講座で学ぶ知識~心理的にストレスによる症状の主なタイプ~

メンタル 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

心理的にストレスによる
症状の主なタイプ

本能性型

生まれつき心理状態の調整が上手くいかないタイプの人です。このタイプの人は非常に珍しいですが、生まれつきだからといって諦めず、しっかりと改善に向かうことができます。低血圧や嘔吐に悩まされたことのある人が発症しやすいです。

神経症型

周りから受けるストレスよりも、自分の思い込みや雑念からストレスになる原因をつくってしまうタイプの人です。感情のコントロールが上手くいかないことが多く様々な場所の人間関係にも影響を受けます。また、こだわりの強い人や心配性の人がこの症状になりやすいといえるでしょう。

心身症型

身体的に症状が出てもそれを言い出せず、自分の感情を抑え込んでしまうタイプの人です。非常にストレスを溜めやすく、またストレスを溜め込んでいると気づかないのが特徴です。喜怒哀楽を抑え込んだり、周囲の人物に合わせようと無理をしたりまじめな人や頑張りすぎる人に多くみられます。

抑鬱型

これは自分の性格や行動に関係なく、慢性的なストレスや人生の転機が訪れたときに受ける大きなストレスによって突然発症してしまう場合があります。何か生きがいを失ったとき、将来への不安があるとき、大切な人を失ったとき、孤独感にさいなまれたときなどにうつ状態になってしまうのです。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • メンタル資料請求(無料)
  • メンタル受講お申し込み

現在の日本は、精神的ストレスが原因となり会社を休む方や退職してしまう人が増加しています。このようなことが社会的問題となっています。これらの状況を打破するためにメンタルヘルスを導入したり、新入社員の採用試験では心理精神検査などの適正検査や適正診断をする会社が増加しています。このような背景を考えて、会社を上手く経営していくためには、メンタルヘルスケアが重要だと言われます。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ