子供心理資格・チャイルド心理資格おすすめ7選|プロの知識が身につく! | 通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン資格講座
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 心理学・カウンセラーの資格取得講座一覧 > 子供心理・チャイルド心理資格取得講座 > 子供心理資格・チャイルド心理資格おすすめ7選|プロの知識が身につく!

子供心理資格・チャイルド心理資格おすすめ7選|プロの知識が身につく!

思わず自分自身の子供を怒鳴ってしまい、後から強く後悔した経験をお持ちではないでしょうか?

当社によるアンケート調査において全体の7割以上の方が「子育てに自信がない」と回答していることからも分かるように、子育ては決して簡単ではありません。

このような子育ての難しさに対応するためのポイントを短期間で学ぶ方法の一つが、子供心理資格・チャイルド心理資格をはじめとした子供の心理に関する資格です。

これらの民間資格は、日常生活だけでなく、カウンセラーや幼児教室のスタッフなどの仕事にも活かせます。

この記事では、子供心理とは何かを解説したうえで、その学び方やおすすめ資格を解説しています。 ぜひ参考にしてください。

子供心理学を学ぶ意義とは?

子供心理学を学ぶことは、直接就職に活かせるだけではなく、さまざまな場面で役立ちます。
この章では、子供心理学を学ぶ意義について解説します。

子供との接し方に自信を持てる

子供心理学を通じて、子供の成長や考え方を理解することにより、子供に寄り添いながら、自信を持って接することができます。

保護者としても、外部の教育者としても、一つひとつの接し方や対応方法などに関して、迷いを感じることが少なくなるでしょう。

また、子供の気持ちに寄り添うことや大人が落ち着いて接することで、子供の気持ちも安定します。

家族関係がよくなる

子供心理を学べば、子供の悩みやストレスに寄り添うことができ、家族でコミュニケーションを取りながら子供の問題を解決できます。
円滑なコミュニケーションによって、家族関係改善の効果も期待できます。

家族会計が改善し、不安や悩みを子供が親に打ち明けられるようになることは、子供の心身の健やかな成長のためにも重要なことです。

保護者として日ごろから接するだけでなく、子供心理についての体系的な学びを経験することで、家族の関係性がよくなります。

仕事に活かせる

子供心理・チャイルド心理の資格は、子供と接する仕事に活かせます・

保育園や幼稚園をはじめとして子供と接する仕事は多岐にわたるため、就職や転職の選択肢が大きく広がります。
すでに子供と接する仕事に就いている人は、子供の気持ちに寄り添い理解への成長が深まることにより、子供や保護者からの信頼獲得につながるでしょう。

子供心理の資格を活かしてカウンセラーとして独立し、セミナーや講演会を行うことも可能です。

子供心理やチャイルド心理の学びを活かせる仕事

子供心理資格・チャイルド心理資格を取得すると、カウンセラーなど資格を活かした仕事に就けます。

この章では、子供心理資格取得を通して得た学びを活かせる職業を4つご紹介します。
子育てや教育に関する専門知識を活かして活躍できる仕事を見つけましょう。

子育て支援センター・子供向けの教室

子育て支援センターでは、子育てで悩む親からの相談を受ける機会が多く、カウンセラーとして適切なアドバイスを求められます。

また、子供向けの教室や塾などには、子供の教育に迷う親が通ってくるため、子供が思うように上達しないときなど、どのように子供に接すればよいのかアドバイスが必要なケースがあります。

専門的な知識に基づいてアドバイスができれば、子供や親とスムーズにコミュニケーションがとることが可能です。
子供のやる気を伸ばし、親が上手に子供と向き合えるように、カウンセラーとしてアドバイスできるでしょう。

児童養護施設・児童相談所

児童養護施設や児童相談所では、さまざまな問題を抱えた子供と接します。

乳児から思春期まで子供の年齢も幅があるため、子供の発達や成長に関する専門知識が必要です。

また、確かなカウンセリング技術があれば、生活指導や心のケアなど子供や親から信頼されて、スムーズにコミュニケーションがとれるでしょう。

子育てカウンセラー・アドバイザー

子供心理学を活かして、子育てカウンセラーやアドバイザーとして保護者に対して子供の接し方を指導できます。

子育てカウンセラーや子育てアドバイザーとは、子育てに悩む親に適切なアドバイスを送り、安心して子供と向き合えるようにカウンセリングする仕事です。

幼稚園・保育園・学校・福祉施設などカウンセラーやアドバイザーは幅広く活躍できます。

そのほかの子供と関わる機会が多い仕事

そのほかにも子供と関わる機会が多い仕事では、子供心理の専門家として活躍できます。

たとえば、病院の小児科・学童施設・多くの子供が利用する学習塾やレジャースポットのスタッフは、子供心理学の活用に最適な仕事です。

現在の仕事で子供との接し方に課題を感じている方は、資格学習に挑戦されてみるとよいでしょう。

子供心理資格・チャイルド心理資格が人気の理由

子供心理資格・チャイルド心理資格はなぜ人気なのでしょうか。資格取得のメリットがわかれば、人気の理由を理解できます。

この章では、子供心理資格・チャイルド心理資格が人気の理由を3つ解説します。人気の理由を理解できれば、資格取得に向けて積極的に学習できるでしょう。

短期間で学べる

子供心理資格・チャイルド心理の資格が人気の理由の一つが、短期間で手軽学べることです。

例えば、最短で1か月から6か月で資格習得できる通信講座もあります。
まとまった時間が取れない方も、1日30分程度の学習を継続することで、資格を習得可能です。

また、取得しやすい資格を学んだ後で、より難易度の高い資格にステップアップするといった選択も効果的です。

体系的に知識を習得できる

スクールや通信講座が主催・運営している子供心理資格は、各資格団体から認定されたテキストやカリキュラムに基づいているため、体系的な学習ができます。

育児や教育に関わる複雑な内容の知識は、断片的に学ぶよりも体系的に学んだ方が深い理解につながります。

費用をかけずに学べる

子供心理・チャイルド心理の資格は、独学や通信講座を利用することで資格取得費用を抑えられます。

高額な費用を支払ってスクールに通ったり、海外への留学が必要だったりする資格ではないため、資金に余裕がない方も気軽に挑戦できます。

おすすめの子供心理資格・チャイルド心理資格おすすめ6選

おすすめの子供心理資格・チャイルド心理資格おすすめ6選

子供心理カウンセラー

子供心理カウンセラーは、子供の発達や成長、家族との関係、社会とのかかわりなどにかかわる知識を有し、適切なアドバイスやカウンセリングを行えることを証明する資格です。

資格名称 子供心理カウンセラー
主催団体 日本インストラクター技術協会
試験開催頻度 2か月に1度
受験料 1万円
合格基準 正答率70%以上

チャイルド心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラーとは、胎児期から思春期までの子供の心理や発達を十分に理解し、悩みや問題に対してカウンセリングを行う知識と技術を有していることを証明する資格です。

資格名称 チャイルド資格カウンセラー
主催団体 日本メディカル心理セラピー協会
試験開催頻度 2か月に1度
受験料 1万円
合格基準 正答率70%以上

チャイルドカウンセラー

チャイルドカウンセラーは、教育や福祉の現場において、さまざまな問題の対応に求められる専門的な心理学知識や技術を備えているカウンセラーであることを証明する資格です。

資格名称 チャイルドカウンセラー
主催団体 日本能力開発推進協会(JADP)
試験開催頻度 カリキュラム修了後、随時在宅で受験
受験料 5,600円
合格基準 正答率70%以上

育児セラピスト

育児セラピストは、育児の専門家として、子育て中の母親のコーチングやサポートをするスキルを持つセラピストです。

2級・1級・シニアマスターの3種類がありますが、特に受験資格はないため、どの級からでも受験できます。

資格名称 育児セラピスト
主催団体 一般社団法人日本アタッチメント育児協会
試験開催頻度 決められた講座を受講完了すれば取得可能
受験料 22万円
合格基準 非公表

ほめ育てアドバイザー

ほめ育てアドバイザーは、正しいほめ方や叱り方を指導できるアドバイザーです。

根性論や経験をもとに子育てをするのではなく、心理学に基づいたほめ方や叱り方で子供の自己肯定感を高めるほめ育ての知識と、それを指導できる技術を有していることを証明する資格です。

資格名称 ほめ育てアドバイザー
主催団体 日本能力開発推進協会
試験開催頻度 決められた講座を受講完了後に在宅にて受験
受験料 3万9,600円
合格基準 正答率70%以上

家族療法カウンセラー

家族療法カウンセリングは、個人でなく家族全体を対象としたカウンセリングです。個人の問題は家族関係から生じていると考え、家族の中にすでに持っている問題解決能力を引き出していきます。

資格名称 家族療法カウンセラー
主催団体 日本能力開発推進協会(JADP)
試験開催頻度 決められた講座を受講完了後に在宅にて受験
受験料 5,600円
合格基準 正答率70%以上

子供心理資格・チャイルド心理資格を学ぶ方法

子供心理資格・チャイルド心理資格を取得するには、どのように学習すればよいのでしょうか。

この章では、3つの学習方法をご紹介します。

専門学校やスクールに通う

資格を取得するために、専門学校やスクールに通う方法があります。

専門学校やスクールで子供心理やチャイルド心理を学べば、学校独自のテキストや確実に合格するために組まれたカリキュラムなどで学習できます。
また、学校形式で定期的に学習できるため、集中力の維持の面でも効果が高いでしょう。

一方で、費用面と通学の手間の負担が専門学校やスクールに通うことのデメリットになるでしょう。

独学で学ぶ

資格の学習は、独学でも可能です。

子供心理については社会的にニーズが高いこともあり、多くの書籍や資格対策テキストが市販の書店で購入できます。
独学の最大のメリットは、書籍代しか費用がかからないことと、負担がかからないことです。

ただし、自分でスケジュールや目標管理をしなくてはならないことや、分からない問題にあたったときに相談・質問できないことが問題になる可能性があります。

通信講座を受ける

子供心理資格に関しては、通信講座もあります。

独自のテキストで体系的に学べるため理解が深まりやすく、わからないことを質問できるサポート体制も整っています。
在宅で学習するため、仕事や育児の空き時間を上手に利用して学習できます。学校やスクールより費用を抑えることも可能です。

子供心理資格・チャイルド心理資格のおすすめ通信講座2選

この章では、子供心理資格・チャイルド心理の資格を目指せるおすすめの講座を2つご紹介します。

講座の内容や受講方法を理解して、資格取得のために学習を始めましょう。

SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの子供心理資格講座は、各資格団体に認定された講座です。
SARAスクールの講座で取得できる資格は、「子供心理カウンセラー」と「チャイルド心理カウンセラー」の2つの資格です。

SARAスクールの講座には基本コースとプラチナコーストがあります。

○基本コース
基本コースは受講料を抑えながら、子供心理資格取得に必要な知識を学べます。
資格試験の受験申込みと受験料の支払いは受講者自身でおこなう必要があります。

○プラチナコース
プラチナコースは、基本コースより費用がかかりますが、講座を受講して課題を提出するだけで、修了時に2つの資格を取得できます。
また、プラチナコースを受講すれば資格試験の受験は免除されます。

受講期間の目安は、基本コースは約3カ月間、プラチナコースは約1カ月間です。
在宅で学習できるため、子育てに忙しい主婦でも受講できます。

SARAの子供心理資格講座で2つの資格を取得し、プロのカウンセラーとして活躍しましょう。

諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの子供心理カウンセラーW資格取得講座では、各資格団体に認められた教材で、初心者でもわかりやすく学習できます。
講座を修了すれば、「子供心理カウンセラー」と「チャイルド心理カウンセラー」の2つの資格を取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングの講座のコースは2つです。

○スペシャル講座
スペシャル講座では、課題を全てクリアして講座を修了すると、検定試験が免除され、卒業と同時に2つの資格を取得できます。

○基本講座
基本講座は、スペシャル講座より費用を抑えられる代わりに、講座修了後、自身で検定試験に申込み受験しなければなりません。
試験に合格することで資格を取得できます。

受講期間の目安は約6カ月間ですが、早く資格を取得したい人は最短2カ月間での受講が可能です。

受講期間の希望や予算を考えて、自身に合ったコースを選びましょう。

まとめ

子供心理資格は、子供と接する仕事をより円滑に進めるためにも、育児に苦しんでいる保護者を適切にサポートするためにも役立てられる資格です。

子供心理学では、胎児から思春期まで子供発達に合わせて、子供の心理と体の発達を体系的に学べます。

その知識を活かして、自身の子育ての悩みを解消するだけでなく、子育てに悩む親の悩みを解決したり子供に適切なアドバスを送ったり、子供が健康で安全に育つ手助けをすることができます。

子供心理を専門的に学んで資格を取得し、子育てや子供と接する仕事に活かしましょう。