資格なしで心理カウンセラーになれる?無資格でなる方法を解説 | 資格取得の通信講座・通信教育SARAスクール
  • TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声

資格なしで心理カウンセラーになれる?無資格でなる方法を解説

心理カウンセラーの資格には、国家資格や民間資格を含めてたくさんの種類がありますが、資格がなくても心理カウンセラーとして働くことはできるのでしょうか。
ここでは、無資格から心理カウンセラーになるための方法をご紹介します。

資格なしで心理カウンセラーになれる?無資格でなる方法を解説
心理カウンセラー資格・メンタル資格取得講座

心理カウンセラーに資格は必要?

心理学や心理カウンセラーに関連する資格には、多くの種類があります。心理カウンセラーとして働くためには、どのような資格が必要なのでしょうか。また、そもそも資格取得は必須なのでしょうか?

心理カウンセラーに絶対に必要な資格はない

心理カウンセラーは人の心に関わる専門的な仕事であるため、資格がなければ働けないと思われがちです。しかし、実は心理カウンセラーになるために必須となる資格はありません。場合によっては、資格がなくてもカウンセラーとして活動することは可能です。ただし、カウンセリングを行うための専門知識の習得は必要不可欠です。

何らかの資格を取得しているカウンセラーが多い

実際には、何らかの資格を取得して活動している心理カウンセラーがほとんどです。
カウンセリングに訪れる相談者は、家族や恋愛、健康のことなど、デリケートな問題に悩んでいることも多いもの。資格がないと「このカウンセラーは本当に信用できるのだろうか」と、相談者に不信感を抱かせてしまいかねません。
資格を取得していれば、専門知識やカウンセリングスキルをきちんと習得しているという証明にもなるのです。

特定の資格が採用条件になる場合もある

職場によっては、臨床心理士や公認心理師の資格が採用条件になっていることもあります。特に、病院の心理カウンセラーや学校のスクールカウンセラーとして勤める際には、臨床心理士の資格が求められるケースが多いでしょう。また、児童相談所で働く児童心理司は地方公務員となるため、公務員採用試験の合格が必須条件です。

資格なしで心理カウンセラーになる方法とは?

資格なしで心理カウンセラーになる方法とは?

心理カウンセラーは必須の資格がないため、誰でもカウンセラーと名乗って活動することは可能です。しかし、そのような名ばかりの状態では、実際に相談者の問題解決をサポートしたり、収入を得たりすることは難しいでしょう。
では、資格なしでカウンセラーとして活動するためには、どのような方法があるのでしょうか。

心理学の知識を豊富に身に付ける

資格の有無にかかわらず、心理カウンセラーとして活動するなら心理学の専門知識が必須です。また、カウンセリングでは傾聴と対話を基本とし、カウンセラーの考えや指示を押し付けるようなことをせず、相手の話を引き出す、高度なカウンセリングスキルを必要とします。
相談者に対して適切なサポートをするには、専門知識とスキルの両方を身に付ける必要があるのです。

民間のカウンセリングルームで数多くの経験を積む

民間のカウンセリングルームでは、資格がなくても心理カウンセラーとして勤めることが可能なケースがあります。初めは受付業務などが中心となるかもしれませんが、やる気と実力があれば徐々にカウンセリングを任せてもらえる可能性もあります。実際の経験を重ねる中でスキルを磨いていくことができるでしょう。

話し相手サービスのカウンセラーになる

話し相手サービスとは、電話を使って相手の話を聞くサービスのことです。さまざまな悩み相談のほか「愚痴を聞いてほしい」「誰かと話したい」という人にも多く利用されています。話し相手サービスでは、相手を否定せずその人の気持ちに寄り添って話を聞く、傾聴が求められます。話し相手サービスのカウンセラーを経験することで、カウンセリングの中で非常に重要な傾聴スキルを向上させることができるでしょう。

分野に特化したカウンセラーを目指す

資格なしでも成功しているカウンセラーの中には、自分の得意分野や経験分野に特化したカウンセリングを行っているケースが多く見られます。分野を絞ったカウンセリングには、下記のような例が挙げられます。

恋愛カウンセラー
「恋人が欲しい」「片思いの相手に振り向いてもらいたい」「異性にモテたい」など、恋愛に関する悩みは多くの人が持つものです。若い世代だけではなく、年齢を重ねるほど「恋愛の悩みは周りに相談しにくい」と感じる人が多いかもしれません。恋愛問題の中でも「婚活カウンセラー」「復縁カウンセラー」など、さらにジャンルを絞って活動するカウンセラーもいます。
受験カウンセラー
受験は本人に加えて、受験生を支える家族にもメンタル面の負担が大きいものです。また、幼稚園や小学校のいわゆる「お受験」から、私立中学校受験、高校・大学受験まで、子供の年齢によっても必要なサポートは異なるでしょう。一般的なカウンセリングスキルのほか、受験事情や学習環境に関する知識を常にアップデートしておくことも大切です。
美容カウンセラー
美容カウンセラーは、美容全般に関する相談のほか、相談者に似合うメイクや髪型、カラー、ファッションなどのアドバイスを行うこともあります。外見にコンプレックスを抱えた相談者がカウンセリングで自信を取り戻す様子に、大きなやりがいを感じられるはずです。
子育てカウンセラー
育児経験を活かして、子育ての悩みに対応するカウンセラーとして活動することもできます。子育て中のイライラや不安、子供のしつけや発育、仕事との両立など、育児にまつわる悩みは多種多様です。相談者の心に寄り添い共感することが、気持ちを楽にする手助けになるでしょう。

自分に合った方法で心理カウンセラーを目指そう

資格がなくても心理カウンセラーになれるとはいえ、実際にはほとんどのカウンセラーが資格を取得して働いています。プロのカウンセラーとして活動するなら、やはり何らかの資格を取得することが望ましいでしょう。
心理カウンセラーの資格にはさまざまな種類があり、中には在宅受験が可能なものや、所定の通信講座を修了すれば試験免除で認定されるものもあります。まずはチャレンジしやすい資格を取得することで、その資格を活かして心理カウンセラーとしての第一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。

メンタル・心理カウンセラーを学ぶなら

メンタル・心理カウンセラー通信講座

SARAのメンタル・心理カウンセラー資格講座は2種類のメンタル・心理カウンセラー資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。



メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

心理カウンセラー資格・メンタル資格取得講座

心理カウンセラー資格講座について

各種資格ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座