• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > 水耕栽培資格取得講座 > 水耕栽培のメリットとデメリットについて

水耕栽培に関するコラム

水耕栽培資格取得の通信教育講座

水耕栽培の特徴は?メリットとデメリットについて解説!

水耕栽培の特徴は?メリットとデメリットについて解説!

水耕栽培には、どのような特徴があるか知っていますか。「水耕栽培」についてなんとなく知っているという人でも、水耕栽培のメリットやデメリットを詳しく説明できるという人はあまりいないのではないでしょうか。水耕栽培にはさまざまな特徴があるので、はじめる前にしっかり確認しておきましょう。

今回は、水耕栽培のメリットやデメリットについて解説します。水耕栽培の特徴について確認したい人は、ぜひチェックしてみてください。

水耕栽培のメリット

水耕栽培には、さまざまなメリットがあるといわれています。具体的に水耕栽培には、どのようなメリットがあるのでしょうか。水耕栽培を始めるなら、まずは水耕栽培のメリットについて詳しくみておいたほうがよいでしょう。そうすれば、水耕栽培をより楽しめる可能性が高いです。ここでは、水耕栽培のメリットについて詳しく紹介してみます。

室内で栽培できる

水耕栽培は室内でもおこなうことが可能です。室内で栽培できるので、野菜の成長が気候に影響されることがありません。そのため、収穫の時期をあらかじめしっかりと予測することが可能です。雨や日に当たりすぎる心配もないので、忙しくても自分のペースで栽培を楽しむことができます。庭で野菜を育てるとなると、世話のために毎日庭に出るのは意外と大変です。水耕栽培であれば、毎日の生活の一部として野菜の世話ができるので、始めるハードルも低いといえるでしょう。

少ないスペースでも栽培可能

水耕栽培は少ないスペースでもおこなえます。土をプランターにいれておこなう栽培に比べて省スペースなので、家の限られたスペースの中であっても邪魔になりにくいといえます。いくらおいしい野菜を育てられるといっても、家の中の場所をとりすぎるようでは困りますよね。水耕栽培であれば、最低限のスペースを確保できれば問題ないので、マンションや狭小住宅でも育てやすいといえるでしょう。

土を使わないので衛生的

すでに触れていますが、水耕栽培は土を使わずに植物を育てることができます。そのため、室内で育てる場合でも衛生的です。どうしても、土を使う場合は雑菌や汚れの問題が気になりますが、水耕栽培ならそういった心配をしなくて済むのです。土を使わないので、重いプランターを運ぶ必要もありません。土を購入する必要もないので、誰でも気軽に始めることが可能です。

無農薬野菜が食べられる

水耕栽培は農薬使わずに野菜を育てられます。そのため、無農薬野菜を食べたい人にもおすすめです。無農薬野菜なら、大切な家族にも安心して食べさせることができます。自分でイチから育てているからこそ、そういった安心感を得ることができますね。普段から野菜の安全性を気にしている人であれば、より水耕栽培はおすすめだといえます。

お金をかけずに始められる

水耕栽培の魅力は、始めるのにお金がかからないところでもあります。たとえば、水耕栽培に利用するプランターは空き容器でも問題ありません。さらに、野菜の切れ端などを再利用し、新たに野菜を育て始めることもできます。すでに身のまわりにあるものを上手に活用すれば、ほとんどお金をかけずに水耕栽培を始めることができるのです。土を使った植物の栽培では、専用のプランターや土などさまざまなものを用意しなければなりません。初心者が始めるとそれなりに費用がかかるものです。水耕栽培なら、より気軽に野菜作りを始められます。

手間が少ない

水耕栽培は、植物を育てるうえでの手間が少ないです。通常の栽培であれば、土づくりから始める必要がありますし、植物を育てるなかでは雑草抜きや害虫駆除も必要です。毎日の水やりも必須なので、とても手間がかかるでしょう。水耕栽培であれば、そういった一般的な栽培の手間がかかりません。忙しくても十分な手入れをおこなうことができるでしょう。

インテリアになる

水耕栽培は室内でも育てられるので、インテリアとしても楽しめます。植物のグリーンをいつでも楽しめるので、癒しを感じることができます。おしゃれな観葉植物を購入するとなると、それなりに高い金額がかかりますよね。しかし、水耕栽培をその代わりとすれば、気軽にグリーンを楽しむことが可能です。

水耕栽培のデメリット

水耕栽培にはメリットがたくさんありますが、デメリットはないのでしょうか。実は水耕栽培にはデメリットが少ないといわれています。とはいえ、気になる点がまったくないというわけではないので、ここで確認しておきましょう。水耕栽培を家の中でおこなう場合、大きく育つ野菜は選べません。そのため、水耕栽培をするなら、小ぶりなものが中心となります。さらに、家の中で育てるといっても、ある程度の日当たりは確保する必要があります。日照時間によっては栄養価に差が出ることもあるため注意が必要です。

水耕栽培野菜の特徴

水耕栽培で育てた野菜は、どのような特徴をもっているのでしょうか。土で育てた野菜と比べた場合、さまざまな違いが見られます。ここでは、水耕栽培で育てた野菜の特徴について紹介します。

葉が柔らかい

水耕栽培で育てた野菜は、葉が柔らかいという特徴があります。柔らかい野菜は食べやすく、子どもでも美味しく食べることができるでしょう。生で食べる野菜であれば、葉が柔らかいというのは特に大きなメリットとなります。

香りがソフト

水耕栽培で野菜を育てると、香りがソフトになります。野菜によっては独特の香りがあり、それが苦手だという人もいるでしょう。しかし、水耕栽培で育てた野菜であれば、そういった香りの特徴をソフトに抑えることができます。水耕栽培で野菜を育てて食べてみれば、苦手な野菜の克服につながるかもしれません。野菜の新しい魅力に気が付くチャンスにもなるでしょう。

癖がなくなる

水耕栽培で育てた野菜は、より食べやすい味になることも多いです。通常であれば癖がある野菜も、その癖が抑えられます。そのため、春菊やホウレンソウのエグミも抑制され、おいしく食べることが可能です。香りがソフトになることと合わせて、野菜が食べやすくなります。

調理しやすい

水耕栽培は土を使わないため、収穫した野菜にも土がついていません。そのため、野菜の調理がしやすいです。そのままサッと野菜の表面を洗い流せば、そのまま調理に使用することができるでしょう。無農薬で作った野菜であれば、それだけで野菜本来のおいしさを楽しむことができます。

水耕栽培のメリットやデメリットをしっかり理解しておこう!

水耕栽培のメリットやデメリットをしっかり理解しておこう!

水耕栽培にはさまざまなメリットがあります。そのため、植物を育てたいと思うなら、水耕栽培はとてもおすすめの栽培方法のひとつです。水耕栽培は家にあるもので始めることができるので、試しに一度野菜を育ててみてはいかがでしょうか。一部家の中で育てるのには向いていない野菜もありますが、それでもかなりたくさんの種類の野菜を選ぶことができます。まずはいつもよく食べている野菜を選び、収穫して食べてみてください。少しずつさまざまな野菜を選んでみると、より水耕栽培を楽しくおこなうことができるでしょう。水耕栽培にはデメリットは少ないので、初心者でもスムーズにおこなうことができますよ。水耕栽培のメリットとデメリットを理解して、水耕栽培を始めてみてください。

水耕栽培を学ぶなら

水耕栽培通信講座

SARA の水耕栽培資格講座は 2 種類の水耕栽培資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


水耕栽培に関する記事一覧

水耕栽培についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
水耕栽培基本コース
水耕栽培資格を目指すコース!!
水耕栽培人気講座
水耕栽培資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

水耕栽培プラチナコース
水耕栽培資格を楽に取得!!
簡単資格取得
水耕栽培資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

水耕栽培資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

水耕栽培資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座