• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声

良好な人間関係を構築するには?悩んだときの対処法を紹介

他人と関わるときには、誰しもいい関係を築きたいと思うもの。円滑な人間関係を築くことができれば、仕事や日常生活の充実度や楽しさが変わるでしょう。しかし、現代社会は人間関係を良好に保つことに、難しさを感じている方が多いのも事実です。
ここでは、良好な人間関係を構築するための方法と、人間関係に悩んだときの対処法について解説します。

良好な人間関係を構築するには?悩んだときの対処法を紹介
心理カウンセラー資格・メンタル資格取得講座

良好な人間関係を構築するためのポイント

人間関係を構築するために大切なポイントには、どのようなものがあるでしょうか。まずは、基本的な考え方や行動についてご紹介します。

コミュニケーションをとる

良好な人間関係を構築するための第一歩は、相手としっかりとコミュニケーションをとることです。相手の目を見て適度なあいづちを打ち、笑顔を絶やさず会話を弾ませることができればお互いの理解度が深まり、信頼関係を築いていくことができるでしょう。

相手の立場になって考える

人との関わり合いでは、常に相手の立場になって考えることが大切です。相手がどのような気持ちであるかを考えた上で行動するなど、他人と接するときには配慮の積み重ねが必要です。特に、知り合って間もない場合は、より慎重に相手の気持ちを優先したいものです。

相手が不快に思う発言・行動をしない

良好な人間関係を築く上で重要なのが、相手が不快に思う言動をしないことです。たとえ普段は気遣っていたとしても、何かひとつでも相手の気に障る言動をしてしまうと、それまで築いた信頼関係が一気に壊れてしまう可能性もあります。
相手の置かれた状況にも配慮しつつ、不快にさせるような発言・行動は避けるようにしましょう。

良好な人間関係を構築するために心掛けたいこと

良好な人間関係を構築するには、いくつかのポイントがあります。続いては、心掛けたほうがいい言動・行動について詳しく見てみましょう。

積極的に挨拶をする

良好な人間関係を築く手軽な方法が、積極的に挨拶をすることです。挨拶は、すれ違っただけの相手とも自然なコミュニケーションをとることができます。職場や近所の方に対して、特に話題がなくても顔を合わせるたびに挨拶を交わしていれば、関係性が悪くなることはありません。

苦手意識を持たずに会話する

「なんとなく苦手だな」と感じてしまう相手もいるでしょう。しかし、良好な人間関係を築きたいのであれば、相手に対する苦手意識はなるべく持たないようにすることが大切です。苦手意識を持っていると、どうしてもその気持ちがコミュニケーションの中に表れてしまいます。
人にはさまざまな一面があり、一見合わないと感じても、どこかに自分との共通点もあるはずです。そういった部分に目を向け、できるだけ苦手意識を抑えるようにしましょう。

話の聞き手になる

良好な関係を築きたい相手と会話をするときは、自分が話すよりも相手の話に耳を傾けるようにしましょう。人は、自分の話を親身になって聞いてくれる相手に対して、不快な感情は生まれにくいものです。

お互い様の精神を持つ

人間関係を築く上では、見返りを求めないことも大切です。例えば、「仕事を手伝ってあげれば、自分も助けてもらえる」といった思惑から相手に手を貸すのは、あまりいい考え方とはいえません。もちろん、結果としてそうなることもあるかもしれませんが、基本的には見返りを求めない、お互い様の精神を持つことをおすすめします。

笑顔で接する

相手とコミュニケーションをとるときは、口角を上げて笑顔で接するようにしましょう。笑顔の相手に対して、人は無意識のうちに良いイメージを持ちます。相手に好印象を与えることができれば、その後の人間関係もうまく築けるようになるはずです。

人間関係でマイナスイメージを与えないための注意点

初対面や知り合って間もないうちに相手にマイナスイメージを与えると、その後の人間関係に影響してしまう可能性があります。また、それまで親しくしていても、1つの言動や行動がきっかけで、人間関係が壊れてしまうことも。相手に悪い印象を与えないようにするには、下記のような点に注意しましょう。

確証のない噂話をしない

いわゆるゴシップネタや噂が好きな方は、周囲からあまり良いイメージを持たれることはありません。人と会話をするとき、興味本位の噂話は極力控えるようにしましょう。特に、噂話が本当ではなかった場合、それを広めた本人の信用は大きく下がってしまいます。「あの人は噂をみんなに広めるから、自分のことはあまり話したくない」と、コミュニケーションを避けられてしまうおそれもあります。

時間やルールを守る

時間やルールを守るのは、他人と接するときの基本です。些細なことを守れない方は、周囲からの信用を得ることはできません。時間やルールなどの約束を破ると、相手にも迷惑をかけてしまいます。何度も重ねれば、「あの人とは深く付き合いたくない」と思われてしまうでしょう。

批判や否定ばかりしない

話をするときに批判や否定ばかりしていると、相手を嫌な気持ちにさせてしまいます。意見を伝えたいときは、まず相手の話を受け入れた上で、自分の考えを述べるといいでしょう。会話のときに、「でも」「いや、それは…」と始めてしまうことが多い方は要注意です。

人間関係に悩んだときの対処法

どんなに気を付けていても、他人と接していれば人間関係に悩むこともあります。人間関係の悩みには、どのように対処すれば良いのでしょうか。

ストレスを感じたら相手と距離をとる

人間関係を築く中で、相手との距離感にストレスを感じることもあります。もちろん、関係を良好にするために、努力することは必要です。しかし、どうしてもストレスを感じてしまった場合は、無理をせず一度距離を置くことも必要でしょう。うまく距離感のバランスをとりながら、相手と関わっていくようにします。

どうしようもないときは割り切る

職場の人間関係など、努力してもどうしてもうまくいかない場面があります。そういったときは、「仕事だから」「この人はこういうタイプだから」と割り切るのもひとつの方法です。考え方をうまく切り替え、目の前のやるべきことに集中しましょう。

好きなことをしてリフレッシュする

人間関係を気にしすぎると、自分自身にストレスが溜まってしまいます。そのようなときは、趣味に打ち込んだり運動で汗を流したりして、気分をリフレッシュさせましょう。映画や旅行なども良い気分転換になります。

カウンセラーに相談する

人間関係がうまくいかないときは、心理カウンセラーに相談するのもおすすめです。カウンセリングで悩みを話すうちに、それまで気付かなかった問題点が見えてくるかもしれません。人間関係が原因でストレスを抱えている場合も、改善に向けて動き出すことができるでしょう。

良好な人間関係を構築するには、笑顔と思いやりを心掛けよう

良好な人間関係を構築するためには、さまざまなポイントがあります。すべてを一度に意識しようとせず、取り入れやすいものから実践していくことをおすすめします。
人間関係は、日々の積み重ねで信頼が築かれていきます。すぐに状況が変わらなくても、少しずつ気を付けることで周囲の人との関係もより良く変化していくはずです。笑顔と思いやりを大切に、良好な人間関係を築いていきましょう。

メンタル・心理カウンセラーを学ぶなら

メンタル・心理カウンセラー通信講座

SARAのメンタル・心理カウンセラー資格講座は2種類のメンタル・心理カウンセラー資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。



メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

心理カウンセラー資格・メンタル資格取得講座

心理カウンセラー資格講座について

各種資格ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座