資格を仕事に!ピラティスの資格を仕事に活かそう

 

資格を仕事に!ピラティスの資格を仕事に活かそう さまざまなポーズをとって関節を動かし、普段意識して使うことのない体の深層筋を鍛えることのできるピラティス。体の歪みを改善したり、基礎代謝を向上させたりする効果があるため、若い女性を中心に支持を集めています。 日本でもピラティス専用のスタジオやスクールが増えつつあり、都内を中心に、インストラクターの需要は高まっています。ここでは、ピラティスを仕事にしたい人が資格を取得するメリットについてご紹介します。 <見出し> ピラティスを継続することで期待できる5つの効果 体に負担をかけず、呼吸とストレッチを組み合わせてインナーマッスルを鍛えるピラティスは、さまざまな健康効果が期待できます。継続してピラティスに取り組むことで得られる効果を、具体的に見ていきましょう。 <小見出し> 1 姿勢を整え、猫背を解消する デスクワークで長時間パソコンに向かっていると、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなってしまうもの。ピラティスを続けることで、おなかの深層にある筋肉が鍛えられ、体幹が強くなります。これによって、体を中心から支える力が向上し、姿勢が良くなり猫背解消につながります。 <小見出し> 2 太りにくい体づくり インナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝がアップします。基礎代謝とは、内臓を動かしたり体温を維持したりといった生命活動のために使われるエネルギーのこと。基礎代謝が上がると、摂取したエネルギーを消費しやすくなるため、太りにくい体を作り上げる効果が期待できます。 <小見出し> 3 歪みの解消、バランスの取れた体づくり 通常の筋力トレーニングでは、利き腕の筋肉が鍛えられすぎてしまうといったことが起こりがちです。しかし、ピラティスでは、全身の筋肉をバランス良く動かしてポーズをとるため、体の左右の筋肉量の違いや歪みを解消し、バランスの取れた体を作り上げることができます。 <小見出し> 4 肩こり、腰痛の緩和 ピラティスを行うと血行が促進され、老廃物が流れます。これにより、首・肩のこりの改善が期待できます。また、骨盤の歪みが解消されることで、筋肉の緊張から生じる腰痛が次第に緩和されていきます。 ピラティスは、リハビリを目的に発展してきたエクササイズであり、腰痛がひどい人でも取り組めるのが魅力。補助器具を使用することで、無理なくポーズをとることができます。 <小見出し> 5 関節がやわらかくなる ピラティスは全身を使うエクササイズであり、継続することで、関節をやわらかくする効果が期待できます。関節がやわらかくなる=体がやわらかくなることであり、これによって血流の改善や内臓への負担の減少にもつながります。 <見出し> ピラティスを仕事にするには? 趣味として人気の高いピラティスですが、知識やスキルを身に付けることで、仕事にすることも可能です。では、ピラティスのスキルを活かした仕事には、どのようなものがあるのでしょうか? ・インストラクターとしてスタジオに勤務する ピラティスの知識やスキルを活かした仕事として、まずはスポーツジムやフィットネススタジオなどで、ピラティスのインストラクターとして活躍することが挙げられます。おもな仕事は、生徒に対して、安全かつ効果的にピラティスの指導をすること。45分から60分程度のグループレッスンの形をとるケースが多く、目的や対象、難度に応じてレッスンプログラムを作成します。 ・スクールの講師としてインストラクターを育成する ピラティスのインストラクターを養成するスクールで、講師として活躍することもできます。よりレベルの高いインストラクターを目指す生徒に対し、基礎知識や専門知識、ポーズのとり方など、スキルアップにつながる指導を行っていきます。 ジムで指導する生徒よりもレベルの高い人材が集まるため、スクール講師には、ピラティスに関する幅広い知識とスキルが要求されます。 ・独立開業する 自宅やビルの一室で、ピラティス教室を開業することもできます。自分の都合に合わせてスケジュールやカリキュラムを組めるのが魅力であり、人気講師になれば大きく稼げる可能性も高いでしょう。 <見出し> 仕事に活かせるピラティスの資格 日常生活はもちろん、さまざまな仕事でも活用できるピラティスの知識。独学で学ぶのもいいですが、本やネットだけでは、知識を体系的に学ぶことは難しいでしょう。とはいえ、スクールに通う時間はないという方におすすめしたいのが、通信講座による学習です。 SARAのピラティス講座は、1日30分・半年間の学習で修了できるよう、カリキュラムが組まれています。オリジナルの教材は、初心者にもわかりやすい内容になっているため、安心して学習することができます。「急いで知識を身に付けたい」という方には、最短2ヵ月で資格取得が目指せるコースも用意しています。講座修了後、試験に合格すれば「ピラティスセラピーアドバイザー」「ピラティスエクササイズインストラクター」の2つの資格を取得することが可能です。 ピラティス講座では、ピラティスの目的や呼吸法を学ぶことから始まり、具体的なポーズのとり方を段階的に学習していきます。講座を修了するころには、ピラティスの知識やスキルを、ビジネスや日常生活に役立てることができるようになっているでしょう。 <見出し> ピラティスを学んでキャリアアップしよう ピラティスの資格を取得することで、インストラクターやスクール講師、独立開業など、さまざまなキャリアの道が開けます。健康意識が高まる日本では、今後もピラティスの需要は高いと見込まれます。 ピラティスを仕事にすることに興味がある人は、資格取得にチャレンジして、キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

 

さまざまなポーズをとって関節を動かし、普段意識して使うことのない体の深層筋を鍛えることのできるピラティス。体の歪みを改善したり、基礎代謝を向上させたりする効果があるため、若い女性を中心に支持を集めています。
日本でもピラティス専用のスタジオやスクールが増えつつあり、都内を中心に、インストラクターの需要は高まっています。ここでは、ピラティスを仕事にしたい人が資格を取得するメリットについてご紹介します。

ピラティスを継続することで期待できる5つの効果

ピラティスを継続することで期待できる5つの効果

 

体に負担をかけず、呼吸とストレッチを組み合わせてインナーマッスルを鍛えるピラティスは、さまざまな健康効果が期待できます。継続してピラティスに取り組むことで得られる効果を、具体的に見ていきましょう。

1 姿勢を整え、猫背を解消する

デスクワークで長時間パソコンに向かっていると、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなってしまうもの。ピラティスを続けることで、おなかの深層にある筋肉が鍛えられ、体幹が強くなります。これによって、体を中心から支える力が向上し、姿勢が良くなり猫背解消につながります。

2 太りにくい体づくり

インナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝がアップします。基礎代謝とは、内臓を動かしたり体温を維持したりといった生命活動のために使われるエネルギーのこと。基礎代謝が上がると、摂取したエネルギーを消費しやすくなるため、太りにくい体を作り上げる効果が期待できます。

3 歪みの解消、バランスの取れた体づくり

通常の筋力トレーニングでは、利き腕の筋肉が鍛えられすぎてしまうといったことが起こりがちです。しかし、ピラティスでは、全身の筋肉をバランス良く動かしてポーズをとるため、体の左右の筋肉量の違いや歪みを解消し、バランスの取れた体を作り上げることができます。

 

歪みの解消、バランスの取れた体づくり

 

4 肩こり、腰痛の緩和

ピラティスを行うと血行が促進され、老廃物が流れます。これにより、首・肩のこりの改善が期待できます。また、骨盤の歪みが解消されることで、筋肉の緊張から生じる腰痛が次第に緩和されていきます。
ピラティスは、リハビリを目的に発展してきたエクササイズであり、腰痛がひどい人でも取り組めるのが魅力。補助器具を使用することで、無理なくポーズをとることができます。

5 関節がやわらかくなる

ピラティスは全身を使うエクササイズであり、継続することで、関節をやわらかくする効果が期待できます。関節がやわらかくなる=体がやわらかくなることであり、これによって血流の改善や内臓への負担の減少にもつながります。

ピラティスを仕事にするには?

ピラティスを仕事にするには?

 

趣味として人気の高いピラティスですが、知識やスキルを身に付けることで、仕事にすることも可能です。では、ピラティスのスキルを活かした仕事には、どのようなものがあるのでしょうか?

・インストラクターとしてスタジオに勤務する

ピラティスの知識やスキルを活かした仕事として、まずはスポーツジムやフィットネススタジオなどで、ピラティスのインストラクターとして活躍することが挙げられます。おもな仕事は、生徒に対して、安全かつ効果的にピラティスの指導をすること。45分から60分程度のグループレッスンの形をとるケースが多く、目的や対象、難度に応じてレッスンプログラムを作成します。

・スクールの講師としてインストラクターを育成する

ピラティスのインストラクターを養成するスクールで、講師として活躍することもできます。よりレベルの高いインストラクターを目指す生徒に対し、基礎知識や専門知識、ポーズのとり方など、スキルアップにつながる指導を行っていきます。
ジムで指導する生徒よりもレベルの高い人材が集まるため、スクール講師には、ピラティスに関する幅広い知識とスキルが要求されます。

・独立開業する

自宅やビルの一室で、ピラティス教室を開業することもできます。自分の都合に合わせてスケジュールやカリキュラムを組めるのが魅力であり、人気講師になれば大きく稼げる可能性も高いでしょう。

仕事に活かせるピラティスの資格

仕事に活かせるピラティスの資格

 

日常生活はもちろん、さまざまな仕事でも活用できるピラティスの知識。独学で学ぶのもいいですが、本やネットだけでは、知識を体系的に学ぶことは難しいでしょう。とはいえ、スクールに通う時間はないという方におすすめしたいのが、通信講座による学習です。

SARAのピラティス講座は、1日30分・半年間の学習で修了できるよう、カリキュラムが組まれています。オリジナルの教材は、初心者にもわかりやすい内容になっているため、安心して学習することができます。「急いで知識を身に付けたい」という方には、最短2ヵ月で資格取得が目指せるコースも用意しています。講座修了後、試験に合格すれば「ピラティスセラピーアドバイザー」「ピラティスエクササイズインストラクター」の2つの資格を取得することが可能です。

ピラティス講座では、ピラティスの目的や呼吸法を学ぶことから始まり、具体的なポーズのとり方を段階的に学習していきます。講座を修了するころには、ピラティスの知識やスキルを、ビジネスや日常生活に役立てることができるようになっているでしょう。

ピラティスを学んでキャリアアップしよう

ピラティスを学んでキャリアアップしよう

 

ピラティスの資格を取得することで、インストラクターやスクール講師、独立開業など、さまざまなキャリアの道が開けます。健康意識が高まる日本では、今後もピラティスの需要は高いと見込まれます。
ピラティスを仕事にすることに興味がある人は、資格取得にチャレンジして、キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ