通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

レターライティングについて

夕食はなぜ寝る前3時間までにとることが重要なのか

「食べてすぐ寝るとウシになる」という諺があります。諺は人間の経験の積み重ねなので、事実なのかもしれません。食事由来のエネルギーが就寝中は体脂肪に変わりやすいため、ダイエット中は朝食、昼食を気にすることはありません。夕食で体脂肪に変わる食べ物に気をつけましょう。消化管が活動しているので、興奮状態になって寝付きが悪くなります。胃の中が空っぽの場合には消化のためのエネルギーが不要になります。血液がすべて能に集まり、脳が覚醒状態になってしまいます。

自律神経の仕組み

自律神経とは脳が命令を出すことがなくとも、色々な臓器を動かすことができる神経です。(自律神経は脳の命令を拒否しているわけではありません。脳からの命令も受け付けます)自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。交感神経は活動しているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときに働きます。副交感神経は休息しているとき、体を回復(食事をしているとき)しているときに働きます。交感神経と副交感神経は交互に働き、同時に働くことはあまりありません。この観点から見ると食事をすることで、自律神経系は交感神経優位から副交感神経優位に変化します。食事をするとすぐ眠くなるのはこの機能が働くからです。少なくとも自律神経の働きから考えると、食事によって副交感神経が働き消化液の分泌を促進し、瞳孔が小さくなり、血圧は低くなり、膀胱は収縮して尿を排泄する方向に働きます。呼吸運動も抑制するので、眠る方向に向かいます。ただ睡眠というのは脳が命令するものです。抗不安薬などの薬は脳の活動を抑えて、睡眠に導きます。また、睡眠導入剤と言われるものも脳に作用します。ですから、布団に入ってから、電子機器のスクリーンを見続けると、目は直接脳とつながっているので、眠気を払ってしまいます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ