通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

講座の特長 カフェオーナー

豆の知識やコーヒーの淹れ方を学び、2つの資格が取得できる講座。

本講座は、豆の知識や種類、見分け方や焙煎方法、豆のブレンド、エスプレッソデザイン、また美味しいコーヒーの淹れ方やコーヒーショップ、カフェ開業方法、開業後のノウハウなど、コーヒーに関わる様々な事を学習し、日本安全食料料理協会が主催する、「コーヒーソムリエ」「カフェオーナースペシャリスト」の2資格取得を目指す講座となっています。

image01

プロも使用するエスプレッソマシン、サイフォンが付属

教材にはプロも使用するエスプレッソマシン、サイフォンが付属されています。テキストの手順に沿って付属のエスプレッソマシンとサイフォンを使用し、実際にコーヒーを淹れながら美味しい本格的なコーヒーの淹れ方を覚える事ができます。

image02

副業にも独立開業にも。カフェ開業の方法まで学べちゃいます。

image03

「いつか自分のコーヒーショップを開いてみたい」とお考えではありませんか?一言に『開業』と聞くととてもハードルが高いように感じてしまうかもしれませんが「開業方法」や「開業後のノウハウ」を学んでしまえばそのハードルはグッと下がります。SARAスクールジャパンはアナタの”夢”を応援します。

受講費用

基本コース

95,000円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

115,000円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

カフェコーヒーの種類、カフェコーヒーと言えば、淹れ方やミルクとの調合の仕方で、エスプレッソやカフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェマキアート、カフェモカ、アメリカーノなど様々なコーヒーのタイプが存在します。
こういった世界のどこでも通用するようなコーヒーの淹れ方の種類とは別に、コーヒーの豆の種類や原産地によって味も様々あります。世界的にみると、ブラジルコーヒーやグアテマラコーヒー、ベトナムコーヒー、エチオピアコーヒーなども有名ですがバリ島などではジャコウネコの糞から作る世界で一番高価なコーヒーなどもあります。
独自のカフェコーヒー文化が生み出したコーヒーの種類などもあります。カフェ文化が盛んなオーストリアのウィーンではリキュールなどのお酒を入れたコーヒーがあります。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ