたいと思う気持ちが強くなり過ぎると、筋トレを習慣化することだけが目標になってしまう場合もあります。ただし、習慣化することだけを目標にしてしまうと、筋トレに対する自分の中のイメージが悪くなってしまい、筋トレに取り組みにくくなる恐れがあります。

すぐに結果が出ると期待している

筋トレを始めると、効果が出るのが楽しみになりますよね。しかしながら、筋トレは一定期間継続することで少しずつ効果が出てくるものなので、初めてすぐに効果が出ることはありません。効果に対する期待が高すぎると、すぐに効果が出ないことに嫌気がさし、すぐに筋トレを辞めてしまうケースもあります。

無理をしている

筋トレの効果を期待していると、無理にハードな筋トレに取り組んでしまうこともあるでしょう。しかし、無理をして筋トレに取り組むと、筋トレが嫌になってしまう恐れがあります。筋トレは継続することがとても重要なので、無理のし過ぎは禁物です。

筋トレ目標を立てるメリット

筋トレをおこなうときは、目標を意識することが重要です。筋トレにおいて目標を立てると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、筋トレにおいて目標を立てるメリットについて説明します。

取り組み方を決められる

筋トレをはじめる前にしっかりとした目標を立てると、目標達成にむけて明確な取り組み方を決めることができます。筋トレは目的に合わせておこなう必要があるため、ゴールとして目標を決めることはとても重要です。目標を決めてどのような筋トレをおこなうか計画を立てましょう。

モチベーションを保てる

筋トレにおいて目標があると、継続するためのモチベーションも保つことができます。筋トレにおいてはモチベーションがとても重要です。筋トレに対するモチベーションが低いと、どうしても筋トレを続けるのが難しくなります。目標を立てることで筋トレをしようという気持ちを維持できるようにしましょう。

達成感を得られる

筋トレのために目標を立てておくと、筋トレを続けていった後で達成感を得ることが可能です。自分の決めた目標を超えることができれば、自分自身も大きな満足を感じますよね。せっかく筋トレに取り組むなら、目標をしっかり立てて達成感を得られるようにしたいところです。

筋トレの目標の立て方

筋トレの目標は、具体的にどのようにして立てたらいいのでしょうか。筋トレの目標を立てるときは、いくつか意識したいことがあります。ここでは、筋トレの目標の立て方について説明します。

SMART

筋トレの目標を立てるときは、「SMART」 を意識するとよいでしょう。SはSpecificをさしており、目標を具体的にすることを意味しています。MはMeasurableのことで、測定可能な目標を立てるのがいいという意味です。AはAttainableを表しており、いまの自分が努力すれば達成できる目標を立てることを示しています。RはRealisticのことであり、現実的に目指すことができる目標を表しています。TはTime-boundであり、時間が決まっている目標のことを意味します。これらの5つの要素を意識して目標を立てれば、自分にとって適切な目標を立てることができます。

期間目標

筋トレの目標は、どの程度の期間を意識したらいいのでしょうか。たとえば、長期の場合は1年以上先の姿を見越して目標を立てる必要があります。中期であれば2~6ヶ月、短期であれば1週間~1ヶ月を目安に目標を立てましょう。なお、超短期の目標として、1日単位の目標を立てることも可能です。

ビジュアル目標

筋トレの目標を立てるときは、ビジュアル的な目標も重要です。理想の体型をイメージし、どのような姿になりたいのか考えましょう。特にダイエットや健康維持が大きな目的となっている場合は、ビジュアル目標も重要な指標となります。

数値目標

筋トレの目標として分かりやすいのは数値目標です。数値目標は数字で確認できるので、自分の気分に左右されることがありません。そのため、ビジュアル目標と並行しつつ意識するとよいです。数値目標があると、モチベーション維持にも役立てることができます。

トレーニング内容目標

筋トレの目標においては、トレーニング内容に関する目標を決めることも効果的です。決めた内容をしっかりこなすことで自信に繋げることができます。トレーニング目標も確認しやすいため、モチベーション維持になります。メンタルも鍛えられるので、トレーニング内容に関する目標はしっかりと定めるようにしましょう。

筋トレの目標を達成するコツ

筋トレの目標を達成するためには、いくつかコツもあります。最後に筋トレの目標を達成するためのコツについて確認しておきましょう。

プランに一貫性をもつ

筋トレの目標設定をおこなうときは、プランに一貫性をもつことが大切です。一貫性がないプランを定めてしまうと、効率的に目標達成に向かうのが難しくなります。なるべくシンプルなプランにしたほうが、筋トレの目標達成に効果を発揮するでしょう。

無理な目標設定をしない

筋トレの目標を決めるときは、無理をしてはいけません。無理な目標を決めても、結局挫折してしまう可能性が高いからです。少しずつ少しずつも高い目標へ向かっていくことが大切です。

紙に書いて見直す

筋トレの目標を達成するには、髪に書き出すのが意外と効果的です。たとえば、筋トレの内容を記録したり、目標を書き出して定期的に見直したりすると、モチベーションを維持しながら筋トレの目標達成を目指せます。

目標をしっかり設定して筋トレをおこなおう

目標をしっかり設定して筋トレをおこなおう

筋トレをおこなうときは、明確な目標を設定することが重要です。目標をしっかりと定めることができれば、そこに向かって効果的に筋トレに取り組むことができます。筋トレは継続が重要なので、着実に取り組み続けることは筋トレを成功させるための要と言えるでしょう。目標をただ設定するだけでなく、継続するために効果のある目標を設定することが大切です。できるだけ具体的な目標を設定することができれば、自分が求める成果にも近付きやすくなります。筋トレをするときは目標をしっかりと設定するようにしましょう。


TOPへ