資格を仕事に!子ども心理講座の資格が活かせる職とは?

 

資格を仕事に!子ども心理講座の資格が活かせる職とは?

 

いじめや不登校など、心に悩みを持つ子供が増えている現代社会では、子供の心の発達、心理状態に寄り添える存在が必要とされています。そのため、心の発達段階に応じた子供の心理に関する知識を備えていれば、気持ちをくみ取ることができる人材として、活躍の場も広がっていきます。子供の心理に関する資格と、その資格を活かせる仕事について紹介します。

子ども心理が社会に必要とされている背景

少子化が進む現代社会では、赤ちゃんや幼児と実際にふれ合う機会や経験のない大人が増えつつあります。核家族化に加えて、女性の社会進出に伴い、保育分野のニーズが高まる一方で、ベビーシッターや保育士といった職種の人材不足が課題となっているのが現状です。

こうした背景がある中で注目を集めているのが、子供の心の在り方をサポートする子ども心理の資格です。子供の心理に関する知識を持ち、赤ちゃんや幼児の成長に合わせた気持ちや、その心の変化を正確にくみ取りながら接することができると、子育てを頼りたいと考える母親やその家族の心身の負担を軽減させることができます。そのため、こうした子供の心理に関する知識や能力に長けた人材は、これからの社会に重宝される存在となるでしょう。

子ども心理講座で取得できる資格とは?

 

子ども心理講座で取得できる資格とは?

 

子ども心理講座を学ぶことで取得でき、社会で役立つ資格には、「子供心理カウンセラー」と「チャイルドカウンセラー」があります。それぞれどのような資格なのでしょうか。

子供心理カウンセラー

子供心理カウンセラーは、子供の心の発達や、家族や社会との関係といった、子供の人格や性格を形成していく事柄に関する知識を持ち、カウンセリングやアドバイスを行うスキルを有することを証明する資格です。

まだ、おなかの中にいる赤ちゃんから乳児期、幼児期、学童期、思春期などの子供の成長に応じて、

・親や周囲の人々の関わり方がどのような影響を与えるのか
・子供が見せるしぐさからはどのような心理が読み取れるのか
・子供の抱える悩みや問題への接し方

といったことについて、適切なアドバイスができる知識やスキルを身に付けることができます。

チャイルド心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラーとは、胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までのそれぞれの段階における子供の心理や発達について深く理解し、子供の悩みや問題に対してカウンセリングやアドバイスができるスキルを有していることを証明できる資格です。

・家族構成が子供の成長に与える影響
・赤ちゃんが泣く心理
・小学校低学年から高学年、中学生にかけての心の発達と心理
・学校と子供
・反抗期における接し方

上記のような、子供の発達に合わせた心理に関する知識を得ることができ、カウンセラーとしてさまざまなフィールドで活躍することができるようになります。

子ども心理講座はどんな人に合う資格?

子ども心理講座で取得できる資格は、次のような人におすすめです。

・子供の幸せを一番に考えられる人
・柔軟な考え方ができる人
・思いやりのある人
・人の話を聞くことが好きな人

感受性が豊かな子供の心理を専門とするカウンセラーは、さまざまな悩みや問題を持つ子供の、話を聞くプロです。相手との信頼関係を築くコミュニケーション能力をはじめ、立場や状況に対して柔軟に対応できる力や、共感力といった高いスキルが求められます。

この資格が活かせる仕事とは?

この資格が活かせる仕事とは?

子ども心理講座で取得できる資格は民間の資格ですが、これらはどのような分野の仕事で活かすことができるのでしょうか。

保育・教育関係

保育士や教諭の資格を有する方であれば、子供の心理に関する知識やスキルを、より仕事に活かすことができるでしょう。また、子供の気持ちに寄り添うことを必要とする、学童のスタッフやベビーシッターなど、保育・教育関係の仕事全般で活かせる資格でもあります。

カウンセリング

臨床心理士など、カウンセリングをメインの仕事としている方の場合も、子供に特化した心理の資格は役立ちます。また、子供専用の電話などで相談ができる窓口など、子供の抱える悩みや疑問を受け止める仕事でも活躍できるでしょう。

習い事の先生

ピアノやダンス、英会話教師など、子供を生徒に持つ習い事の先生にも、子ども心理講座の資格取得はおすすめです。壁にぶつかってしまった生徒を元気付けたり、悪ふざけをしてしまった生徒を叱ったりするときにも、適切な言葉を選ぶことができるようになるでしょう。

仕事に役立つSARAの子ども心理講座

仕事に役立つSARAの子ども心理講座

子供の心理に関する資格は、独学でも習得可能です。しかし、より高い技術を身に付けたり、子供の成長段階に応じた心理について幅広い知識を得たりするために、通信講座で学ぶことをおすすめします。

SARAの子ども心理講座は、1日30分・半年間で学習を終えることができるよう、カリキュラムが組まれています。オリジナルの教材は、初心者にもわかりやすい内容になっているため、安心して学習することができます。

講座修了後、試験に合格すれば、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「子供心理カウンセラー」と、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の「チャイルド心理カウンセラー」という2つの資格を取得できます。こうした資格取得をゴールに設定することで、学習のモチベーションも上がりやすくなるのです。

子ども心理講座の資格を仕事に活かそう!

子ども心理講座で取得できる資格を活かし、福祉関係の仕事に就いたり、資格を活かして自宅やカルチャースクールなどで子供の心理に関する専門家として講師活動をしたりすることが可能です。現在、保育士やピアノなどの習い事の講師として働いている方も、資格取得によって、子供の心理を深く理解しながら接することができるようになるでしょう。

より子供の心理を理解して仕事に活かしたい方や、講師活動などを副業にしたいという方は、SARAの子ども心理講座の受講をご検討ください。


TOPへ