• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 健康食の資格取得講座一覧 > 発酵食品資格取得講座 > 発酵食品に関わる仕事や資格について

発酵食品に関するコラム

発酵食品資格取得の通信教育講座

発酵食品に関わる仕事って?役立つ資格を取ろう

 

発酵食品に関わる仕事って?役立つ資格を取ろう

発酵食品に関わる仕事は、いろいろとあります。そのため、発酵食品に興味があり、仕事にしたいと思う場合でも、自分に合った仕事を選びやすいといえるでしょう。とはいえ、どの職種を選ぶとしても、発酵食品に関する最低限の知識は必要になります。そのためには、発酵食品に関する資格を取得することで、知識をしっかりとアピールすることができるはずです。

今回は、発酵食品に関わる仕事について説明します。役立つ資格についても説明するので、これから発酵食品に関わる仕事に就きたい人は、参考にして資格取得を目指してください。

発酵食品に関わる仕事

発酵食品に関わる仕事としては、さまざまなものがあります。発酵食品に関わる仕事とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、発酵食品に関わる仕事の具体的な例について説明します。発酵食品に関わる仕事をイメージするための参考にしてみてください。

発酵食品メーカー

発酵食品に関わる仕事としては、発酵食品を製造しているメーカーに就職するというのが手っ取り早い方法です。発酵食品を製造しているメーカーとしては、販売、企画、製造などさまざまな職種があります。直接発酵食品を自分の手で作らないとしても、発酵食品に関わる仕事はたくさんあります。自分自身のスキルや経験を活かして、発酵食品に関わる仕事するというのもひとつの手だといえます。その場合でも、発酵食品について新たに学んだ知識などは、仕事上でしっかりと活かすことが可能です。

醸造・発酵技術者

発酵食品に関わる仕事としては、醸造・発酵技術者というものもあります。発酵食品を自分の手で作る仕事であるため、発酵食品に深く関わることのできる仕事です。実際に発酵食品を作る必要があるため、さまざまな知識やスキルが求められます。おいしい発酵食品を作ることで、多くの人においしさを届けることができ、やりがいも大きな仕事であるといえます。

発酵食品技術職に必要なこと

発酵食品を作る専門の技術者になる場合、どのような知識やスキルが必要になるのでしょうか。発酵食品を作る仕事は、専門性がとても高いため、さまざまな知識やスキルが求められます。発酵食品を作る技術者になりたいのであれば、そういった部分もしっかりと理解して勉強を進めておく必要があります。ここでは、発酵食品技術職に必要なことについて説明します。

微生物に関するバイオテクノロジーの知識や技術

発酵食品を作る専門の技術者になりたいのであれば、微生物に関するバイオテクノロジーの知識や技術が必要です。単に発酵食品を作るための手順を理解していればいいのではなく、それぞれの過程でどのような作用が起きているのかしっかりと説明できるようでなければなりません。きちんと微生物による作用を説明できることは、食品に対して責任をもつということでもあります。微生物を使って作る発酵食品は、管理を間違うと腐敗してしまう可能性もあるので注意が必要です。そういったことを排除し、徹底的に食品を管理するためには、高い技術や経験も必要になります。

有利な資格

発酵食品を作る職業に就きたいなら、資格をもっていると有利になることもあります。発酵食品を作る専門の技術者としてもっておくとよい資格は、たくさんの種類があります。ここでは、特にもっておくとよいといえる資格について説明します。

 *バイオ技術者認定試験

発酵食品を作る仕事をしたいなら、バイオ技術者認定試験を受けておくと有利になる可能性があります。バイオ技術者認定試験は、バイオ技術者に必要な知識や技術があることを認定できる試験です。バイオ技術者認定試験は日本で最も歴史がある資格試験であるため、取得しておくと信頼性を高めることにも役立つでしょう。試験は毎年1回のみの開催で、初級、中級、上級の3つに分かれています。

 *危険物取扱者

危険物取扱者は、一定数量以上の危険物を貯蔵していたり取り扱っていたりする工場などで必要になる資格です。発酵食品を製造する工場では、さまざまな設備を導入しているので、危険物取扱者の資格をもっている人が必要になることも多いです。そのため、危険物取扱者の資格をもっていれば、仕事上有利になる可能性があります。試験は全国各地で実施されており日程も多いため、取得しやすいのも魅力的です。

 *食品衛生責任者

食品衛生責任者は、食品を取り扱う施設で必ず所有者がいなければならない資格です。施設で食中毒や食品衛生法の違反を犯さないように注意するための責任者としての役割が求められます。食品に関わる仕事をするのであれば、食品衛生責任者の資格ももっておくと安心です。資格を取るには講習の受講が必要ですが、栄養士や調理師などの免許をもっている人は講習を受けなくても食品衛生責任者になることができます。

醸造技術者になるには?

醸造技術者になる場合、具体的にどのような流れで進路を進むのが一般的なのでしょうか。基本的には、高校卒業後、専門学校または大学に進学したのち、メーカーや研究機関に就職するケースが多いです。専門学校なら食に関する学校を卒業している人が多くこの道を進んでいます。また、営業職や企画職などにつく人は、大学で食とはまったく関係のない分野を学んでいる人も少なくありません。

発酵に関わる資格

発酵に関わる資格としては、さまざまなものがあります。未経験から発酵に関わる仕事を目指すなら、発酵について理解を深められる資格を取得するのもひとつの手です。ここでは、発酵に関わる資格について、例を紹介します。発酵に関する仕事に就きたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

酵食健康アドバイザー

酵食健康アドバイザーは、発酵食品や発酵食品を使って作る料理についての知識を学べる資格です。発酵食品ができる過程についても学ぶことができるため、発酵食品について詳しく理解を深めることができます。発酵食品がもたらす効果についても触れられるので、自分の食生活にも活かすことができる資格です。学ぶ内容が幅広いため、難しく感じる場合もあるかもしれません。とはいえ、一度しっかり学べば仕事はもちろん、さまざまな場面で役立てられる可能性が高いです。

有機美容発酵食品マイスター

有機美容発酵食品マイスターは発酵に関する菌の働きを詳しく学び、発酵食品の美容や健康に対する効果を詳しく説明できるようにすることを目的とした資格です。女性が取得するケースが目立ちますが、最近では発酵食品の健康効果から男性の取得者も増えています。腐敗と発酵の違いなど、発酵において重要なポイントも学べるようになっているため、発酵について詳しい知識を身につけたい人にはおすすめの資格です。

発酵食品に興味があるなら資格を取得して仕事にしよう

発酵食品に興味があるなら資格を取得して仕事にしよう

発酵食品に関する仕事に就きたいなら、資格を取得しておくと有利になる可能性が高いです。発酵食品について学べる資格はたくさんあります。資格によって学べる内容や難易度にちょっとした差があるので、自分の求める知識量やレベルに合わせて選ぶとよいでしょう。発酵食品はおいしいだけでなく、人の体にさまざまなよい効果をもたらします。発酵食品に関係する仕事に就けば、多くの人に発酵食品の魅力を伝えることができるでしょう。発酵食品に関わる仕事をすれば、多くの人の役に立つことができるはずです。

発酵食品を学ぶなら

発酵食品通信講座

SARA の発酵食品資格講座は 2 種類の発酵食品資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


発酵食品に関する記事一覧

発酵食品についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
発酵食品基本コース
発酵食品資格を目指すコース!!
発酵食品人気講座
発酵食品資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

発酵食品プラチナコース
発酵食品資格を楽に取得!!
簡単資格取得
発酵食品資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

発酵食品資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

発酵食品資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座