ラポールとは?信頼関係を築くために重要なラポール形成術
  • TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声

ラポールとは?信頼関係を築くために重要なラポール形成術

日常生活やビジネスシーンなど、人と接するときには良好な人間関係の構築が重要です。そのための方法として注目を集めている方法が「ラポール」です。
ラポールという言葉は一般的にもよく知られるようになりましたが、「聞いたことはあるけれど、どういう意味なのかよくわからない」という人も多いかもしれません。
ここでは、ラポールの意味やラポールを形成するメリットのほか、具体的なテクニックをご紹介しましょう。

ラポールとは?信頼関係を築くために重要なラポール形成術
心理カウンセラー資格・メンタル資格取得講座

ラポールとは相手との信頼関係のこと

ラポールとは、フランス語の「rapport(ラポール)」に由来する言葉で、「心が通い合っている関係」を表します。ラポールについて知識を深めるために、まずはその意味について知っておきましょう。

一般的に日本では、ラポールという言葉は「親密な関係」や「信頼関係」という意味で用いられます。そして、相手と打ち解けた心理状態にいるときや、お互いに信頼し合っているとき、いっしょにいて楽しいと感じるときなどの状態を、「ラポールが形成されている」と表現します。つまり、ラポールとは、人と人との良好な関係性を示す言葉だといえます。

元々ラポールは、言葉や行動に表さなくても相手と互いに気持ちが通じ合う状態のことを指すものでした。「ちょうど相手のことを考えていたら、その人から連絡が来た」「何となく相性が良い気がする」など、本来の意味で使われるラポールは感覚的で、比較的自然に形成されるものという位置付けだったのです。

しかし、徐々にカウンセラーがカウンセリングをする上で相談者と重要な関係性を構築することを表す言葉へと変化し、最近は心理学の世界だけにとどまらず、ビジネスや人間関係を円滑に進めるためのスキルを表す言葉として使われるようになったのです。

なぜラポールの形成が大切なのか?

なぜラポールの形成が大切なのか?

ここからは、ラポールを形成することの重要性とさまざまなメリットについて、具体的に見ていきましょう。

円滑なコミュニケーションを実現できる

ラポールを形成すると、相手に安心感を与え、自分への信頼感を高めることができます。お互いの気持ちが通じやすくなって前向きな会話のやりとりが生まれ、コミュニケーションを円滑に進めることが可能になるのです。

伝えたいことを本音で話し合える

ラポールを形成することによって、相手の警戒心や不信感を無意識のレベルで取り除き、お互いにリラックスした状態で話ができるようになります。つまり、強い信頼関係の中で、本当に伝えたいことを本音で話し合えるようになるのです。

ビジネスの成功に役立つ

商談や交渉、マネジメントなど、ビジネスシーンにおいても、ラポールの形成は大いに役立ちます。顧客や取引先、上司、部下とラポールを築くことができれば、提案や意見を相手に聞き入れてもらいやすくなり、ビジネスでの成果も上がっていくでしょう。

恋愛などでも相手との親密度に影響する

人は、信頼して本音を話せる相手を大切にしたいと考える傾向があります。「好きな相手と距離を縮めたい」「恋人と深く信頼し合いたい」というときも、ラポールの形成を意識すれば、相手との親密度が大きく変わるはずです。

説得力や影響力が高まる

ラポールを形成すると警戒心が取り除かれ、お互いの言葉を素直に聞き入れられるようになります。言葉に説得力が増し、提案や意見も相手に受け入れられやすくなるというメリットもあります。

ラポールを形成するテクニック

闇雲に他人との距離を縮めようとしても、ラポールの形成にはつながりません。ラポールを形成するテクニックのうち���代表的なものをご紹介しましょう。

ミラーリング

ミラーリングは、相手の仕草や姿勢、動きを鏡に映すように相手をまねするテ���ニックです。好意を抱く相手といると、無意識で行動を似せてしまうことがあります。これを応用し、似た行動をすることで相手に好印象を持ってもらうことができるのです。
例えば、カフェで話しているとき、相手がコーヒーを飲み始めたら自分も飲むというやり方です。ただし、相手にまねをしていることが気付かれると、逆効果となってしまいます。

マッチング

マッチングは、相手の声の大きさや話すテンポ、声のトーンなどを合わせるテクニックです。相手が静かに話す人ならこちらも落ち着いたトーンで話し、会話のテンポが遅い人にはこちらもゆっくりとした話し方で対応します。相手に合わせることで、親近感を持ってもらうことができるでしょう。

キャリブレーション

キャリブレーションとは、相手を観察することです。仕草や表情、雰囲気、姿勢などを細かく観察し、相手の心理状態を探る方法です。 相手の情報を多角的に得ることで、ミラーリングやマッチングを行う際にも役立ちます。

バックトラッキング

バックトラッキングは、相手が会話の中で使った言葉をそのまま返すテクニックで、一般的に「オウム返し」といわれます。相手が発した言葉をさりげなく繰り返すことで、「この人は自分の言ったことを理解してくれている」という安心感を与えることができるのです。

ラポールを形成するときの注意点

ラポールを形成するときの注意点

ラポールの形成を目指すときには、いくつか気を付けたいことがあります。相手としっかり信頼関係を築くために、下記の点に注意しましょう。

相手を尊重する気持ちを持つ

ラポール形成の前提となるのは、相手を尊重する気持ちと、「相手との信頼関係を築きたい」という誠実な姿勢です。自分の利益だけを求めて行動しても、相手からの信頼は得られないでしょう。

傾聴の姿勢を大切にする

傾聴とは単に話を聞くのではなく、相手に寄り添いながら、伝えたいと思っている声に真摯に耳を傾けることです。傾聴を意識することで、「相手の価値観を尊重している」という気持ちを示すことができます。

相手に過剰に気を使いすぎない

相手を尊重するといっても、過剰に気を使いすぎたり、自分を卑下したりする必要はありません。そのような姿勢は相手にも見抜かれ、かえって反感を持たれてしまいますので注意が必要です。

ラポールの形成は良好な人間関係の構築につながる

良好な人間関係を築くことは、人と関わるあらゆるシーンで重要な意味を持ちます。ラポールの形成を意識すれば周りとのコミュニケーションが円滑になり、仕事でもプライベートでも人とのコミュニケーションがスムーズになるでしょう。
相手を尊重する気持ちを大切に、ラポール形成のテクニックを試してみてはいかがでしょうか。

メンタル・心理カウンセラーを学ぶなら

メンタル・心理カウンセラー通信講座

SARAのメンタル・心理カウンセラー資格講座は2種類のメンタル・心理カウンセラー資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。



メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

心理カウンセラー資格・メンタル資格取得講座

心理カウンセラー資格講座について

各種資格ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座