通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

講座の特長 フラワーアレンジ

初心者の人でも安心。花材の見分け方や扱い方から学び、本格的なフラワーアレンジメントまで

本講座はフラワーアレンジの基本から、花材の見分け方、扱い方、用具の使用方法、実践的なフラワーアレンジの方法までを
1つずつ学習可能な講座となっております。初心者の方からでも無理なく進められ、花に興味がある方なら、どなたでもフラワーアレンジメントをマスター可能な内容となっています。

image05

リース作りやプリザーブドフラワーも学べる。

プリザーブとは「保存する」という意味で、長期間咲き続けることができる花のことを言います。生花を脱水・脱色・着色させ乾燥させて作られ、それにより美しさを保てるようにしています。生花と比べて軽く、花粉が無くアレルギーの心配が要らないので人気があるアレンジです。

image06

就職・転職に有利。花に関する2つの資格が取得可能!

本講座はフラワーアレンジメントを学び、また同時に「資格対策」としても有効なカリキュラムを採用しています。日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「フラワーアレンジメントデザイナー」、日本インストラクター協会主催の「飾花インストラクター」の2つの資格を100%確実に取得できます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

日本人が大好きな花である「桜」。種類が豊富なので、その中から公園や学校、河川敷などで広く使われているソメイヨシノを例にしてみましょう。『ソメイヨシノ』:「純潔」や「優れた美人」というのが代表的な花言葉です。春に私たちの心を癒やしてくれる桜の花びらを思い出すと、うなずける花言葉ですね。『ツゲ』:「淡白」「頑固」が代表的な花言葉のようです。少しトゲトゲしている固い葉のイメージとマッチしているような気がします。同じく、よく庭植えになっているスイセンの花言葉を見てみましょう。『スイセン』:「うぬぼれ」「自己愛」がよく知られているようです。スイセンの花言葉はギリシャ神話に由来すると言われていますから、日本人のイメージとは少々異なるかもしれません。日本の風習などをもとに新しく花言葉をつけられた花もあれば、他国でつけられた花言葉がそのまま使われている場合もあります。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ