幼児食資格とは?子供の食事を学べるおすすめ資格 | 資格取得の通信講座・通信教育SARAスクール
  • TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声

幼児食に関する資格は子供の食生活に役立つ!資格の魅力とメリット

幼児食とは、1歳頃から6歳頃までの子供のための食事のことです。この時期の子供は、脳や体が著しく発達するため、その成長を支える日々の食事が重要な意味を持ちます。そのため、子供の食事は悩みの種になっているという親も少なくありません。
ここでは、幼児食の大切さや、幼児食の資格を活かして活躍できるフィールドのほか、幼児食の資格が役立つシーンをご紹介します。

幼児食に関する資格は子供の食生活に役立つ!資格の魅力とメリット
幼児食資格取得講座

幼児食の資格が重視される理由

子供のすこやかな成長を支えるために必要な要素として、幼児食があらためて見直されるようになってきました。それとともに、幼児食の専門知識を持った有資格者が注目を集めています。幼児食の資格が重視されるようになった理由には、次のようなものがあります。

幼児期の食事は将来の成長や味覚に影響する

心身が発達する1~6歳頃は、将来の体づくりの土台となる大切な時期です。そのため、子供の成長や体格に応じて必要な栄養素を与えてあげることが重要になります。また、幼児期は体とともに味覚も発達し、人の味覚は3歳までにほとんど決まるともいわれています。この時期に口にする食事は、一生の味覚に影響するといっても過言ではないかもしれません。

食習慣は心の成長にも影響する

食事は、ただ栄養を摂取できればいいというものではありません。子供は食事を通して、家族とのコミュニケーションや食べる楽しさ、食材のおいしさなど、さまざまなことを学んでいきます。同時に、食器の使い方や食事のマナーなどを教える、食育の場としての役割も果たします。

子供の食事に悩む親が増えている

遊び食べや好き嫌い、少食・食べすぎなど、子供の食に関する親の悩みは尽きません。特に近年は、核家族化が進み、子供の食事の悩みを誰にも相談できず、ひとりで抱え込んでしまっている親も少なくありません。幼児食の知識を身に付ければ、子供の発達に応じた対処法や食事の与え方がわかり、親としての気持ちも楽になるでしょう。

アレルギー対応の幼児食へのニーズが増加

子供が食物アレルギーと診断された場合は、医師の指導を仰ぎながら、慎重に対応していく必要があります。しかし、アレルギー対応食は、使用できる食材や調味料が制限され、正しい知識がないと家庭で毎日作り続けるのはたいへんです。幼児食に関する資格を取得すると、アレルギーについても学ぶことができます。アレルギー体質の子供でも、楽しく食事をするための工夫ができるようになるでしょう。

幼児食に関する資格の取得はこんな人におすすめ!

幼児食に関する資格の取得はこんな人におすすめ!

幼児食の知識は、子供と食に関わるすべての人に役立ちます。中でも、次のような人は幼児食に関する資格の取得がおすすめです。

子供の年齢や発達に合わせた食事を作りたい人

幼児期の子供は、年齢や発達によって食べる量も噛み切れる硬さも異なります。また、食事の仕方も、手づかみからフォークやスプーン、お箸と、成長するに従って変わっていくものです。幼児食の知識を身に付ければ、一人ひとりの子供の状態に応じた適切な食事を用意できるようになります。「おいしく食べた」「自分で上手に食べられた」という達成感は、子供の自発性を促すことにもつながるでしょう。

子供の好き嫌いや遊び食べなどを解消したい人

「子供が好きな物ばかり食べようとする」「食べ物で遊ぶのをやめさせたい」と悩む親は多いものです。幼児食について学ぶことで、子供がなぜ遊び食べをしてしまうのか、好き嫌いを減らすにはどんな方法が効果的なのかがわかるようになり、適切に対処で���るようになるでしょう。食事のたびに感じていたイライラや��トレスも、きっと軽くなるはずです。

食事づくりの負担を軽くしたい人

子供の食事は大人と同じメニューというわけにはいかず、毎日の食事づくりを負担に感じている親も少なくありません。幼児食に関する資格を取得すると、子供におすすめの食材を使ったメニューや季節の献立など、実践的なレシピを数多く習得できます。料理のレパートリーが広がり、献立を考えるのも楽しくなるのではないでしょうか。

妊娠中や初めて離乳食・幼児食を作る人

初めての離乳食・幼児食は、使用する食材や栄養バランス、子供がちゃんと食べてくれるかなど、不安が募るものです。幼児食に関する資格の取得を目指し、正しい知識を学んでおくことで、自信を持って子供の食事づくりに取り組めるでしょう。女性の場合、出産後は体力が低下し、赤ちゃんのお世話で忙しくなるため、時間のある妊娠中に資格を取得するのもおすすめです。

子育てに悩む親をサポートしたい人

子供の食事に関することは、多くの親に共通した悩みです。幼児食に関する資格で専門知識を身に付ければ、子供の食事に悩む親に、適切なアドバイスをしてあげることができるでしょう。自分の経験も交えて役立つ情報を伝えることができれば、多くの親の助けになるに違いありません。

子供に関わる仕事に就きたい人

保育園や幼稚園をはじめ、児童館、飲食店、食品メーカーなど、幼児食の知識を活かせるフィールドは多岐にわたります。食物アレルギーの子供の増加や、食育への関心の高まりに伴い、幼児食に関する資格保有者に対するニーズは今後ますます高まっていくでしょう。将来、子供に関わる仕事に就きたい人はもちろん、すでに子育てに関わる仕事をしている人にとっても、幼児食に関する資格取得はキャリアアップにつながるはずです。

幼児食に関する資格とは?

幼児食に関する資格とは?

幼児食に関する資格には、さまざまな種類があります。通信講座で取得可能な資格には、次のようなものがあります。

幼児食マイスター

幼児食マイスターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。子供の成長に合わせた献立や幼児食に向く食材、避けるべき食材などの知識が習得できます。また、アナフィラキシーショックへの対処法や、食に関するしつけ方なども身に付けたことの証明になります。

ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。旬の食材を使ったメニューやイベントごとの献立、幼児食に向いた食材、必要な栄養素・量などについて正しく理解している人が認定されます。

幼児食に関する資格を活かせるフィールドは?

幼児食に関する資格を取得すると、さまざまなシーンで活かすことができます。具体的には、下記のようなシーンが挙げられます。

家庭での子育て

幼児期の子供を持つ人であれば、幼児食の資格によって学んだ知識を、毎日の食卓ですぐに実践することができます。友人が子供の食事について悩んでいた場合も、資格を活かして、より具体的で役立つアドバイスが可能になります。親子同士で集まってホームパーティーを開く際にも、子供に喜ばれるメニューを用意できるでしょう。

保育園や幼稚園

保育園や幼稚園では、子供の食事に悩む保護者から相談を受けることもよくあります。そのようなときに幼児食に関する資格があれば、保護者の悩みに対して適切なアドバイスをすることも可能です。園での昼食やおやつの際にも、子供の年齢や成長に応じた食事の工夫ができるでしょう。保育園や幼稚園で働く上で必須ともいえる、食物アレルギーへの対処法も身に付きます。

キッズメニューを提供する飲食店

子育て世帯が多い地域を中心に、子連れで利用できるキッズカフェや親子カフェが増えています。また、一般の飲食店でも、家族連れの来店客に向けて、お子様メニューを提供している店はたくさんあります。幼児食の知識を活かし、食材や盛り付けにもこだわったキッズメニューを開発すれば、店の売上アップにも貢献できるはずです。

子育て支援センター

子育て中の人にとって、子育て支援センターのスタッフは、子供に関する悩みを気軽に相談できるアドバイザー的存在です。幼児食の専門知識があれば、子供の食事に関する相談にも、不安な気持ちに寄り添いながら適切なアドバイスができるでしょう。また、子育て支援センターは、親子クッキングや食育イベントなどが開催されることも多く、そのような場でも幼児食に関する資格は役立ちます。

料理教室や食育教室を開く

幼児食に関する資格を活かして、子供向けの料理や食育に関わる教室を開くこともできます。自宅のキッチンを利用した料理教室なら、資格を副業に活かしたいという人にもおすすめです。幼児食や食育をテーマにしたセミナーで、講師として活動することも可能です。

幼児食の知識を学ぶ方法は?

幼児食を実践レベルで身に付けるには、食事や栄養だけでなく、子供の成長と発達などと併せて、幅広い知識を学ぶ必要があります。幼児食に関する知識やスキルを学ぶには、下記のような方法があります。

書籍などで独学する

子供の食事に関する専門書やレシピ本は、数多く販売されています。「まずは幼児食がどのようなものかを知りたい」という場合は、そのような本で勉強してみるのもひとつの方法です。しかし、幼児食を深く理解するには、食事の作り方だけではなく、子供の心身の健康と発達や、栄養の専門知識も体系的に身に付ける必要があるため、独学ですべてを習得するのは難しい場合もあります。

セミナーや講習会に参加する

幼児食に関するセミナーや講習会に参加することで、幼児食の基本的なポイントを知ることができます。子供がテーマのセミナーや講習会は、子連れ参加ができたり託児サービスを利用できたりするものもあるため、子育て中の人でも気軽に参加しやすいでしょう。しかし、そのようなセミナーは1回から数回の単発開催が多いので、資格取得を目指すのであれば、別の勉強を加える必要があるかもしれません。

通信講座で資格を取得する

子育て中の人に人気なのが、通信講座で幼児食の資格がおすすめです。通信講座であれば自分の都合に合わせて勉強を進められるので、子供のお昼寝中や寝かし付け後など、隙間時間を活用して無理なく資格を目指すことができます。

幼児食に関する知識は、子供の健康と成長の土台になる

幼児期の食事は、心と体の発達の基礎ともいえる大切なものです。幼児食で子供の食生活をより良い状態に導くことができれば、必要な栄養の摂取とともに生活リズムを整え、すこやかな成長を促せるでしょう。
「子供の食事で悩んでいる」「これからの子育て世代をサポートしたい」という人は、幼児食に関する資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

幼児食を学ぶなら

幼児食通信講座

SARAの幼児食資格講座は2種類の幼児食資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。



幼児食に関する記事一覧

幼児食資格取得講座

幼児食資格講座について

各種資格ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座